レシートがポイントに?最新商品が実質タダで試せる最強サイト「テンタメ」

面白い記事がありましたらぜひシェアお願いします

テンタメって?

テンタメは最新の商品が実質タダで試せるサイトです。テンタメに表示されている特定の商品を指定された場所で購入し、レシートを送るだけでポイントがもらえます。ポイントは現金にできます(詳しくは後述)

新発売の商品などが実質無料で試せることもありますよ。以前私はコーヒーを無料で試しました↓↓

テンタメ_004-2

私は食費等の一部をこれで賄っています。うまく使いこなせば、結構な節約になりますよ

テンタメの仕組み

「テンタメ」は、店頭に生活者を誘導し、商品を購入、トライアル体験を促進する施策です。商品代金を一旦負担し、お店に買いに行ってでも対象商品を試したいというトライアーを獲得することができます。

また、商品を試した後にアンケートを実施することができます。当社独自のノウハウである「聞くコミュニケーション型」のアンケートで、商品メリットの理解促進を図ります。貴社商品の置いてある「棚の前」まで生活者を誘導、購入を促進できるため、どこに行けば購入できるのか、覚えてもらうことができます。

ドゥ・ハウスHPから引用しました。

要するに、商品を勧めたい企業がお金を負担してでも、消費者に買ってもらい、そこからリピーターを獲得し、利益につなげるということです。つまりお互いWin-Winの関係になるということです。

テンタメの危険性

テンタメは株式会社ドゥ・ハウスによって運営されています。

ドゥ・ハウスはリサーチパネルなどのアンケート会社などを長く運営しており、割と信用できる企業だと私は思います。

私はすでにテンタメで数十回ほど参加しましたが、一度もポイントがつかなかったなどのトラブルはありませんでした。少なくとも個人情報だけを抜き取るような詐欺サイトではありません。

アンケート会社を運営している実績があるためセキュリティ面もある程度は安心できるかと思います。ただ完璧ではないのでパスワードの自己管理はしておきましょう。

結論 : 危険性はほとんどありません。

テンタメの利用方法

まずテンタメに会員登録をします。年会費や登録費は一切かかりません。メールアドレスがあればすぐに登録できます。

>>テンタメ

会員登録後の実際の使い方

テンタメの実際の使い方を解説します。テンタメトップページには、様々な商品が掲載されています。

テンタメ 2016-07-31 0.23.32

気になる商品があれば、クリックして参加します。

テンタメ 2016-08-01 9.56.36

ただし参加する際条件をよく見ておきましょう。購入するお店や住んでいる地域が限定されている場合があります。

参加は大半が早い者勝ちです。とにかくこまめに見続けるしかありません。コツはありませんが、新しい商品が更新されるのは比較的日中が多いと思います。

参加した後のながれ

条件を読み商品を買う

指定されたお店・地域がある場合そこで購入をします。購入する際、基本的に電子マネー・クレジットカードやポイントで支払いをしても大丈夫です。

購入の際必ずレシートをもらってください!

実際に使用して試してみる

実際に使ってみます。私は食品や飲料の参加が多いですが、当たり外れが結構くっきり分かれます笑

レシートの写真をとる

購入した商品のレシートを取ります。レシートに商品名が記載されていない場合は、レシートと商品を一緒に撮れば大丈夫です。(レシートと商品を1枚の画像に収めます)

テンタメ_005

※テンタメ事務局に確認済みです。

アンケートに答える

アンケートの回答期限が設けられているので、早め早めに行動しましょう。期限を過ぎるとアンケートに回答することができずポイントがもらえなくなります。

アンケートは参加した商品のページから答えることができます。

テンタメ2_001-10

アンケートの内容は商品の味・使い心地・感想など簡単なのものばかりです。大体2分あれば終わると思います。通勤通学途中の電車で行えば、時間の無駄にならないかと思います。

テンタメ_001-10

受付が完了すると上のようなメールが送られてきます。

レシートをメールで送る

最後にレシートをメールで送ります。メールはアンケート受付完了の画面に出てくるURLから勝手にメーラーが開き送ることができます。写真のサイズは拡大・縮小せずそのままで良いそうです。

テンタメ_003 

テンタメ003

レシートの写真の受付が完了するとが登録したメールアドレス宛に受付完了のお知らせがきます

テンタメ

これで完了です。後はポイントが付与されるのを待ちます。付与されるのは大体1,2ヶ月後です。私はポイントが付与されないトラブルはいままでないのですが、稀にそのようなことが起こる可能性があるので、ポイントが付与されるまで必ずレシートはとっておきましょう。

テンタメポイント使い方

テンタメポイントは1ポイント=1円の価値があります。基本的にはそのまま現金にできます。

1.楽天銀行に直接振り込んでもらう(非推奨)

600ポイント以上貯まると楽天銀行に振込ができます。一回の振込につき手数料が100ポイント(100円)かかります。楽天銀行以外にはそもそも振込ができないようです。

楽天銀行はネット上で収入を得るなら、ほぼ必須なのでこれを機会につくってしまうのもアリだと思います。楽天銀行のメリットとして、口座振替や振込先の指定するだけでポイントがもらえることがあります。少なくとも大手メガバンクよりは使いやすいと私は思っています。

手数料が割と高額なことと使える銀行が限られるため、2番目の方法をお勧めします。

2.PeXポイントに交換する

PeXというポイントをまとめるサイトがあります。楽天銀行振込と同様、600ポイント以上にPeXポイントに交換することができます。こちらは交換手数料無料です。

PeXから現金化する際は残念ながら手数料がかかりますが、50円です。しかし直接テンタメポイントを現金化するよりは安く抑えることができます。また楽天銀行以外の対応銀行もあるので基本的にはこちらがおすすめです。

テンタメと似ている「レシポ」「メーカー’sポイント」というサイトのポイントもPeXにまとめることができるため、PeXを使うデメリットは少ないかと思います。

番外編(PeXに登録したくな人向け)

テンタメとコラボしているアンケートサイトに登録して、そこからテンタメの企画に参加するという裏技があります。

この場合、テンタメ本家のポイントではなく提携先のポイントが貯まります。

例えばアンケートサイトinfoqに登録し、infoqからテンタメの企画に参加するとinfoqのポイントがもらえます。アンケートのポイントとも合算出来るのでいいかもしれません。

こちらがテンタメ本家↓

テンタメ 2016-07-31 0.23.32

こちらがinfoq↓

テンタメ 2016-07-31 0.23.05

条件は一切変わらないので、pexに登録したくない場合、infoq等のアンケートサイトから参加してみるといいかもしれません。

ちなみにテンタメとコラボしているサイトは

  • infoq
  • NTTリサーチコム
  • Qzoo

あたりです。infoqは通常現金化は手数料がかかりますが、キャンペーンなどで無料・キャッシュバックを行うことがあります。

まとめ

テンタメは新商品やリニューアル商品を実質半額もしくは実質無料で試すことができるお得なサイトです。実質無料なので、お金が出て行かず、究極の節約になります。

スポンサーリンク

面白い記事がありましたらぜひシェアお願いします

フォローする