交通費節約

都内をまわるなら「東京メトロ24時間券」がオススメ!一日何度も使えて600円

スポンサーリンク










2016年3月26日から「東京メトロ1日乗車券」は「東京メトロ24時間券」に生まれ変わりました。詳しい違いは後で説明しますが、大体同じです。

 

観光や仕事などで東京都内を数ヶ所まわった機会はありませんか??

 

何ヶ所もまわっていると、交通費があっという間に1,000円超えていたなんて状態になっているかもしれません

 

そんな際にオススメなのが、今回紹介する「東京メトロ24時間券」です。

 

 

東京メトロ24時間券とは?

「東京メトロ24時間券」とは東京メトロ全駅で一日何回でも乗り降りできる切符です。2016年2月現在、大人600円(税込)、子ども300円(税込)で販売されています。

 

東京メトロ24h_001-3

2015年2月10日から大人料金が710円から600円に値下がりしたことによりますます使い勝手が増したと思っています。

 

東京メトロ24時間券と東京メトロ1日乗車券の違い

今までの「東京メトロ1日乗車券」は乗車券を購入した日のみしか使えませんでしたが、新しい「東京メトロ24時間券」は改札に初めて券を入れてから24時間まで、有効になりました!

 

東京メトロ一日乗車券↓↓

DSC_0083

つまり日にちをまたいで使うことができます。値段は変わらず600円です。完全に24時間券は1日乗車券の上位互換です。改悪するサービスが多い中、改良する東京メトロは素晴らしいですね!

 

 

1日乗車券の有効範囲

東京メトロのすべての路線(半蔵門線、東西線、副都心線、銀座線、丸ノ内線、千代田線、南北線、日比谷線、有楽町線)です。

tokyo_metro_img_01

(出典 : UQ WIMAX

 

何かと問題の多い綾瀬〜北千住間も問題なく使えます。

 

東京メトロ一日乗車券の節約効果

実際、私も東京メトロ一日乗車券を使ってみました。

池袋〜新宿三丁目 ¥165
新宿三丁目〜二重橋前 ¥195
二重橋前〜北千住 ¥195
北千住〜銀座 ¥195
銀座一丁目〜豊洲 ¥165
豊洲〜池袋 ¥237
合計 ¥1,152

 

1日乗車券が600円なので、552円節約できたことになります。東京メトロのみしか使えませんが、1日に色々な場所へ行かなければならないときとても役に立ちます。

 

東京メトロの初乗り運賃は165円(北千住〜綾瀬間を除く)のため、1日に東京メトロに4回以上乗車する場合は、確実にお得になります。東京都内の観光であれば4回以上の乗車は余裕ですね。

 



スポンサーリンク







 

東京メトロ一日乗車券の注意点

「東京メトロ一日乗車券」は、都営地下鉄(三田線、浅草線、新宿線、大江戸線)に乗車する際は使用できません

 

都営地下鉄でも使いたい場合は、東京メトロ・都営地下鉄共通一日乗車券(大人1000円、子ども500円)があります。

 

東京メトロ一日乗車券を安く買う方法

金券ショップ

真っ先に思いつくのが金券ショップですが、この券は指定された日のみしか使えないため、まず金券ショップでは販売していません。

 

クレジットカードで購入できる?

1日乗車券をクレジットカードで購入したいのですが、できるのでしょうか?

 

結論から言うと、券売機でクレジットカードを使い購入することはできません

 

東京メトロの駅員に尋ねてみましたが、駅の窓口でもクレジットカードでの購入はできませんといわれてしまいました…(2015年4月)

 

しかし「東京メトロ1日乗車券」はPASMOやSuicaで購入することができます

 

PASMOやSuicaにあらかじめクレジットカードでチャージをすれば、間接的にクレジットカードで購入することができ、ポイントもたまります。私はViewカードをいつも使っています。

viewcard

※挿入する必要があるため、モバイルSuicaでの購入は不可です。確実に購入できるのはカードタイプのSuica,PASMOになります。

 

 カード型Suica,PASMOにチャージできるクレジットカード

  • カード型のSuicaにチャージできるのは、Viewカード系列のみです。
  • カード型のPASMOにチャージする場合、オートチャージのみ可能で、各私鉄(京成・東京メトロなど)が発行しているカードになります。 

 

ちなみに私は、Suica(Viewカード経由)で購入しました。還元率1.5%なので、実質591円で購入できました。

 

あわせて読みたい

Suicaチャージでポイントが貯まる!電車に乗るだけで手軽に交通費の節約「ビュー・スイカカード」

 

 

24時間乗車券を見せると優待もある

東京メトロ24h_000-6

 

一日乗車券の購入方法は?

