各店舗の節約

ディズニーランド・ディズニーシーのチケットを安く購入する方法はある?できそうな裏ワザまとめ

スポンサーリンク










毎年のように値上げされるディズニーランドの入場券、ディズニー好きな人にとっては辛いですよね

 

今回は少しでもディズニーランドで安く済ます方法をお伝えします。

 



スポンサーリンク







 

※アイキャッチの出典はtdrloveです。

 

現在の料金一覧(2018年11月16日更新)

  大人 中高生 小学生
1デーパスポート 7,400円 6,400円 4,800円
スターライトパスポート 5,400円 4,700円 3,500円 
アフター6パスポート 4,200円 4,200円  4,200円 
2デーパスポート 13,200円 11,600円 8,600円
3デーマジックパスポート 17,800円 15,500円 11,500円
4デーマジックパスポート 22,400円 19,400円 14,400円 
2パーク年間パスポート 93,000円 93,000円  60,000円
ディズニーランド年間パスポート 63,000円 63,000円  41,000円
ディズニーシー年間パスポート 〃  〃 

 

年間パスポートは年に9回以上行く人がお得になります。

 

アフター6など時間制限のあるパスポートもあるのでそこら辺をうまく使い分けるといいでしょう。

 

小学生から中学生、高校生から大学生になる際は料金区分が上がりますので、3月31日までに行っておくのがお得です。

 

65歳以上は700円割引

ディズニーランド・シーではシニア向けのパスポートがあります。65歳以上であれば通常大人7,400円のところ6,700円に割引されます。

 

日付が指定されていればスムーズに入ることもできるので、65歳以上であればこちらを使いましょう。購入時に年齢が証明できるものが必要です。

 

金券ショップで1dayパスポートを買う(約200円の割引)

支払い方法は現金のみですが、金券ショップで購入すると定価の200円引きである7,200円くらいで購入することができます

 

ただ金券ショップで購入した場合、たまに使用済みのパスポートがあることがあります。若干リスキーなので、あまり得策ではないかもしれません。

 

【参考】2016年10月から日付指定券限定入園日が導入

東京ディズニーランドと東京ディズニーシーで、2016年10月から日付指定券限定入園日が導入されることになりました。

 

オープン券など日付指定券でない場合は入場することができません。入場したい場合は手数料200円を支払う必要があります。

 

メルカリや金券ショップで手に入るチケットはオープン券の可能性があり、行きたい日に入れない可能性もあるので気をつけてください。

 

 

1dayパスポートをクレジットカードで払う(約100円の割引)

ディズニーランド内では基本的にクレジットカードが使えるので、カード払いにしてポイントを貯めることができます

 

この方法は安全に安くすることができる方法なのでオススメです。園内でお食事する場合やお土産の購入時にも使うことができます。

 

例えば、Yahoo! JAPANカードを利用した場合、現金で購入したときと異なり74ポイントが貯まります!! 

 

あわせて読みたい
【万人向け】年会費無料Yahoo! JAPANカード(ヤフーカード)の特徴・詳細・メリットまとめ! 100円で1Tポイント貯まるYahoo! JAPANのホームページなどで、大々的に宣伝されている「Yahoo! JAPANカード」 誰もが一回は目を通...

 

さらに今注目のkyashプリペイドカードなら還元率2%で、入園料を100円以上安くすることが出来ます。

 

あわせて読みたい
【kyashカードは還元率2%+α】日本で一番お得なカード「kyashプリペイドカード」の詳細・メリットまとめ 「少しでもお得なクレジットカードを使ってポイントを貯めたい、お得に買い物をしたい」 クレジットカードを持って節約し...

 

完全な個人的意見ですが、そもそも夢の国なので、現金よりクレジットカードのほうが、スマートで良くないですか??

 

クレジットカードだと使い過ぎてしまう心配のある人は1dayパスポートのみクレジットカードで買うといいと思います。

 

フリマアプリで購入(最大1,000円程度の割引)

メルカリやフリル等のフリマアプリで1dayパスポートが出品されている時があります。

 

こちらの相場はなんとも言えませんが通常価格から500円くらい安いものもあります。

 

またメルカリなどではタダでポイントがもらえるがキャンペーンをやっていることもあるので、そのポイントを使用すれば、更に実質値引きができます。

 

ディズニー_000-21

 

ただし使用済み等を送ってくるリスク等があります。心配な場合は相手の評価を見ると良いです。

 

僕は良い評価が30程度あって、普通・悪い評価がない人から購入するようにしています。

 

キャンパスデーパスポート(500円前後の割引)

ディズニーランドには学割はありませんが、「キャンパスデーパスポート」といって不定期で学生対象に割引することがあります。

 

東京ディズニーランドもしくはディズニーシーのどちらか一つに入場できます。

 

2017年の場合、大学生通常7,400円→6,800円ですから通常より600円安い計算です。

 

対象期間 : 2016 年 1 月 6 日(水)~3 月 18 日(金) ※入園制限時にはご利用になれない場合があります

対 象 者 : 国内外の大学(大学院)、短大、各種専門学校、高等学校、中学校、小学校の生徒、 4~6 歳の幼児 ※ご購入時に、入園されるご本人の学生証を提示ください(小学生、幼児は 提示の必要はなし) ※ご入園時は、入園されるご本人の学生証を提示して頂く場合があります(小 学生、幼児は提示の必要はなし)

