クレジットカード

通常のカードの2.4倍Pontaが貯まる!電子マネーとの相性も◎【リクルートカード】の特徴・詳細まとめ

スポンサーリンク










Pontaポイントをたくさん貯めたいな!!

 

nanacoチャージでお得にポイントを貯めたいな!!

 

旅行が安く・もしくは無料になったらいいな! 外食や美容院がタダになったらいいな!!

 



スポンサーリンク







 

もしちょっとでもそういう風に思っているのであれば、リクルートカードがオススメです!!

 

今回は、リクルートカードの特徴・詳細について、わかりやすくまとめました!

 

こんな方におすすめ

  • 旅行好きの方
  • ホットペッパーをよく使う方
  • 中国に出張や留学で行く方
  • Pontaを貯めたい方
  • 還元率重視の方
  • 電子マネーEdy、nanacoにチャージをする方

 

リクルートカードの特徴と詳細

  • 年会費無料
  • 還元率1.2%
  • 国際ブランド…VISA・Master Card・JCB
  • 貯まるポイント…Ponta(リクルートポイント)
  • 発行条件…18歳以上(高校生不可)
  • ETCカード…年会費無料・発行手数料は1,080円(JCBは無料)
  • 海外保険…利用付帯

 

リクルートカードに普段の支払いを集中させるとPontaポイントを圧倒的な早さで貯めることが出来ますよ!!

 

貯まるポイントはPonta

リクルートカードは、利用するごとに、Pontaポイント(厳密にはリクルートポイント)が貯まります。

 

Pontaポイントはローソン・大戸屋などのリアル店舗で使うことも可能ですし、旅行サイトのじゃらん、ホットペッパーでも可能です

 

貯まったポイントを使うことで、旅行に行けたり、食事ができたり、髪を切ることが無料で出来ます!

 

使える範囲が、飲食から旅行まで幅広いので、現金と同じような感覚です!!

 

Pontaポイントの使い道

  • ローソン・大戸屋
  • ホットペッパーグルメ
  • ホットペッパービューティ
  • ポンパレモール(オンラインショッピング)
  • じゃらん(旅行)

 

「現金が欲しいー!!」という方でも、Pontaポイント(リクルートポイント)は現金化が出来るのでご安心ください!!

 

あわせて読みたい

Ponta(リクルートポイント)・リクルート期間限定ポイントの現金化方法

 

ポイントは無駄なく計算

ポイントは毎月の利用額の1.2%が付与されます

 

具体例

1ヶ月で10,000円のお買い物をした場合

10,000×0.012=120ポイント

1ヶ月で10,050円のお買い物をした場合

10,050×0.012=120.6

切り捨てされ120ポイントが付与

 

1〜499円分の端数分が切り捨てされてしまいますが、微々たる額なのでそこまで気にする必要はないと思います。

 

dポイントにも交換可能

PontaポイントはNTT Docomoのdポイントと相互互換可能なので、dポイントにすることができます。

 

※100Ponta=100dポイントに交換可能

(出典 : dポイント

 

dポイントにすると、ドコモの携帯料金の支払いに充てることができたり、マクドナルドで利用が出来たり

 

iDにチャージしてスーパーなどで利用することができたりして、Pontaポイントより、汎用性が高く便利です!!

 

 

ETCカード

リクルートカードでは、ETCカードを発行することが出来ます。もちろん1.2%のPontaポイントも貯まります。

 

ETCカードにかかる手数料は、国際ブランド(VISA・Master Card・JCB)によって異なります。

 

  年会費 発行手数料
VISA・Master Card 無料 1,080円
JCB 無料 無料

 

リクルートカードでETCカードを作るのであれば、手数料がかからない、JCBブランドを選択するのがいいです!

 

年会費無料のETCカードについては、こちらのページでまとめていますので、参考にしてみて下さい!!

 

あわせて読みたい

ETC年会費無料のカードはどれ!? 【2018年版】ETC年会費無料のオススメクレジットカード

 

銀聯カードが利用可能

 

リクルートカードVISA・Master Cardでは、追加発行という形で、銀聯カードを作成することが出来ます

 

中国では銀聯カードが一番メジャーなので、VISAやMaster Cardが普通に使えない場所も多々あります

 

偽札や現金お断りがときどきある中国では、持っていないと不便になるカードです

 

銀聯カードのスペック

  • 新規発行手数料…1,080円(家族カードは324円)
  • 年会費…無料
  • 有効期限…5年
  • ポイント還元率…1.2%
  • 利用手数料…2.5%

 

新規発行手数料は2018年6月30日までキャンペーンで無料です! 欲しい方は、早めに作っておくことをオススメします!

 

※JCBブランドは銀聯カードが発行できないので注意して下さい⚠

 

電子マネーのチャージ

リクルートカードは比較的電子マネーと相性が良く、電子マネーにチャージできる上、ポイントももらえます!!

