奨学金

日本学生支援機構の奨学金、機関保証・人的保証の違いは何?どちらがお得?

スポンサーリンク










日本学生支援機構から奨学金を借りる際、「人的保証」と「機関保証」の2通りの方法があります。

 

けど初めて聞くと、曖昧で良くわからないですよね。

 

今回は、それぞれの特徴やかかるコスト、どっちがお得かを詳しく説明します。

 

1.人的保証

人的保証とは、その名の通り、自分の身近な人に奨学金の保証をしてもらう制度です。

 

仮に将来自分が奨学金が返済できなくなった際、保証してくれた人に全ての負債がかかります。そういった意味で、若干重たい制度です。

 

もう少し具体的な用語を使うと「連帯保証人」と「保証人」というものになります。

 

保証人や連帯保証人は誰でもいいわけではなく条件があります。

 

  • 連帯保証人…自分の父母もしくはそれに代わる人
  • 保証人…連帯保証人と別生計かつ4親等以内の親族

 

頼む場合、しっかり頭を下げて頼みましょう!! 必ず最後まで返済して下さいね!!

 

人的保証にかかるコスト

人的保証で申し込む際、以下の三点が必ず必要になります。

 

  • 連帯保証人の印鑑証明書
  • 保証人の印鑑証明書
  • 本人の住民票

 

これらを発行するコストがかかります。それぞれの証明書の値段は住んでいる自治体によって違います。

 

僕の住んでいる川口市では各200円で、合計600円でした。逆に言えばこれ以外にかかるコストはありません!

 

人的保証にかかるコスト→600円前後+親族に頼むならその交通費

 

2.機関保証

機関保証は、一定の保証料を保証機関に支払って奨学金を借りる制度です。

 

公的機関が連帯保証人と保証人の代わりに保証してくれます!!

 

ただ奨学金の返済義務があることには変わりありません。当然ながら奨学金の踏み倒しもできません。保証機関が奨学金の返済を全額保証してくれるわけではありません。

 

「機関保証」は誰も頼る人がいない場合の救済処置と考えておいたほうがいいと思います。

 

機関保証にかかるコスト

人的保証のように申し込み時に印鑑証明書はいりません。本人の住民票のみとなります。

 

その代わり毎月一定の保証料を支払う必要があります。保証料は奨学金から天引きされます。支払う保証料は申し込み年度や奨学金の種類によって違います。

 

 

例)平成27年度の場合

  月額貸与金額 貸与月数 保証料月額
大学(国公立・第一種) 51,000円 48ヶ月 2,143円
大学(私立・第一種)  64,000円  48ヶ月  3,137円 
大学(第二種) 50,000円 48ヶ月  2,132円 
大学(第二種)  100,000円 48ヶ月  5,448円 

 

 

詳しくはこちらを参考にしてください。

 

 

日本学生支援機構は「機関保証」を進めていますが、頼る相手がいるなら、人的保証を選びましょう。人的保証でも、自分の意思と責任で返済する意思があれば、機関保証と結局同じだと思います。

 

まとめ

「人的保証」と「機関保証」は圧倒的に「人的保証」がお得です。「機関保証」は誰も頼る人がいない場合の救済処置と考えておいたほうがいいと思います。

 

まあ私は、そういう人こそ月々の手数料を免除するとか、全額返したらキャッシュバックするとかの処置が必要だと思いますけどね。

 

奨学金を借りている立場からすると、返済不要の奨学金を作るより、既存の奨学金の問題点や不平等性などをきちんと解消して欲しいと思います。(まあ政治家なんて、実態を知らないから正直わからないでしょうが、、笑)

 

結局貧乏人から金を取るという仕組みは変わりません。しっかりと仕組みを知り、余分なコストを払わないことが大切だと思います。

ABOUT ME
ごろー
2012年両親が自己破産、そこから昼食がうまい棒1本というド貧乏生活をする。現状を変えたく、駅前で配っているティッシュを使うなど節約生活を開始する。そこから這い上がり、中の上の生活が出来るようになった。所持クレジットカードは17枚、クレジットカード・ポイントのプロ。仮想通貨や投資信託もまあまあ詳しい!今はお金のコンサルタントや節約メディアを運営。



海外に旅行・出張・留学で行くなら両替が最安でできるセディナカードJi!yu!da!がオススメ!!

海外に旅行・出張・留学で行くことが決まった!! そろそろ両替しないと!

 

海外で少しでも現金を使う場合、セディナカードJi!yu!da!の発行がオススメです!!

 

セディナカードJi!yu!da!を使って両替すると…

 

どの他の方法よりお得に両替することができます!

 

 

例えば20,000円をすべてユーロに両替する場合どれくらいの手数料がかかっているか知っていますか??

空港の両替所 1,500円
街中の両替所 3,280円
日本の銀行 1,100円
金券ショップ 980円
一般プリペイド・クレジットカード 500〜2,000円
セディナカードJi!yu!da! 31円

※2018年6月17日調べ、交換時の時価総額1EUR=128,4円

 

どの方法も1,000円(5%)程度の手数料がかかってしまうのですが、セディナカードで両替した場合は30円程度(0.15%)と圧倒的に安いのがわかっていただけると思います。

 

両替する金額が増えればこれに比例していくので、更に差が広がり損が拡大します!

 

逆にセディナカードを使えば手数料は最安で済み、浮いたお金をお土産代や現地の食事代に当てることができますよ!!

 

実際僕は浮かせたお金で美味しいごはんを食べ、友達や家族のお土産を買っていってあげました!

 

更にATMさえあれば両替ができるので、両替所を探す手間もありません。

 

そしてイオンではポイントが3倍、マルエツでは第2・4日曜日に5%オフで買い物ができ、普段の買い物の節約にも貢献します!!

 

もちろん年会費無料、発行手数料無料で作るリスクはありません。18歳以上の方なら誰でも申し込みが可能です。(学生・主婦の方も可)

 

今作れば最大6,000円分のポイントがもらえ、簡単なお小遣い稼ぎもできます!

 

もらえたポイントはAmazonで利用したり、nanacoにチャージしてセブン-イレブンで使い日用品や食費を浮かすことができます!!

 

▼申し込みはこちらから▼

セディナカードJi!yu!da!を無料で作る

 

 

もう少しセディナカードJi!yu!da!の詳細や実際の両替の仕方を知りたい方は以下も参考にしてみてくださいね!!

 

 

▼カードの詳細はこちら▼

セディナカードJi!yu!da!の詳細