東京メトロ各駅のきっぷ売場で購入できます。

DSC_0080

一日券と表示されている場所をタッチすると以下のような画面が出てきます。

 

image

一番上の「東京メトロ1日乗車券600円」を押します。そうするとお金を入れるように言われます。

 

image

オートチャージ(クレジットカード)できるカード型のPASMO,Suicaを持っている方はカードを挿入します。

 

image

※もちろん現金での決済も可能です。

 

支払いを済ますと以下のような画面が表示され乗車券が出てきます。

image

 

まとめ

東京メトロに1日4回以上乗車する場合は「東京メトロ一日乗車券」がお得になります。東京メトロのHPも参考にしてください。

 

 

▼Viewカードはこちらから作れます▼

ABOUT ME
ごろー
2012年両親が自己破産、そこから昼食がうまい棒1本というド貧乏生活をする。現状を変えたく、駅前で配っているティッシュを使うなど節約生活を開始する。そこから這い上がり、中の上の生活が出来るようになった。所持クレジットカードは20枚、クレジットカード・ポイントのプロ。仮想通貨や投資信託も詳しい!今はお金のコンサルタントや節約メディアを運営。



海外に旅行・出張・留学で行くなら両替が最安でできるセディナカードJi!yu!da!がオススメ!!

海外に旅行・出張・留学で行くことが決まった!! そろそろ両替しないと!

 

海外で少しでも現金を使う場合、セディナカードJi!yu!da!の発行がオススメです!!

 

セディナカードJi!yu!da!を使って両替すると…

 

どの他の方法よりお得に両替することができます!

 

 

例えば20,000円をすべてユーロに両替する場合どれくらいの手数料がかかっているか知っていますか??

空港の両替所 1,500円
街中の両替所 3,280円
日本の銀行 1,100円
金券ショップ 980円
一般プリペイド・クレジットカード 500〜2,000円
セディナカードJi!yu!da! 31円

※2018年6月17日調べ、交換時の時価総額1EUR=128,4円

 

どの方法も1,000円(5%)程度の手数料がかかってしまうのですが、セディナカードで両替した場合は30円程度(0.15%)と圧倒的に安いのがわかっていただけると思います。

 

両替する金額が増えればこれに比例していくので、更に差が広がり損が拡大します!

 

逆にセディナカードを使えば手数料は最安で済み、浮いたお金をお土産代や現地の食事代に当てることができますよ!!

 

実際僕は浮かせたお金で美味しいごはんを食べ、友達や家族のお土産を買っていってあげました!

 

更にATMさえあれば両替ができるので、両替所を探す手間もありません。

 

そしてイオンではポイントが3倍、マルエツでは第2・4日曜日に5%オフで買い物ができ、普段の買い物の節約にも貢献します!!

 

もちろん年会費無料、発行手数料無料で作るリスクはありません。18歳以上の方なら誰でも申し込みが可能です。(学生・主婦の方も可)

 

今作れば最大6,000円分のポイントがもらえ、簡単なお小遣い稼ぎもできます!

 

もらえたポイントはAmazonで利用したり、nanacoにチャージしてセブン-イレブンで使い日用品や食費を浮かすことができます!!

 

▼申し込みはこちらから▼

セディナカードJi!yu!da!を無料で作る

 

 

もう少しセディナカードJi!yu!da!の詳細や実際の両替の仕方を知りたい方は以下も参考にしてみてくださいね!!

 

 

▼カードの詳細はこちら▼

セディナカードJi!yu!da!の詳細