保険料タダ!?pontaフリーケアは入った方が得?

面白い記事がありましたらぜひシェアお願いします

突然、「ponta会員様へ 新しいご優待サービスのご案内です。」と保険の案内が来ました。

入った方がいいのかそれとも危険なのか、今回は「pontaフリーケア」の特徴や保証内容について簡単にまとめてみました。

Pontaフリーケアプログラムの内容

Pontaフリーケアは大きく分けて2種類あります。

1.無料プラン

  • 返送期限までに必要事項を入力だけでOK
  • 交通事故などで5日間以上入院された場合、入院一時金として30,000円受け取れる
  • 保険料はpontaが負担するので無料
  • 3年間で補償終了

認められる事故

  1. 交通事故
  2. 駅の構内など改札口の内側で被った事故
  3. 乗り物の火災による事故

※被保険者の自殺行為による事故、酒気帯びなど正常な運転ができない状態での事故、地震・津波・噴火を原因とする事故、競技としての自転車の練習に生じた事故、疾病・心神喪失により生じた事故の場合は除く

保険が降りる条件を満たした際は、保険会社に連絡をすればOKです。(後日送付の加入者証に連絡先があります。)

2.追加補償プラン

  • 月々940円の掛金で様々な補償が受けられる
  • 掛金が情勢により変わる場合がある
  • 天災による事故は補償の対象外

無料のカラクリ(私の勝手な意見・予想)

あくまでも憶測ですが、無料プランの補償がおりる条件を満たす確率はかなり低いですよね、しかも補償がおりる事故が起きた場合、30,000円の一時金ではおそらく足りないです笑

ということで掛け金は月々数円〜数十円程度とかなり低いと思います。ponta側は大した負担にならないでしょう。

また一緒に追加補償プランを紹介することで、紹介手数料を得て、掛け金以上の額と相殺しているのかと思います。

悪く言ってしまえば、結局無料プランは「追加補償プラン」に加入させるための餌まきという感じですね。追加補償プランを申し込んでもらうと保険会社は儲かり、ponta側も紹介料のマージンが入るという構図でしょう。

結局どうすればいい?

無料プランに加入することで損することはないと思います。「無料プラン」は入ってしまった方がお得かと思います。

追加保証プランは正直お得かどうかと言われると微妙です。。

まとめ

  • ないよりはマシなので出しておく価値はある
  • 保険の恩恵を受ける確率はかなり低い
  • 追加補償プランに加入させることでPontaと保険会社は儲けている

※アイキャッチ画像はhttp://gathery.recruit-lifestyle.co.jp/article/1144497359350242301

スポンサーリンク

面白い記事がありましたらぜひシェアお願いします

フォローする

キャンペーンに参加して今月の生活をちょっと楽に!!

キャンペーンに参加して今月の生活をちょっと楽に!!

 

今月お金がちょっと厳しい、、ちょっとでも生活 楽にしたいな!!

 

そんなアナタにはYahoo Japanカードのキャンペーンがオススメです!!

 

現在Yahoo Japanカードを作成すると…

 

最大10,000円分のポイントがもらえます!

そのうち5,000ポイントはカード発行と同時にもらえます。最短2分!!

 

ここまですぐにポイントがもらえるカードは他にはありません。

 

もらえたポイントはYahooショッピング、LOHACO、ヤフオクで使うことが出来、食費などを浮かせることが出来ます!!

 

そしてYahoo Japanカードを使うたびに1%分のTポイントがもらえるので、常に節約ができます!!

 

もちろん年会費無料、発行手数料無料で、18歳以上の方なら誰でも申し込みが可能です。(学生・主婦の方も可)

 

更に通常は5,000ポイント程度しかもらえません。

 

今のように10,000ポイントもらえるのは2017年8月9日までの期間限定なので、興味のある方は今すぐ申し込んでおいてくださいね!!

 

申し込みはこちらから↓↓

 

Yahoo! JAPANカード

 

  • クレジットカードを作るのは不安
  • クレジットカードを作る前にもっと色々知りたい
  • ポイントの使い道がわからない

 

という方はこちらから無料で相談も出来ます → LINE@

LINE@

LINE@でブログでは書けないお小遣い稼ぎの方法や、コンビニのおにぎり100円セールなど、

 

 

様々な情報を流していきます。あなたのLINEにオトクな情報が届きますよ!!

 

 

詳しくはコチラを見て下さい↓↓

 

コメント

  1. yosikoi より:

    メール読みました。文章に気になった点がありメールを送ります。
    無料保険の件ですが、、、、と思いますより感じられるとか読み取れる等筆者の強い意志を込めた方が説得力や、読者の共感を呼び込みます。