 

電子マネーを普段使い、ポイントを2重取りするためだけにリクルートカードを持つ人もいるくらいです

 

リクルートカードVISA・Master Card・JCBによって、 チャージが可能かつポイントが貯まる電子マネーに若干の差があります。

 

リクルートカードVISA・Master Card

電子マネー チャージとポイント
nanaco
楽天Edy
iD
モバイルSuica
WAON
QUIQPay ◎(Apple Pay)
SMART ICOCA

 

リクルートカードJCB

電子マネー チャージとポイント
nanaco
楽天Edy
iD
モバイルSuica
WAON
QUIQPay ◎(Apple Pay)
SMART ICOCA

 

保険について

リクルートカードは、海外旅行傷害保険と国内旅行傷害保険が利用付帯でついています。

 

国内保険

  • 死亡後遺障害…最高1,000万円
  • ショッピング保険…年間最大200万円

 

海外保険

  • 死亡後遺障害…最高2,000万円
  • 傷害治療…最高100万円
  • 疾病治療…最高100万円
  • 損害賠償責任…最高2,000万円
  • 救援者費用等…最高100万円
  • 携行品の損害…最高20万円(自己負担3,000円)
  • ショッピング保険…年間最大200万円

 

 

海外保険は、エポスカードのほうが充実していてオススメです!! 詳しくはこちらをご覧ください!!

 

あわせて読みたい

海外旅行や無印良品などマルイを利用しなくてもお得!!「エポスカード」の特徴・メリットまとめ

 

 

VISA・Master Card・JCBのどれがいいの??

リクルートカードは、国際ブランド(VISA・Master Card・JCB)によって多少性能が変わります。

 

そのため、自分の使いたい用途に合わせて、選ぶ必要がありますので注意が必要です⚠

 

  • 楽天Edy・スマートICOCAにチャージする方→VISA or Master Card
  • 銀聯カードを発行したい方→VISA or Master Card
  • ETCカードを作りたい方→JCB

 

どちらも欲しいという方は、VISA(Master Card)とJCBの2枚を持つことも出来ます!

 

まとめ

いかがでしたか、リクルートカードは普通に使っても高還元率で、通常のクレジットカードの2倍以上Pontaが貯まるお得なカードです!!

 

Pontaポイントの貯まるスピードが早く、大戸屋・ローソンなどで無料でお買い物が出来ますよ!

 

還元率についてよくわからない方は、還元率の基準やお得度など、こちらのページに具体的にまとめています。

 

あわせて読みたい

今さら聞けない!!知ってるだけで年間1万円得!?クレカでよく見る「還元率」の意味を解説!

 

 

▼リクルートカードはこちらから作れます▼

 

ABOUT ME
ごろー
2012年両親が自己破産、そこから昼食がうまい棒1本というド貧乏生活をする。現状を変えたく、駅前で配っているティッシュを使うなど節約生活を開始する。そこから這い上がり、中の上の生活が出来るようになった。所持クレジットカードは17枚、クレジットカード・ポイントのプロ。仮想通貨や投資信託もまあまあ詳しい!今はお金のコンサルタントや節約メディアを運営。



海外に旅行・出張・留学で行くなら両替が最安でできるセディナカードJi!yu!da!がオススメ!!

海外に旅行・出張・留学で行くことが決まった!! そろそろ両替しないと!

 

海外で少しでも現金を使う場合、セディナカードJi!yu!da!の発行がオススメです!!

 

セディナカードJi!yu!da!を使って両替すると…

 

どの他の方法よりお得に両替することができます!

 

 

例えば20,000円をすべてユーロに両替する場合どれくらいの手数料がかかっているか知っていますか??

空港の両替所 1,500円
街中の両替所 3,280円
日本の銀行 1,100円
金券ショップ 980円
一般プリペイド・クレジットカード 500〜2,000円
セディナカードJi!yu!da! 31円

※2018年6月17日調べ、交換時の時価総額1EUR=128,4円

 

どの方法も1,000円(5%)程度の手数料がかかってしまうのですが、セディナカードで両替した場合は30円程度(0.15%)と圧倒的に安いのがわかっていただけると思います。

 

両替する金額が増えればこれに比例していくので、更に差が広がり損が拡大します!

 

逆にセディナカードを使えば手数料は最安で済み、浮いたお金をお土産代や現地の食事代に当てることができますよ!!

 

実際僕は浮かせたお金で美味しいごはんを食べ、友達や家族のお土産を買っていってあげました!

 

更にATMさえあれば両替ができるので、両替所を探す手間もありません。

 

そしてイオンではポイントが3倍、マルエツでは第2・4日曜日に5%オフで買い物ができ、普段の買い物の節約にも貢献します!!

 

もちろん年会費無料、発行手数料無料で作るリスクはありません。18歳以上の方なら誰でも申し込みが可能です。(学生・主婦の方も可)

 

今作れば最大6,000円分のポイントがもらえ、簡単なお小遣い稼ぎもできます!

 

もらえたポイントはAmazonで利用したり、nanacoにチャージしてセブン-イレブンで使い日用品や食費を浮かすことができます!!

 

▼申し込みはこちらから▼

セディナカードJi!yu!da!を無料で作る

 

 

もう少しセディナカードJi!yu!da!の詳細や実際の両替の仕方を知りたい方は以下も参考にしてみてくださいね!!

 

 

▼カードの詳細はこちら▼

セディナカードJi!yu!da!の詳細