ポイント

ゴミ同然のペットボトルをリサイクルするだけで50nanacoポイントが貯まる?!その仕組みを解説

スポンサーリンク










飲み終わったペットボトルどうしてますか??

 

普通なら捨てて終わりですよね。

 

しかし、セブン系店舗に大体ある「ペットボトル回収機」にペットボトルを入れ、リサイクルすると、nanacoポイントがもらえます

 

ゴミだったものが、お金になるのです!!

 

リサイクルしてポイントも貰える、まさに一石二鳥、今回はペットボトルリサイクルでnanacoポイントが貯まる仕組みとやり方をお伝えします。

nanacopet

 

 

ペットボトル→nanacoポイントになる仕組み

仕組みは単純です。1本の空のペットボトルを機械に入れると、2RP(2リサイクルポイント)がもらえます。

 

そして500RP貯まると50nanacoポイントと交換ができます。

 

要するに、1ペットボトル=0.2円の価値と思っておけばOKです。

 

単純に計算するとポイントにするまで、500÷2=250本のペットボトルを捨てる必要があります。

 

ちょっと気が遠くなりそうな本数ですが、コツコツやれば意外にいけます。

私はお金に本当にどうしようもなく困ったときこの方法を知り、継続的にやっていました。

 

なので3ヶ月程度でしっかり換金できましたよ!!

 



スポンサーリンク







 

本当にお金も仕事もなくて困ったとき、、最終手段として使えるので覚えておいて損はないです!!

 

このためにペットボトルを買うのは本末転倒ですので、基本的にはポイ捨てされていたペットボトルや日常生活で出たペットボトルで行いましょう。。

 

 

機械の利用方法

必要なもの

  • nanaco
  • ペットボトル

 

nanacoをまだお持ちでない方は、こちらの記事を参考にしてみて下さい。

 

あわせて読みたい

nanacoの発行手数料300円は節約可能?発行手数料を無料にする5つの方法

 

ペットボトルのキャップとラベルをはがす

まずペットボトルのキャップとラベルを剥がします。

petbotol

もしかすると後ろに並んでいる可能性もあるため、余裕があるなら自宅でやっておきましょう。

nanacoカードを用意してタッチ

nanaco1

次に穴の中に1本ずつペットボトルを入れます

nanaco2 

全て入れ終わったらみどりのボタンを押す

nanaco3 

以上です。まあ実際行ってやってみればわかると思います。

 

待つことさえなければ、時間は1分程度で終わります。

 

まとめ

いかがでしたか、ペットボトルも頑張ればお金に変えることはできます。(ペットボトル1本=0.2円)是非機会があればやってみてくださいね!!

 

このリサイクルサービスを利用するにはnanacoが必要です!!

 

nanacoをまだ持っていない方はこちらを見て下さいね!

 

あわせて読みたい

nanacoの発行手数料300円は節約可能?発行手数料を無料にする5つの方法

ABOUT ME
ごろー
2012年両親が自己破産、そこから昼食がうまい棒1本というド貧乏生活をする。現状を変えたく、駅前で配っているティッシュを使うなど節約生活を開始する。そこから這い上がり、中の上の生活が出来るようになった。所持クレジットカードは17枚、クレジットカード・ポイントのプロ。仮想通貨や投資信託もまあまあ詳しい!今はお金のコンサルタントや節約メディアを運営。



Yahoo! JAPANカードを発行して今月の生活をちょっと楽に!!

連休でお金を使ってしまったし、ハロウィンやクリスマス・お正月といったイベントもすぐ来ちゃうから節約しないと

 

そんなアナタにはYahoo! JAPANカードの発行がオススメです!!

 

現在Yahoo! JAPANカードを作成すると…

 

最大8,000円分のポイントがもらえます!

 

 

そのうち3,000ポイントはカード発行と同時にもらえます。最短2分!!

 

ここまですぐにポイントがもらえるカードは他にはありません。

 

もらえたポイントはYahooショッピング、LOHACO、ヤフオクで使うことが出来、食費などを浮かせることが出来ます!!

 

僕自身も、もらった一部のTポイントでお買い物し、食費を4,000円程度浮かせました

 

 

そしてYahoo! JAPANカードはAmazonや楽天などYahoo以外でも使うことができ、1%分のTポイントがもらえるので、常に節約ができます!!

 

もちろん年会費無料、発行手数料無料で、18歳以上の方なら誰でも申し込みが可能です。(学生・主婦の方も可)

 

▼申し込みはこちらから▼

Yahoo! JAPANカード