【合法】たばこのカートンが1,000円以上安く買える?? 免税店を利用する方法まとめ

面白い記事がありましたらぜひシェアお願いします

(※未成年者の喫煙は一切禁じられています。法律に触れ犯罪となります。絶対に吸わないでください。)

年々増税で値上がっていくタバコ

節約をするのであれば、本来であればやめてしまうのが手っ取り早いのですが、なかなかそうはいかなかったりしますよね。。

でもわかっていても吸ってしまう。。

今回はそんな方へ向けて、合法的にタバコを1,000円以上安く買う、たった1つの方法をシェアしたいと思います!

免税店で購入する

結論から言うと、免税店でタバコを買えば、税金がかからない分1,000円以上定価より安く買うことができます!

例えば、この「メビウスのオプション5mg」の場合

通常1カートン4,400円しますが、なんと免税店だと2,800円で買うことができました!!

1,600円の節約です!!

免税店で買い物する条件

そんな安いなら「免税店に行って買いたい!!」って思いますよね!!

しかし免税店で買い物するにはたった1つの条件があります!!

それは日本国内から出て海外へ行くことです!!

なぜかというと、免税店は、成田空港や羽田空港など入出国する際の場所にあるからです!

なお免税店で買うことのできるタバコの量は1人1カートンまでと制限されています

海外に行く友達や親戚がいたら、買ってきてもらうのも手ですね!

免税店の具体的な場所

免税店の具体的な場所についてのリンクをまとめました!

また免税店の仕組みを知りたい方は、わかりやすいサイトがありましたので、こちらのページを参考にしてみて下さい!

支払い方法

支払いはカード払いや電子マネー払いができます!(成田空港第2ターミナル)

 カードや電子マネーを使えば、ポイント分だけ節約も可能ですよ!

カードを持っていない方は、とりあえずが「Yahoo! JAPANカード」がお得です!!

あわせて読みたい

【万人向け】どんな買い物でも100円につき1Tポイントが貯まる!!年会費無料Yahoo! JAPANカードの特徴・詳細・メリットまとめ

もしくは、カードの相談も受け付けています!!

あわせて読みたい

17枚のクレジットカードを使い分けるカードのプロが「無料クレカコンサル」を開始、あなたに最適なカードを選びます

まとめ

いかがでしたか、タバコは法律で日本国内のどのお店でも、一律の値段と決まっているので安く買うことができません。

しかし日本に入出国するときに限り、1人1個だけ免税価格でタバコ買うことができます!!

是非タバコが高いと感じて困っている方は、タバコを安く買ってみてください!!

実際、節約するにはタバコをやめるのが一番いいんですがね。。

やめるためには、まず電子タバコなど代替品を利用するのも1つの手かもしれません!!

▼新しい電子タバコ??「フレンバー」はこちらから▼

スポンサーリンク

面白い記事がありましたらぜひシェアお願いします

フォローする

Yahoo! JAPANカードを発行して今月の生活をちょっと楽に!!

Yahoo! JAPANカードを発行して今月の生活をちょっと楽に!!

もうすぐ夏休み、旅行や花火、合宿などイベントが盛り沢山、ちょっと節約しないと、

 

そんなアナタにはYahoo! JAPANカードの発行がオススメです!!

 

現在Yahoo! JAPANカードを作成すると…

 

最大8,000円分のポイントがもらえます!

 

 

そのうち3,000ポイントはカード発行と同時にもらえます。最短2分!!

 

ここまですぐにポイントがもらえるカードは他にはありません。

 

もらえたポイントはYahooショッピング、LOHACO、ヤフオクで使うことが出来、食費などを浮かせることが出来ます!!

 

僕自身も、もらった一部のTポイントでお買い物し、食費を4,000円程度浮かせました

 

 

そしてYahoo! JAPANカードはAmazonや楽天などYahoo以外でも使うことができ、1%分のTポイントがもらえるので、常に節約ができます!!

 

もちろん年会費無料、発行手数料無料で、18歳以上の方なら誰でも申し込みが可能です。(学生・主婦の方も可)

 

申し込みはこちらから↓↓

 

LINE@

LINE@

LINE@でブログでは書けないお小遣い稼ぎの方法や、コンビニのおにぎり100円セールなど、

 

様々な情報を流していきます。あなたのLINEにオトクな情報が届きますよ!!

 

更に今、登録していただいた方全員に、節約を始める前に必要なたった1つのことと今日からできる超基本の節約行動3選をPDFにてプレゼント中!

 

既に節約を始めている方も、基本のキの部分なので、改めて確認してみて下さい。

 

もう家計がキツイなんて言わせませんよ!!

 

▼詳しくはコチラをクリック▼