レシート捨てないで、レシートでTポイントが貯まる!新型節約アプリ「レシーカ」の詳細と特徴

面白い記事がありましたらぜひシェアお願いします

最近流行りの、レシートをUPしてポイントの貯まるサービス!

その中でもTポイントが貯まる「レシーカ」というサービスがあります! しかもレシートは買い物でも外食でも両方OK!

スポンサーリンク


今回は、Tポイントが貯まるレシート還付系サービス「レシーカ」について詳しく紹介します!

レシーカとは??

レシーカの特徴を簡単にまとめました!!

  • Tポイントが貯まる
  • レシート登録で1ポイント
  • 20日連続投稿で10ポイント
  • レシーカ登録は抽選制(誰でもは無理)
  • レシートの登録は買い物・外食両方可

他のポイント還付系のアプリは、PeXなどに交換して、現金やポイントに移す必要がありますが、このアプリはそうする必要がありません

汎用性の高いTポイントがそのまま貯まります!!

あとは、外食・買い物問わず、どんなレシートでもUPすれば、1ポイントもらえるのが、大きなメリットです!!

レシーカの登録は抽選制

レシーカは誰でも登録できるわけではありません。当選した方のみ、登録ができます。

どのような基準で当選するかは不明ですが、何回も応募していると当たるかもしれませんよ!

僕自身は3回目で、当選しました!

まずは、こちらから抽選の応募をしてみて下さい!!

レシーカの使い方

レシーカの使い方は、とっても簡単です! 以下の3STEPを踏むだけです!

  • STEP1 : レシート撮影をタップ
  • STEP2 : レシートを撮影する
  • STEP3 : 値段など詳細を記入して投稿(支出入力)

家計簿アプリ感覚で使うことが出来、Tポイントが貯まっていくのは嬉しいところです!

参考スクリーンショット1

参考スクリーンショット2

参考スクリーンショット3

まとめ

いかがでしたか、レシーカは、どんなレシートでもUPすればTポイントがもらえるのがメリットでした!!

家計簿感覚でレシートをアップして、Tポイントが貯まっていけば、一石二鳥で嬉しいですよね!

指定の商品を買いレシートUPでポイントがもらえるサイトもあります!! 詳しくはこちらも参考にしてみて下さい!

あわせて読みたい

レシートが「現金」に!! 最新商品が実質タダで試せる最強サイト「テンタメ」の詳細まとめ

あわせて読みたい

【スーパーのポイントと2重取り】レシートを送って10ポイント以上がもらえる! 「レシポ」の特徴・詳細まとめ

▼レシーカのダウンロードはこちらから出来ます▼

レシーカ

レシーカ
開発元:Culture Convenience Club Co.,Ltd.
無料
posted withアプリーチ
スポンサーリンク

面白い記事がありましたらぜひシェアお願いします

フォローする

キャンペーンに参加して今月の生活をちょっと楽に!!

キャンペーンに参加して今月の生活をちょっと楽に!!

5月はGWで出費が多く、ちょっと節約しないと、

 

そんなアナタにはYahoo! JAPANカードのキャンペーンがオススメです!!

 

現在Yahoo! JAPANカードを作成すると…

 

最大8,000円分のポイントがもらえます!

 

 

 

そのうち5,000ポイントはカード発行と同時にもらえます。最短2分!!

 

ここまですぐにポイントがもらえるカードは他にはありません。

 

もらえたポイントはYahooショッピング、LOHACO、ヤフオクで使うことが出来、食費などを浮かせることが出来ます!!

 

僕自身も、もらった一部のTポイントでお買い物し、食費を4,000円程度浮かせました

 

 

そしてYahoo! JAPANカードはAmazonや楽天などYahoo以外でも使うことができ、1%分のTポイントがもらえるので、常に節約ができます!!

 

もちろん年会費無料、発行手数料無料で、18歳以上の方なら誰でも申し込みが可能です。(学生・主婦の方も可)

 

更に通常は5,000ポイント程度しかもらえません。

 

今のように8,000ポイントもらえるのは期間限定なので、興味のある方は今すぐ申し込んでおいてくださいね!!

 

申し込みはこちらから↓↓

 

LINE@

LINE@

LINE@でブログでは書けないお小遣い稼ぎの方法や、コンビニのおにぎり100円セールなど、

 

様々な情報を流していきます。あなたのLINEにオトクな情報が届きますよ!!

 

更に今、登録していただいた方全員に、節約を始める前に必要なたった1つのことと今日からできる超基本の節約行動3選をPDFにてプレゼント中!

 

既に節約を始めている方も、基本のキの部分なので、改めて確認してみて下さい。

 

もう家計がキツイなんて言わせませんよ!!

 

▼詳しくはコチラをクリック▼