料 金 : 大学生・大学院生・短大生・専門学生(18 歳以上)6,300 円      高校生・中学生(12 歳~17 歳) 5,400 円
小学生・幼児(4 歳~11 歳)3,900 円
(通常料金:1デーパスポート 大人 6,900 円、中人 6,000 円、小人 4,500 円)

販売場所 : 東京ディズニーランドおよび東京ディズニーシーのチケット販売窓口、東京 ディズニーリゾート®・オフィシャルウェブサイト(ディズニーe チケット)、主な旅行会社、JRの主要駅(舞浜駅を除く)、コンビニエンスストア、ディズニーストア(一部店舗を除く)ほか

 

(出典 : PDFファイル

 

このような情報はディズニーの公式ホームページから出ていますので要チェックです。

 

首都圏ウィークデーパスポート(500円前後の割引)

2013年から首都圏に在住・在勤・在学をしている人対象に平日の料金が若干割引になるサービスをしています。

 

東京ディズニーランド、東京ディズニーシーでは、首都圏(東京都、神奈川県、千葉県、埼玉県、 茨城県、群馬県、栃木県、山梨県)在住・在勤・在学の皆さまを対象に、4 月 6 日(水)〜7 月 15 日 (金)の期間にどちらかのパークへご入園いただける、「首都圏ウィークデーパスポート」を販売します。

1. 内容 : 対象期間中の月曜日から金曜日(祝日を除く)に、東京ディズニーランドまたは東京ディズニーシーのどちらかのパークへ入園できるパスポート

2. 対象日 : 4 月 6 日(水)~7 月 15 日(金)までの月曜日から金曜日 (祝日を除く)

3. 対象パーク : 東京ディズニーランドまたは東京ディズニーシー

4. 料金 : 大人 6,800 円、中人 5,900 円、小人 4,400 円
(通常の 1 デーパスポート※:大人 7,400 円、中人 6,400 円、小人 4,800 円)

※2016 年 4 月 1 日以降の料金

5. 販売場所 : 東京ディズニーランドおよび東京ディズニーシー各パーク入口のチケット販売窓口、 東京ディズニーリゾートR・オフィシャルウェブサイト(ディズニーeチケット)、 首都圏の JR主要駅、主な旅行会社・私鉄・コンビニエンスストア、ディズニー ストア(一部店舗を除く)

6. 販売期間 : 3月4日(金)~7月15日(金)
7. その他:東京ディズニーリゾート各施設でご購入の際は、首都圏に在住、在勤、在学を確認できる証明が必要です。

※一部の窓口・店舗では取り扱いが無い場合や、販売期間が異なる場合があります

※入園制限時には、ご利用になれない場合があります

※対象期間以外のご入園の場合は別途、差額料金、および変更手数料がかかります ※パスポートには、有効期限があります

一般の方からのお問い合わせ先 東京ディズニーリゾート・インフォメーションセンター

TEL  045-330-5211(9:00~19:00)

 

(出典 : PDFファイル)

 

団体(25人以上)で割引価格に!! (500円程度の割引)

25人以上の団体で入場する場合、大人6,700円、中高生5,800円、小学生4,300円となります。



スポンサーリンク







 

日によって使えないときもあるので注意が必要です。サークルの団体や部活メンバーなどで行く場合使えるかもしれません。

 

値上げ前に買いだめする(消費増税時にも有効)

あらかじめディズニーに予定があるなら、値上げ前に買っておいたほうがお得です。

 

値上げ前にチケットを買って値上げ後の有効期限内に使う分には、差額を払う必要はありません。

 

  • 日付なしのオープンパスポートは1年有効
  • コンビニで買える日付指定のチケットは2か月前から購入可能

 

つまり値上げが4月1日なら3月31日までに買っておいたほうが安くなります

 

消費税増税時も同じです!! 8%から10%に上昇する前日までに購入すれば、10%に上がったあとでも8%の消費税で入ることができます!

 

これからもどんどん値上げされる気がするので、この方法は皮肉にも結構使える気がします。

(参考)ディズニー値上げの歴史

ディズニーランドの料金の節約を考える前に、まずディズニーランドの値上げの歴史を振り返りましょう!!

 

1992年4月〜 4,800円
1996年4月〜 5,100円
1997年4月〜 5,200円
2001年4月〜 5,500円
2006年4月〜 5,800円
2011年4月〜 6,200円
2014年4月〜 6,400円
2015年4月〜 6,900円
2016年4月〜 7,400円
20〇〇年◯月〜 ???円

 

特にこの10年での値上げ幅は、ひどいものがありますね。。

 

これ以外にも駐車料金や年間パスポートの値段も上がっています。

 

コンビニの700円くじを行っているときに購入する

コンビニの700円くじが行われているときに、コンビニでチケットを購入するとくじ引きが引ける分だけお得になりますよ!!

 

クレジットカード払いもできるので併用するのがオススメです!!

