不動産・家賃節約

現役不動産社長が語る家賃交渉に臨む時の8つのポイント

ここのところ家賃交渉の話しが多く聞かれるようになってきまして、そんな折、仲の良い不動産社長と話していて、

 

「知っておいてほしいことってけっこうあるんだよな〜」

 

ていうことをおっしゃっていまして、今回はその方がまとめてくれた家賃交渉にまつわる8つのポイントをみなさんに共有しますね!

 

① 大家さんは賃貸業

当然、大家さんというのはビジネスです。収入だけではなく、支払いもあります。

 

大切なのは、お互いのメリットデメリットを考えて、安全マージンや無駄なお金を省いていくということです。

 

② 下手な駆け引きをしない

「借りる人がいなくなったら困るでしょ?安くしてよ!」というのは間違いです。その物件の「商品力」と「どんな財務状況なのか」を考えもしないで、一律に述べることが間違っています。

 

自分の状況をきちんと伝えて、今後の計画も含めお話をしましょう。

 

③ みんなでやらない

今、ビルのテナントさんたちが「共同・連名」で大家さんにお願いするケースもあります。しかし、お勧めしません

 

同条件で異なる賃料を基に主張をするケースもありますが、やめましょう。理由はここでは書けませんが、大家さんの立場に立って考えてみてください。

 

④ 法律を振りかざさない

賃料に関する法律はありますが、きちんと理解せずに主張するのは危険です。そもそもの契約形態(普通賃貸借契約や定借)で効力が異なります。

 

前述③のように他の入居者の賃料を比べる方もいますが、減額の根拠となる可能性は低いです。

今回のような状況は初めてだと思うので、今後新しい判例が出る可能性はあります。

 

⑤ 大家さんのリスクを考える

現実問題として、一番怖いのは夜逃げや貸室内での大きなトラブルです。滞納は保証会社が入っていることが多いので、それほどではありません。

 

ですので、現在自分が再建のために行っている施策や財務状況などをきちんと伝えていきましょう。

 

このリスクの大小や煩わしさによって「だったら出ていってもらってけっこう!」となってしまうケースもあります。

 

⑥ 保証会社の手続きを考える

単純な「減額」のときは問題ありません。大家さんの収入が減るだけです。しかし国が協力要請している「家賃の支払い猶予」となると問題が発生します。

 

「支払えなかったときに誰が責任を負うのか」という問題です。

 

例えば、「減額した分を、数か月後に上乗せ」という内容変更は、申請を出せば通ります。しかし、上乗せ時(減額分回収時やその前)に退去した場合は、その未回収分を保証会社は保証しません。

 

これは、ある保証会社の例で、公表もされていません。ですので、自分が加入している保証会社に事前確認し、大家さんのリスクも考えましょう。

 

⑦ 大家さんに直接アタックしない

「直接交渉の方が効果ありそう」と考えて、いきなり連絡を取る方もいらっしゃいます。しかし大家さんは、「面倒な処理をお願いするため」に管理会社にお金を払っています。

 

さらに管理会社(元付会社)も自分たちを勝手に飛び越えられることを非常に嫌がります。さらに言えば、管理会社(元付会社)は自分たちの直接利益には結びつかず、メリットもありません。

 

ですので、トリッキーなことはせず、きちんと担当さん経由で話しをとおしてもらいましょう。

⑧ 書面にする

「お願い」も「約束した内容」も書面にしましょう。前述⑦の通り、管理会社(元付会社)を通してのお願いになるケースがほとんどです。

 

金額の間違いや期間の間違いなどが起こらないようにしましょう。口頭で「どれくらい下げてもらえそうですか?」などと管理会社の担当に聞いたところであまり意味はありません。

 

また、内容がまとまったら「覚書」を作成してもらいましょう。これは管理会社さんが作成してくれるケースがほとんどです。

さいごに

自分自身もいろいろな立場を経験しています。

 

  • 所有不動産を貸しています。(貸主の立場)
  • テナントビルの管理もさせていただいています。(管理会社の立場)
  • 飲食業のオーナーとして、他の大家さんから借りています。(借主の立場)
  • そして、本業は起業や出店の支援です。(借主を支援する立場)

 

これらの経験のうえでの個人的な意見ですので、当てはまらないケースもあるかもしれません。

大家さんも不動産会社もテナントさんも、みんな「事業を継続したい」という思いは同じです。そのために、みんなが少しずつ協力しあえると良いですね。

力を合わせて乗り越えましょう\(^o^)/

ABOUT ME
ごろー
2012年両親が自己破産、そこから昼食がうまい棒1本というド貧乏生活をする。現状を変えたく、駅前で配っているティッシュを使うなど節約生活を開始する。そこから這い上がり、中の上の生活が出来るようになった。所持クレジットカードは20枚、クレジットカード・ポイントのプロ。仮想通貨や投資信託も詳しい!今はお金のコンサルタントや節約メディアを運営。



海外に旅行・出張・留学で行くなら両替が最安でできるセディナカードJiyu!da!がオススメ!!

海外に旅行・出張・留学で行くことが決まった!! そろそろ両替しないと!

 

海外で少しでも現金を使う場合、セディナカードJiyu!da!の発行がオススメです!!

 

セディナカードJiyu!da!を使って両替すると…

 

どの他の方法よりお得に両替することができます!

 

 

例えば20,000円をすべてユーロに両替する場合どれくらいの手数料がかかっているか知っていますか??

空港の両替所 1,500円
街中の両替所 3,280円
日本の銀行 1,100円
金券ショップ 980円
一般プリペイド・クレジットカード 500〜2,000円
セディナカードJiyu!da! 31円

※2018年6月17日調べ、交換時の時価総額1EUR=128,4円

 

どの方法も1,000円(5%)程度の手数料がかかってしまうのですが、セディナカードで両替した場合は30円程度(0.15%)と圧倒的に安いのがわかっていただけると思います。

 

両替する金額が増えればこれに比例していくので、更に差が広がり損が拡大します!

 

逆にセディナカードを使えば手数料は最安で済み、浮いたお金をお土産代や現地の食事代に当てることができますよ!!

 

実際僕は浮かせたお金で美味しいごはんを食べ、友達や家族のお土産を買っていってあげました!

 

更にATMさえあれば両替ができるので、両替所を探す手間もありません。

 

そしてイオンではポイントが3倍など、普段の買い物の節約にも貢献します!!

 

もちろん年会費無料、発行手数料無料で作るリスクはありません。18歳以上の方なら誰でも申し込みが可能です。(学生・主婦の方も可、高校生は不可)

 

今作れば最大10,000円分のポイントがもらえ、簡単なお小遣い稼ぎもできます!(利用分の20%還元)

 

 

もらえたポイントはAmazonで利用したり、nanacoにチャージしてセブン-イレブンで使い日用品や食費を浮かすことができます!!

 

▼申し込みはこちらから▼

セディナカードJiyu!da!を無料で作る

 

 

もう少しセディナカードJiyu!da!の詳細や実際の両替の仕方を知りたい方は以下も参考にしてみてくださいね!!

 

 

▼カードの詳細はこちら▼

セディナカードJiyu!da!の詳細