水道・光熱費節約

基本料金0円! 電気をほぼ使わない人や高アンペア契約の人にオススメ!!「looopでんき」の特徴とメリット

スポンサーリンク










Looopでんきがオススメな人

  • 別荘など1ヶ月に1,2回などあまり使わない方
  • 究極の節電をしていて1ヶ月の使用量が8kwh以下の方(10Aの場合)
  • 東京電力・中部電力エリアにお住まいで基本料金が高い方(主に40A以上)
  • あまり使わないのに高いアンペアを契約しなければならない人

究極の節電をしている場合で月間使用量が極端に少ない場合、お得になるケースがあります。

 

looopでんきの特徴として、基本料金はアンペア数によりません。

 

そのためアンペア数で基本料金が変わる東京電力・中部電力エリアにお住まいで高アンペアを契約している方はお得になる可能性が高いです。

 

looopでんきとは?

looopでんきは太陽光発電などの自然エネルギーの発電施設を開発してきた株式会社Looopが提供する新電力です。

 

今までの電気料金よりシンプルな料金体系です。ほとんど使わない人や大量に電気を使う人はお得になります。

Looop-plan1-380x264

アイキャッチの出典 : エネチェンジ

 

供給地域

供給地域は2016年8月現在、東京電力エリア、関西電力エリア、中部電力エリアの3つです。

 

今後東北電力エリア、九州電力エリア、中国電力エリア、北海道電力エリアに拡大していきます。

 

電力プラン・料金

looopでんきでは、おうちプランとビジネスプランがあります。おうちプランは一般家庭向け、ビジネスプランはオフィスや小売店向けです。料金は地域によって異なります。

 

looopおうちプラン

looopおうちプランは基本料金が無料、使った分だけ料金がかかるという今までにはない非常にわかりやすい料金プランです。

 

従来の電気では基本料金+従量料金(3段階に分かれる)+再生エネ+燃料調整費でしたが、looopでんきでは従量料金+再生エネ+燃料調整費です。

 

完全に使った分だけ比例すると言う、わかりやすい料金設定です。

 

アンペアによらないため賃貸等で大して使わないのに高いアンペアを契約しなければいけない場合お得です!!

 

地域 料金
東京電力エリア 26円/kWh
関西電力エリア 25円/kWh
東北電力エリア 26円/kWh
中部電力エリア 26円/kWh
九州電力エリア 23円/kWh
中国電力エリア 24円/kWh
北海道電力エリア 29円/kWh

 

 

ビジネスプラン

ビジネスプランも料金形態は同じです。ただ営利目的のためか、おうちプランの料金に+1円した値段設定となっています。

 

東京電力エリアでは1kWhあたり27円です。基本料金はかかりません。

 

東電 VS looopでんき

基本料金

アンペア数 東電基本料金(税込) looopでんき基本料金(税込)
10A 280.00円 0円
15A 421.20円 0円
20A 561.60円 0円
30A 842.40円 0円 
40A 1123.20円 0円
50A 1404.00円 0円
60A 1684.80円 0円

 

 

従量料金(1kwhの価格です)

東京電力(2016年6月〜※1) looopでんき
最初の120kwhまで 19.52円 26.00円
120kwh〜300kwh 26.00円 26.00円
300kwh〜 30.02円 26.00円

 

※1 東京電力は2016年5月までは若干安く、最初の120kwhから順に19.43円、25.91円、29.93円でした。

 



スポンサーリンク







 

 

損益分岐点は?

東京電力エリアにお住まいでおうちプランを契約する場合、30A以上かつ月120kWh以上使用するのであれば(基本料金と120kWhまでの電気代の差額が相殺するため)東電より確実にお得になります。

 

不安な方は公式サイトからシミュレーションをすることができます。

 

 

※東電の支払い方法はクレジットカード払いと仮定して考えています。また燃料調整費等は計算に反映させていません。

 

支払い方法

支払方法はクレジットカードのみです。口座振替はできません。

 

支払方法をひとつに絞ることでコストカットしているようです。クレジットカードを持っていない場合、新たに作ってみてはいかがでしょうか?

 

クレジットカードでは以下のカードがオススメです。

 

あわせて読みたい
【楽天カード】8年連続満足度No.1!スタンダードに節約するなら「楽天カード」がオススメ!楽天カードの特徴・詳細まとめ楽天カード はCMなどでもおなじみでご存知の方も多いと思います。 特にクレジットカードに興味はないけど、カードを使ってポイ...

