クレジットカード

【悲報】LINEPayカードの2%還元は2018年5月末で廃止 高還元率の代替カードまとめ3選

スポンサーリンク










 

2018年3月、突然の悲報。。

 

日本のカードの中で、無条件で最も還元率の高いLINEPayカード(還元率2%)が、2018年5月31日でポイント付与が廃止となってしまいました

 

LINEPayのポイント2%付与が廃止されたことにより、正直「これ!!」と言った代わりになるカードは、ありません。。

 

がしかし、ある程度代わりになってくれるカードはあります。

 

今回は、LINEPayの乗り換え先高還元率クレジットカードをまとめました

 

おすすめクレジットカード3選

リーダーズカード(クレジットカード)

JACCS社が発行する「リーダーズカード」がLINEPayの乗り換え先の有力候補です!!

 

還元率は1.257%とLINEPayに比べたら若干ダウンですが、、

 

このカードは、LINEPayのメリットである、貯まったポイントをチャージして現金同様に使える機能(Jデポ)があります

 

ポイントの使い道を考えることなく、実質現金と同じように使うことができます。ポイントを現金同様に扱えるカードの中では最高の還元率です

 

 

  • 年会費…税込2,700円(年間30万以上の利用で無料)
  • ポイント還元率…1.257%
  • ポイント交換先…Jデポ(現金値引き)
  • 国際ブランド…Master Card

 

 

▼Reader’s Cardはこちらから作れます▼

 

P-one WIZカード(クレジットカード)

P-one WIZカードは、年会費無料・還元率1.5%のクレジットカードです。

 

単純に、無条件で日本一還元率の高いクレジットカードなので、LINEPayの乗り換え先としては有力ですね!!

 

 

  • 年会費…無料
  • ポイント還元率…1.5%(日本最高峰)
  • ポイント交換先…1%は現金値引き、0.5%はTポイント
  • 国際ブランド…VISA、Master Card、JCB

 

 

Polletカード(プリペイドカード)

LINE Payは、プリペイドカードであったため、クレジットカードを持てない方が使っていたケースも多いはずです

 

 

そこでLINEPayには還元率で劣るけど、LINEPay同様、現金のようなキャッシュバックシステムのあるプリペイドカードが「Polletカード」です

 

  • 年会費無料
  • ポイント還元率…0.5%
  • チャージ時に、0.5%上乗せされる
  • 国際ブランド…VISA
  • 発行条件…12歳以上、審査不要

 

手間だけど本当に高還元率を目指すなら

1枚のカードではなく、2枚のカードを使った合わせ技でも、問題ない方は、以下の組み合わせが高還元でオススメです!!

 

  • ライフカード誕生月+Polletカード(1.5%+0.5%-300円)
  • リクルートカード+au wallet(1.2%+0.5%=1.7%)

 

まとめ

いかがでしたか、よくよく考えるとLINEPayは、他に代わりがないほど、お得過ぎたカードでしたね。

 

時代の流れには、逆らうことは出来ず、現実は受け入れないといけません。。

 

個人的には、ポイント全てを現金化出来るリーダーズカードがおすすめです!(P-one WIZの方が高還元ですが、改悪リスクが高いです。。)

 

僕は最近、買い物を割りとリーダーズカードでまとめています。

 

 

 

 

ABOUT ME
ごろー
2012年両親が自己破産、そこから昼食がうまい棒1本というド貧乏生活をする。現状を変えたく、駅前で配っているティッシュを使うなど節約生活を開始する。そこから這い上がり、中の上の生活が出来るようになった。所持クレジットカードは20枚、クレジットカード・ポイントのプロ。仮想通貨や投資信託も詳しい!今はお金のコンサルタントや節約メディアを運営。



海外に旅行・出張・留学で行くなら両替が最安でできるセディナカードJi!yu!da!がオススメ!!

海外に旅行・出張・留学で行くことが決まった!! そろそろ両替しないと!

 

海外で少しでも現金を使う場合、セディナカードJi!yu!da!の発行がオススメです!!

 

セディナカードJi!yu!da!を使って両替すると…

 

どの他の方法よりお得に両替することができます!

 

 

例えば20,000円をすべてユーロに両替する場合どれくらいの手数料がかかっているか知っていますか??

空港の両替所 1,500円
街中の両替所 3,280円
日本の銀行 1,100円
金券ショップ 980円
一般プリペイド・クレジットカード 500〜2,000円
セディナカードJi!yu!da! 31円

※2018年6月17日調べ、交換時の時価総額1EUR=128,4円

 

どの方法も1,000円(5%)程度の手数料がかかってしまうのですが、セディナカードで両替した場合は30円程度(0.15%)と圧倒的に安いのがわかっていただけると思います。

 

両替する金額が増えればこれに比例していくので、更に差が広がり損が拡大します!

 

逆にセディナカードを使えば手数料は最安で済み、浮いたお金をお土産代や現地の食事代に当てることができますよ!!

 

実際僕は浮かせたお金で美味しいごはんを食べ、友達や家族のお土産を買っていってあげました!

 

更にATMさえあれば両替ができるので、両替所を探す手間もありません。

 

そしてイオンではポイントが3倍、マルエツでは第2・4日曜日に5%オフで買い物ができ、普段の買い物の節約にも貢献します!!

 

もちろん年会費無料、発行手数料無料で作るリスクはありません。18歳以上の方なら誰でも申し込みが可能です。(学生・主婦の方も可)

 

今作れば最大6,000円分のポイントがもらえ、簡単なお小遣い稼ぎもできます!

 

もらえたポイントはAmazonで利用したり、nanacoにチャージしてセブン-イレブンで使い日用品や食費を浮かすことができます!!

 

▼申し込みはこちらから▼

セディナカードJi!yu!da!を無料で作る

 

 

もう少しセディナカードJi!yu!da!の詳細や実際の両替の仕方を知りたい方は以下も参考にしてみてくださいね!!

 

 

▼カードの詳細はこちら▼

セディナカードJi!yu!da!の詳細