送料節約

【3分で分かる】料金の大幅節約可能!! らくらくメルカリ便の使い方と発送方法まとめ

スポンサーリンク










らくらくメルカリ便とは?

らくらくメルカリ便とは、メルカリとヤマト運輸が提携してできた運送サービスのことです。

 

フリマアプリ「メルカリ」で取引をした際のみ使うことができる発送方法になります。

 

konpou

らくらくメルカリ便では送る品物のサイズにより「ネコポス」、「宅急便コンパクト」、「宅急便」の3種類からサービスを選べます。

 

料金はそれぞれ全国一律195円、445円、600円~1500円です。

 

スクリーンショット 2015-09-23 22.35.36

(出典 : クロネコヤマト

 

スクリーンショット 2015-09-23 22.35.32

(出典 : クロネコヤマト

 

image

 

らくらくメルカリ便が使える条件

  1. メルカリの取引であること
  2. 送料込みで商品を販売していること
  3. 近くにヤマトの営業所、ファミマ、セブンがあること 

 

この3つの条件を全て満たしていると使うことができます。

 

昔はコンビニでの発送は出来ませんでしたが、今はセブン-イレブンやファミリーマートで発送することが可能です。

 

料金の支払い方法

料金の支払い方は売上金から天引きされます。クレジットカード払いや電子マネー払いは出来ません。

image

らくらくメルカリ便より安い発送方法が使える場合は、売上金から天引きされることがないのでらくらくメルカリ便の送料分販売利益を大きくすることができます。

 

料金体系

全国どこに配送してもを料金一律です。

 

  料金(税込)
ネコポス(厚さ2.5cm 重さ1kg以内) 195円
宅急便コンパクト 380円+箱代65円
宅急便60サイズ 600円
宅急便80サイズ 700円
宅急便100サイズ 900円
宅急便120サイズ 1,000円
宅急便140サイズ 1,200円
宅急便160サイズ 1,500円

 

 

使い方

今回はらくらくメルカリ便(宅急便)の使い方を紹介します。

 

ネコポス、宅急便コンパクトを利用する方でも、宅急便の時と使い方は大体同じなので十分参考になると思います。

 

1.メルカリの取引画面でバーコードを表示させる

らくらくメルカリ便にしたい場合、まずメルカリの取引画面を開き、真ん中の大きな「変更する」をタッチします。

image

 

次にどの発送方法にするか選択します。

image

サイズの選択が終了すると以下のような二次元バーコードが出てきます。

 

以前はサイズを測る必要がありましたが、今はバーコード発行後にヤマト運輸が計測してくれるのでその必要はありません。

 

 

 

2.ヤマトの営業所かファミマ、セブンに行く

スマートフォンと梱包した荷物を持って、お近くのヤマトの営業所、ファミマ、セブン-イレブンに行ってください

 

ローソンでの発送は出来ないので注意してください!!

 

3.ネコピットを操作する

ヤマトの営業所に行くとネコピットという端末(タブレットみたいな感じ)があるので、それを使って操作します。

 

探しても見つからない場合、ヤマトの人に聞いてみてください。以下ネコピットの使い方を説明します。

 

まず一番右下にある「提携フリマサイト」をタッチします。

image

次に「2次元バーコードをお持ちの方」をタッチします。

 

※受付番号を直接入力しても構いません。

image

先ほど生成した2次元バーコードを用意し、それをネコピット後部のカメラに合わせます。

 

下の読み取り範囲内に2次元バーコードが映るようにしてくださいね。

image

うまく読み取れると送り状内容確認画面が出ます。

image

問題がなければ「次へ」をタッチ→発送予定日(持ち込んだ日にち)を入力します。

 

発送予定日を入力したら「完了」をタッチします。

 

image

最後にお届け希望日を選択します。当日着は不可で、翌日以降から選択します。

 

翌日の場合は午前中の指定をできない場合もあるので注意してください。お客様にお届け希望日をあらかじめ聞いておくと親切だと思います。

 

image

この発送をした際、僕は「指定なし」にしましたが、実際日にちを指定する場合、日にち指定後時間帯の選択もします。

 

