税込価格でポイントがつくのと税抜価格でポイントがつく違い

面白い記事がありましたらぜひシェアお願いします

「100円で1ポイントもらえると書いてあるけどポイントが付かなかった」

なんてことありませんか?

おそらくそれは税込価格でポイントが付くか、税抜価格でポイントが付くかの違いです。

今回はその違いを詳しく説明しますね。

ポイントのつき方は大きく2種類

具体例

ローソンでは、税抜100円のお買い物につき1pontaポイント、ミスタードーナツでは、税込100円のお買い物につき1楽天スーパーポイントがもらえます。

r-point

このように買い物してポイントがもらえるとき、税込価格に対してポイントがつくか、税抜価格に対してポイントがつくか、お店によって異なります。

税込価格につきポイントがつく方がお得

単純な計算問題になりますが、税込価格につきポイントがつく方がお得です。

例えば、ミスタードーナツで税込100円のものを買った時は1ポイントもらえますが、ローソンで税込100円のものを買った時は税抜93円になるため、ポイントはもらえません。

【スポンサーリンク】


税抜でポイントがつく場合、若干損になっているので注意です!!

税抜100円の買い物につき1ポイント貯まる=税込108円の買い物につき1ポイント貯まる

と覚えておけばOKです。

税抜価格でポイントがつくお店で1円だけお得にする方法

非常に細かい話ですが、私は税抜価格でポイントがつくお店でポイントを消化する際、セいくら消化すれば最適かを考えます。

例えば、ブックオフ(ブックオフでは税抜100円のポイントに付き1ポイントもらえます)で873円の買い物をしたとします。更にブックオフのポイントを10ポイントだけ持っているとします。

そのまま10ポイントを使ってしまった場合、支払いは863円(税抜799円)となり7ポイントのみもらえます。しかし、9ポイントだけを使用すれば、支払う金額は864円(税抜800円)となり、8ポイントもらうことができます。

  10ポイント使った場合 9ポイント使った場合
支払う金額 863円 864円
もらえるポイント 7ポイント 8ポイント
残ったポイント 7ポイント 7+2=9ポイント

9ポイントのみを使った場合は、払った額は1円多いけど残ったポイントは2ポイント多いつまり差し引きで1円分お得というわけです。

こんな風に調整すると1円だけお得にすることが出来ます!!

まとめ

税込でポイントが付くか、税抜でポイントが付くかで若干異なります。

普段の生活の中でちょっとだけ意識してみてくださいね!!

スポンサーリンク

面白い記事がありましたらぜひシェアお願いします

フォローする