 

あわせて読みたい
【リクルートカード】は還元率1.2%でPontaが貯まる!nanacoチャージでもポイントが! リクルートカードの特徴・詳細まとめ ・Pontaポイントをたくさん貯めたいな!! ・nanacoチャージでお得にポイントを貯めたいな!! ・旅行が安く ...

 

各種手数料

各手続きにかかる手数料をまとめました。

手数料
契約手数料 0円
解約手数料 0円
クレジットカード払い手数料 0円
解約違約金 0円

 

無駄な手数料は基本かからないので非常にお得です。

 

提携ポイントはない

提携ポイントは一切ありません。ポイントをつけないことでコストカットしているんですね。

 

Looopでんき契約までの大まかな流れ

申し込み方法

申し込み方法ですが、インターネットからのみとなります。電話や店舗からの契約は一切できません。

 

 

利用までの流れ

利用の流れは公式サイトにわかりやすくまとめてありますので、そちらを参考にしてください。

 

 

わからないことがある場合、フリーダイヤルがあるので気軽に質問することができます。

 

looopでんき : 0120-707-454(年中無休/9時から20時)

 

 

まとめ

  • 極端に電気を使わない、もしくは大量に使う場合、東京電力から切り替えで、お得になります。
  • アンペアによらず基本料金は0円
  • 東京電力・中部電力エリアにお住まいで、高いアンペア数で契約していたらお得になる可能性が高いです。

 

▼looopでんきの申し込みはこちら▼

ABOUT ME
ごろー
2012年両親が自己破産、そこから昼食がうまい棒1本というド貧乏生活をする。現状を変えたく、駅前で配っているティッシュを使うなど節約生活を開始する。そこから這い上がり、中の上の生活が出来るようになった。所持クレジットカードは20枚、クレジットカード・ポイントのプロ。仮想通貨や投資信託も詳しい!今はお金のコンサルタントや節約メディアを運営。



海外に旅行・出張・留学で行くなら両替が最安でできるセディナカードJi!yu!da!がオススメ!!

海外に旅行・出張・留学で行くことが決まった!! そろそろ両替しないと!

 

海外で少しでも現金を使う場合、セディナカードJi!yu!da!の発行がオススメです!!

 

セディナカードJi!yu!da!を使って両替すると…

 

どの他の方法よりお得に両替することができます!

 

 

例えば20,000円をすべてユーロに両替する場合どれくらいの手数料がかかっているか知っていますか??

空港の両替所 1,500円
街中の両替所 3,280円
日本の銀行 1,100円
金券ショップ 980円
一般プリペイド・クレジットカード 500〜2,000円
セディナカードJi!yu!da! 31円

※2018年6月17日調べ、交換時の時価総額1EUR=128,4円

 

どの方法も1,000円(5%)程度の手数料がかかってしまうのですが、セディナカードで両替した場合は30円程度(0.15%)と圧倒的に安いのがわかっていただけると思います。

 

両替する金額が増えればこれに比例していくので、更に差が広がり損が拡大します!

 

逆にセディナカードを使えば手数料は最安で済み、浮いたお金をお土産代や現地の食事代に当てることができますよ!!

 

実際僕は浮かせたお金で美味しいごはんを食べ、友達や家族のお土産を買っていってあげました!

 

更にATMさえあれば両替ができるので、両替所を探す手間もありません。

 

そしてイオンではポイントが3倍、マルエツでは第2・4日曜日に5%オフで買い物ができ、普段の買い物の節約にも貢献します!!

 

もちろん年会費無料、発行手数料無料で作るリスクはありません。18歳以上の方なら誰でも申し込みが可能です。(学生・主婦の方も可)

 

今作れば最大6,000円分のポイントがもらえ、簡単なお小遣い稼ぎもできます!

 

もらえたポイントはAmazonで利用したり、nanacoにチャージしてセブン-イレブンで使い日用品や食費を浮かすことができます!!

 

▼申し込みはこちらから▼

セディナカードJi!yu!da!を無料で作る

 

 

もう少しセディナカードJi!yu!da!の詳細や実際の両替の仕方を知りたい方は以下も参考にしてみてくださいね!!

 

 

▼カードの詳細はこちら▼

セディナカードJi!yu!da!の詳細