選べる時間帯は「午前中」「12~14時」「14~16時」「16~18時」「18~20時」「20~21時」です。

 

すべての指定が終了すると再度送り状内容確認画面が出るので、再び内容を確認して問題がなければ「印刷」をタッチします。

image

印刷中と表示されます。

image

この後送り状がネコピット付近のプリンターから印刷されるのでそれを段ボール等に貼り付けて終了です。

 

 

「ネコポス」や「宅配便コンパクト」の方は、2次元バーコードを読み取るまでは同じです。それ以降も大体同じなので各自で頑張ってください。

 

実際使ってみた感想

らくらくメルカリ便は名前の通り初めての発送でも、そこまで難しくはありませんでした。

 

ただ初めて送るときは少し不安でしたので、初めての方はこのページを参考に発送をしてみてください。

 

また価格体系もわかりやすく場所によっては通常の宅急便よりかなりお得な価格になっていて確実に節約になります

 

これからも積極的に利用していきたいと思いました。

 

メルカリにまだ登録していない方は、こちらから登録ができます!!

 

招待コードを入力して頂けると最大10,000ポイントがもらえますよ!!

あわせて読みたい

招待コード入力で最大10,000ポイントGET!メルカリの招待コード【QDCVTQ】の入れ方

 

ABOUT ME
ごろー
2012年両親が自己破産、そこから昼食がうまい棒1本というド貧乏生活をする。現状を変えたく、駅前で配っているティッシュを使うなど節約生活を開始する。そこから這い上がり、中の上の生活が出来るようになった。所持クレジットカードは20枚、クレジットカード・ポイントのプロ。仮想通貨や投資信託も詳しい!今はお金のコンサルタントや節約メディアを運営。



海外に旅行・出張・留学で行くなら両替が最安でできるセディナカードJi!yu!da!がオススメ!!

海外に旅行・出張・留学で行くことが決まった!! そろそろ両替しないと!

 

海外で少しでも現金を使う場合、セディナカードJi!yu!da!の発行がオススメです!!

 

セディナカードJi!yu!da!を使って両替すると…

 

どの他の方法よりお得に両替することができます!

 

 

例えば20,000円をすべてユーロに両替する場合どれくらいの手数料がかかっているか知っていますか??

空港の両替所 1,500円
街中の両替所 3,280円
日本の銀行 1,100円
金券ショップ 980円
一般プリペイド・クレジットカード 500〜2,000円
セディナカードJi!yu!da! 31円

※2018年6月17日調べ、交換時の時価総額1EUR=128,4円

 

どの方法も1,000円(5%)程度の手数料がかかってしまうのですが、セディナカードで両替した場合は30円程度(0.15%)と圧倒的に安いのがわかっていただけると思います。

 

両替する金額が増えればこれに比例していくので、更に差が広がり損が拡大します!

 

逆にセディナカードを使えば手数料は最安で済み、浮いたお金をお土産代や現地の食事代に当てることができますよ!!

 

実際僕は浮かせたお金で美味しいごはんを食べ、友達や家族のお土産を買っていってあげました!

 

更にATMさえあれば両替ができるので、両替所を探す手間もありません。

 

そしてイオンではポイントが3倍、マルエツでは第2・4日曜日に5%オフで買い物ができ、普段の買い物の節約にも貢献します!!

 

もちろん年会費無料、発行手数料無料で作るリスクはありません。18歳以上の方なら誰でも申し込みが可能です。(学生・主婦の方も可)

 

今作れば最大6,000円分のポイントがもらえ、簡単なお小遣い稼ぎもできます!

 

もらえたポイントはAmazonで利用したり、nanacoにチャージしてセブン-イレブンで使い日用品や食費を浮かすことができます!!

 

▼申し込みはこちらから▼

セディナカードJi!yu!da!を無料で作る

 

 

もう少しセディナカードJi!yu!da!の詳細や実際の両替の仕方を知りたい方は以下も参考にしてみてくださいね!!

 

 

▼カードの詳細はこちら▼

セディナカードJi!yu!da!の詳細