回数券を購入して片道1回分の交通費を節約しよう

面白い記事がありましたらぜひシェアお願いします

 交通費を節約する方法に回数券を買う方法があります。

回数券とは?

 交通機関が一定期間内に、一定区間を複数回利用する人に対し、割引をして乗車券を発行します。これを回数券といいます。

正規料金の10倍の値段で11枚分の切符、有効期限は3か月という回数券が一般的です。

具体的には…  

  • JR池袋~JR有楽町の正規片道運賃は200円です。
  • 2000円でこの区間で使える回数券が11枚もらえます。
  • 1枚当たりの切符の値段は、2000÷11≒182円です。

IMG_5557

ちなみにこの区間のIC運賃は194円なので、それよりも12円お得です。

  片道運賃 
正規運賃  200円
IC運賃 194円
回数券(1回あたり) 182円(181.81円)

割引率で考えると約9%、消費税が丸々浮く感じでだいぶお得です

どんなときに有効か?

  1. 3ヶ月以内に同じ区間を確実に5往復(片道10回)以上
  2. 1ヶ月以内に往復する回数が16往復(片道32回)以下

この2つの条件に当てはまった場合、回数券が一番お得になります。

1に当てはまらない場合 ⇒ 回数券を3か月以内に使いきれず、余ってしまうため通常の正規運賃で乗ったほうがお得です。

2に当てはまらない場合 ⇒ 1ヶ月定期を買うほうがお得になります。

例えば先ほどの例で考えると…

  • 回数券の場合、1回の運賃は約181.81円
  • JR池袋~JR有楽町の1ヶ月の定期代は5,820円
  • 往復16回の一回あたりの運賃 5820÷32=181.875円 >約181.81円
  • 往復16.5回の一回あたりの運賃 5820÷33≒176.36円 <約181.81円

購入する区間によっては若干の誤差が出ると思います。あくまでも損益分岐点の目安が、往復16回くらいだということです。念のため各自計算してみて下さい。

団体行動の場合も回数券がお得

片道1回しかその区間に乗らなくても11人以上の団体で行動する場合は、回数券を使ったほうがお得です。集団での観光旅行、新歓などサークルや部活でまとまって移動をする場合使ってみてくださいね。缶ジュース1本分はお得になりますよ!

回数券の購入方法

JRの場合、みどりの窓口または指定席券売機で買うことができます。私鉄の場合も駅の券売機で購入できます。

JRの場合、クレジットカードを使って回数券を買うことができます。回数券を現金で買うメリットはほとんどありません。クレジットカードで回数券を購入し、ポイント分得しましょう。

私鉄は、カードが使えるかどうかは、各社によってそれぞれ異なるため駅員さんに尋ねてみてください。

回数券の注意点

上手く使えばお得になりますが、回数券にはリスクやデメリットもあります。

  1. 有効期限は3ヵ月である
  2. 切符を普段使い慣れていないためなくす場合がある
  3. 学割は使えない

特殊な回数券もある

一般的な回数券は、普通正規運賃の10倍の値段で11枚つづり、有効期限3ヵ月ですが、そうでないものがあります。代表的なのが土日切符です。

土休日回数券

 有効期限は3ヵ月と通常の回数券と同様なのですが、土日しか使えないという条件が付きます。その代わり正規運賃の値段の10倍の料金で14枚つづりとなり、大変お得になります。

image

土日のみ使用できる回数券を扱っている鉄道会社

首都圏:京成電鉄、東京メトロ、東急電鉄、京急電鉄、西武電鉄、京王電鉄、小田急電鉄etc.

関西:阪急電鉄etc.

※JRと都営地下鉄は発売していません。

時差回数券

 土休日回数券と似ている回数券です。

有効期限3ヵ月、土日休日の全日と平日の10時から16時まで使用可能、正規運賃の10倍の値段で12枚つづりというものです。

土休日回数券より割引率は劣りますが、使える時間帯が圧倒的に広くなります。土休日回数券を扱っている場合、時差回数券も同時に扱っている鉄道会社が多いです。

時差回数券と似たもので、昼間特割きっぷというものが、JR西日本から発売されています。JR西日本は私鉄と競合する区間が多いため、このような太っ腹な割引をしているのだと思います。

参考:昼間特割きっぷ

回数券をお得に使う小技

1.運賃が変わる限界の区間までを買う

 例えばJR池袋~JR秋葉原までの回数券がほしいとします。この区間の正規運賃は200円です。一方秋葉原駅から3駅先の有楽町までも切符の運賃は200円です。

このような場合、正直に池袋~秋葉原の回数券を買うのはもったいないです。池袋~有楽町までの切符を買いましょう。

池袋駅で「池袋~有楽町の切符」を使って入場し、秋葉原駅で降りることは、何の問題もなくできます。

「池袋~有楽町の切符」は「池袋~秋葉原の切符」に比べて使える駅が3つも増えます。万が一急用で秋葉原より先に行く用事ができた場合、「池袋~有楽町の切符」の切符ならば、問題なく使えますが、「池袋~秋葉原の切符」では余分に運賃を払わなければいけません。

切符を買うときは、運賃が変わる限界の区間までを買うのが鉄則です。

2.「2月」に注意する

 回数券は一般的に3ヵ月が有効期限になることが多いです。

例えば2月28日に回数券を購入した場合、有効期限は5月27日、一方3月1日に購入した場合、有効期限は5月31日となります。それぞれ有効期限日数で考えると前者は89日、後者は92日になります。

同じ回数券でも有効日数に差が出てしまうのです。2月を挟まない月に買うほうが、若干だけお得であることがわかります。

(これを応用すると、31日まである月に買うのがお得になることもわかります。)

スポンサーリンク

面白い記事がありましたらぜひシェアお願いします

フォローする

キャンペーンに参加して今月の生活をちょっと楽に!!

キャンペーンに参加して今月の生活をちょっと楽に!!

今月お金がちょっと厳しい、、ちょっとでも生活 楽にしたいな!!

 

そんなアナタにはYahoo Japanカードのキャンペーンがオススメです!!

 

現在Yahoo Japanカードを作成すると...

 

最大10,000円分のポイントがもらえます!

そのうち5,000ポイントはカード発行と同時にもらえます。最短2分!!

 

ここまですぐにポイントがもらえるカードは他にはありません。

 

もらえたポイントはYahooショッピング、LOHACO、ヤフオクで使うことが出来、食費などを浮かせることが出来ます!!

 

そしてYahoo Japanカードを使うたびに1%分のTポイントがもらえるので、常に節約ができます!!

 

もちろん年会費無料、発行手数料無料で、18歳以上の方なら誰でも申し込みが可能です。(学生・主婦の方も可)

 

更に通常は5,000ポイント程度しかもらえません。2017年5月18日までの期間限定なので、興味のある方は早めに申し込んでおいてくださいね!! 

 

申し込みはこちらから↓↓

Yahoo! JAPANカード

 

クレジットカードを作るのは不安、クレジットカードを作る前にもっと色々知りたい、ポイントの使い道がわからないという方はこちらから無料で相談も出来ます → LINE@

コメント

  1. 小池吉昭 より:

    大学生が泣いて感激。
    筆記関連グッツにはたくさんのポイントがついてるよ。