 

あわせて読みたい
コンビニの700円の当選確率は〇〇!本当にお得? 買い物せずにコンビニで700円くじを引く超裏技も!! コンビニでときどき行われる「700円くじ」 コンビニで買い物しなくても700円くじが引ける裏ワザがあることは知っていますか!?...

 

【番外編】舞浜駅までの交通費を節約

日帰り+首都圏郊外在住の方

休日にディズニーリゾートへ日帰りで行く場合、一部郊外にお住まいの方は、JRの「休日お出かけパス」を使うとお得です。

 

休日パスは土日・休日や年末年始、夏休みのみ使えます。みどりの窓口で購入できます。

ディズニー JR 2016-08-25 15.58.57

(出典 : JR東日本休日パス

 

お得になる具体的な例は高崎線籠原以北、東北本線小山以遠にお住まいの方です。

 

どの区間も運が良ければ乗り換えは一回で済む区間ですが、結構距離がありますよね。

 

これらの場所と舞浜を往復した場合、結構な交通費がかかります。

 

定期があると事情は変わってきますが、ない場合はかなり有効な節約方法になります。

  往復運賃
舞浜〜小山 1,660×2=3,320円
舞浜〜籠原 1,490×2=2,980円

 

 

関東圏内に住んでいない方

関東圏内に住んでいない方は、じゃらんなど旅行会社のプランで、新幹線と1デーパスポートがセットになったものを買うと安くなる場合があります。

 

例)新大阪から舞浜までの往復乗車券(新幹線のぞみ指定席)+1dayパスポート+日帰り

ディズニー 2016-08-25 15.29.22

 

全て合わせて27,100円ですみます。私が確認した際は、まだ土日も普通にありましたよ。

仮に定価(学割+自由席)で行った場合は

  代金
乗車券往復 7,160×2=14,320円
自由席特急券往復 4,870×2=9,740円
1dayパスポート 7,400円
合計 31,460円

約4,000円もお得です。この価格は学割を含めた価格なので普通の人はもっとお得になります。

 

この場合はホテルは含まれていませんが、ホテルを含んだプランもあります。

 

 

プランがない場合でもJR東海からオフィシャルで出しているものもあります。こちらは大人向けです。学生は逆に損するかもしれません。

 

 

更にじゃらんから予約すればリクルートカードでたまったpontaポイントを消化できる可能性もあるのでいいですね。

 

ABOUT ME
ごろー
2012年両親が自己破産、そこから昼食がうまい棒1本というド貧乏生活をする。現状を変えたく、駅前で配っているティッシュを使うなど節約生活を開始する。そこから這い上がり、中の上の生活が出来るようになった。所持クレジットカードは20枚、クレジットカード・ポイントのプロ。仮想通貨や投資信託も詳しい!今はお金のコンサルタントや節約メディアを運営。



海外に旅行・出張・留学で行くなら両替が最安でできるセディナカードJi!yu!da!がオススメ!!

海外に旅行・出張・留学で行くことが決まった!! そろそろ両替しないと!

 

海外で少しでも現金を使う場合、セディナカードJi!yu!da!の発行がオススメです!!

 

セディナカードJi!yu!da!を使って両替すると…

 

どの他の方法よりお得に両替することができます!

 

 

例えば20,000円をすべてユーロに両替する場合どれくらいの手数料がかかっているか知っていますか??

空港の両替所 1,500円
街中の両替所 3,280円
日本の銀行 1,100円
金券ショップ 980円
一般プリペイド・クレジットカード 500〜2,000円
セディナカードJi!yu!da! 31円

※2018年6月17日調べ、交換時の時価総額1EUR=128,4円

 

どの方法も1,000円(5%)程度の手数料がかかってしまうのですが、セディナカードで両替した場合は30円程度(0.15%)と圧倒的に安いのがわかっていただけると思います。

 

両替する金額が増えればこれに比例していくので、更に差が広がり損が拡大します!

 

逆にセディナカードを使えば手数料は最安で済み、浮いたお金をお土産代や現地の食事代に当てることができますよ!!

 

実際僕は浮かせたお金で美味しいごはんを食べ、友達や家族のお土産を買っていってあげました!

 

更にATMさえあれば両替ができるので、両替所を探す手間もありません。

 

そしてイオンではポイントが3倍、マルエツでは第2・4日曜日に5%オフで買い物ができ、普段の買い物の節約にも貢献します!!

 

もちろん年会費無料、発行手数料無料で作るリスクはありません。18歳以上の方なら誰でも申し込みが可能です。(学生・主婦の方も可)

 

今作れば最大6,000円分のポイントがもらえ、簡単なお小遣い稼ぎもできます!

 

もらえたポイントはAmazonで利用したり、nanacoにチャージしてセブン-イレブンで使い日用品や食費を浮かすことができます!!

 

▼申し込みはこちらから▼

セディナカードJi!yu!da!を無料で作る

 

 

もう少しセディナカードJi!yu!da!の詳細や実際の両替の仕方を知りたい方は以下も参考にしてみてくださいね!!

 

 

▼カードの詳細はこちら▼

セディナカードJi!yu!da!の詳細