交通費節約

究極の交通費節約方法??「ヒッチハイク」で交通費は0円に出来る??

スポンサーリンク










どうも、節約系ブロガーのごろーです。

 



スポンサーリンク







 

この前名古屋に用事があって、そのあと大阪 or 京都に行きたいと思っていました。

 

名古屋から大阪 or 京都まで、ヒッチハイクしたら交通費タダになるじゃん、メチャクチャ節約できる!

 

そんな安易な考えから、人生初のヒッチハイクに挑戦してみました!!

 

参考にしたサイト

僕は特に3つのサイトを参考にしました。

 

 

実際ヒッチハイクしてみた

場所

  • 名古屋駅周辺

 

使ったもの

  • マジックペン
  • スケッチブック

 

スケッチブックは美術の授業で使ったものを再利用して節約しました!!

持っていな方は、Amazonとかで揃えちゃいましょう!

 

 

ついにヒッチハイク実践

参考にしたサイトを基に、お昼の12時から、とりあえずやってみました。

 

自分自身あまりヒッチハイクみたいなことをするのに元々は抵抗はなかったけど、いざやってみるとちょっと恥ずかしい。。

 

 

30分しても誰も止めてくれず、、

 

 

その後、歩道を歩いている人が「がんばってください!!」と応援してくれたり、後は地元の人が、話を聞いてくれました。

 

 

2時間くらいたっても、バツサインを出してくれるなど、反応はしてくれるようになったのですが、、捕まらず。。

 

 

3時間すぎると、だいぶ体力を消耗してしまいました。お腹もすくし、喉も渇くけど、ここは節約家として我慢。。

 

 

最後は信号があり、確実に止まってくれる場所でアプローチしたのですが、結局バツサインや直接拒否されてしまいダメでした。

 

 

6時を過ぎてしまい、その日のうちに関西に行かないと次の日の予定に間に合わないため、結局あきらめて近鉄で大阪へ行きました。。

 

 

次回出かけるとき、まためげずにやってみようと思います。

 

反省点

  • 一番最初から積極的に声かければよかった
  • 体力はあったほうがいい
  • ヒッチハイクでの成功体験がある人といき、自分も出来るという実感を掴んだ方がいい。
  • 参考サイトを100%徹底して真似る

 

まとめ

結論から言うとヒッチハイクは、、、

 

中級者以上でない限り、車をなかなか捕まえられないので、時間とお金のコスパを考えると、あまりお得じゃなくて節約にならないです

 

ただ経験やエンタメ性、自分の殻を破ると言った意味では、最高の手段なので、コスパという観点を無視したら、一回くらいはむしろやってみたほうがいいと思います!!

 

確実に節約したいなら高速バスがオススメです!! 

 

▼高速バスの予約はこちらからできます▼

 

もしくは年に2回ほどある500円バスに乗るだけでもかなりの節約になりますよ!!

あわせて読みたい

東京⇔大阪が500円の高速バスに乗れる!?破格のワンコインシート「VIPライナー」 予約のとり方と実際乗った感想

 

ABOUT ME
ごろー
2012年両親が自己破産、そこから昼食がうまい棒1本というド貧乏生活をする。現状を変えたく、駅前で配っているティッシュを使うなど節約生活を開始する。そこから這い上がり、中の上の生活が出来るようになった。所持クレジットカードは17枚、クレジットカード・ポイントのプロ。仮想通貨や投資信託もまあまあ詳しい!今はお金のコンサルタントや節約メディアを運営。



Yahoo! JAPANカードを発行して今月の生活をちょっと楽に!!

もうすぐ夏休み、旅行や花火、合宿などイベントが盛り沢山、ちょっと節約しないと、

 

そんなアナタにはYahoo! JAPANカードの発行がオススメです!!

 

現在Yahoo! JAPANカードを作成すると…

 

最大8,000円分のポイントがもらえます!

 

 

そのうち3,000ポイントはカード発行と同時にもらえます。最短2分!!

 

ここまですぐにポイントがもらえるカードは他にはありません。

 

もらえたポイントはYahooショッピング、LOHACO、ヤフオクで使うことが出来、食費などを浮かせることが出来ます!!

 

僕自身も、もらった一部のTポイントでお買い物し、食費を4,000円程度浮かせました

 

 

そしてYahoo! JAPANカードはAmazonや楽天などYahoo以外でも使うことができ、1%分のTポイントがもらえるので、常に節約ができます!!

 

もちろん年会費無料、発行手数料無料で、18歳以上の方なら誰でも申し込みが可能です。(学生・主婦の方も可)

 

▼申し込みはこちらから▼

Yahoo! JAPANカード