銀行

まだ手数料で消耗しているの?ATM手数料が完全無料!! 「新生銀行」の魅力と特徴

スポンサーリンク










まだATMに手数料払って消耗しているんですか? (どこかのブロガーさんのパクリ笑)

 

もし「ATMに手数料を払うのは仕方ない」という常識を持っているのであれば、さっさと捨てたほうがいいですよ!!

 

なぜなら、誰でも24時間365日どのATMでも手数料無料の銀行があるからです!!

 

その正体が「新生銀行」です!

 

僕はメガバンクにサヨナラして、新生銀行に切り替えてからATM手数料を一回も払ったことがありません。

 

3年ほど新生銀行を使ってきた僕が、メリット・デメリット含め徹底解説します。

 

この記事を読むとどうなるの??

この記事を読むと、、、

 

  • 新生銀行のメリット・デメリットがわかります→新生銀行を作る上での不安等を払拭できます。
  • ATMの手数料を一生支払わなくてすみます→年間で5,000円以上節約でき、銀行のためではなくあなたの好きなことにお金が使えます。
  • 手数料が無料になるATMを探す必要がなくなります→貴重な時間を潰さなくて済みます。

 

新生銀行はこんな人にオススメ

  • ATMを使う人全員
  • ネットバンクに抵抗があまりない方

 

ATMは使うけど手数料がもったいないと思っている方、絶対に新生銀行はオススメです。

 



スポンサーリンク







 

新生銀行の魅力と特徴

ATM手数料が無条件で誰でも24時間無料

新生銀行はATMの手数料(入金・出金・残高照会)が誰でも無条件に24時間無料です

 

手数料の体系がここまでシンプルな銀行は多分他にはないですよ!

 

%e6%96%b0%e7%94%9f%e9%8a%80%e8%a1%8c%e3%82%a4%e3%82%aa%e3%83%b3-2016-11-12-18-27-07

 

この前ローソンのATMで引き出しましたが、もちろん手数料は無料でした!!

%e6%96%b0%e7%94%9f%e9%8a%80%e8%a1%8c_000-21

仮に手数料108円のATMで月に4回おろす場合、年間で 108円×4×12= 5,184円 かかります。

 

ATM手数料を銀行にずっと払っていたら、毎年ゴミ箱に樋口さんを一枚捨てているようなものですよ。もったいなくないですか??

 

 

使えるATMとその数は?

新生銀行のキャッシュカードを使えるATMは全国で10万台ほどあります。

 

しかも全部手数料無料で使えます。

 

  • 新生銀行ATM
  • セブン銀行ATM
  • ローソンATM
  • イーネット(ファミリーマート)
  • ゆうちょ銀行ATM
  • イオン銀行ATM
  • PatSat
  • ビューアルッテ(出金のみ)
  • みずほ銀行ATM(出金のみ)
  • 三井住友銀行ATM (出金のみ)
  • 三菱東京UFJ銀行ATM (出金のみ)
  • りそな・埼玉りそな銀行ATM (出金のみ)
  • 三井住友信託銀行ATM (出金のみ)
  • 三菱UFJ信託銀行ATM (出金のみ)
  • みずほ信託銀行ATM (出金のみ)
  • あおぞら銀行ATM (出金のみ)
  • かながわ信用金庫ATM (出金のみ)
  • 商工中金のATM (出金のみ)

 

※メガバンク・ゆうちょのATMを利用した場合、手数料がレシートに記載されることがありますが、リアルタイムで新生銀行がキャッシュバックしてくれるので心配いりません。

 

参考写真1

 

参考スクリーンショット1

(準備中)

 

ただし、このようなATMではシステム上全額を引き出すことはできません。

 

全コンビニのATMとゆうちょ銀行のATMを網羅しているため、どこに行っても困ることは無いと思います。

 

おそらく日本で一番ATMを使いやすい銀行です。

 

またコンビニで手軽に引き出せるため、メガバンクのATMのように長蛇の列に並ばなくて済みます。

 

時間の節約にもなりますよね!!

 

ATMを使うと逆にポイントが貰える!!

毎月エントリーする必要はありますが、特定のATMで入出金をするとポイントが貰えます。

 

むしろ毎月ATMで入出金したほうがお得になるという、訳の分からない事態になっています。

%e6%96%b0%e7%94%9f%e9%8a%80%e8%a1%8c-2016-11-09-11-34-19

 

他行振込手数料も月1回まで無料

ネットからになりますが、月1回だけは他行(三井住友銀行など)への振込手数料が無料になります。地味にうれしいですね。

 

こちらも一部ATMと同様、一旦手数料を引き新生銀行がキャッシュバックする方式ですので、全額を振り込むことはできません。

 

新生銀行から新生銀行へは月に何回振り込んでも手数料は無料です

 

あえてあげる新生銀行のデメリット

新生銀行はほぼネットバンク

新生銀行はほぼネットバンクなので、ネットバンクならではのデメリットがあります。

 

  • 小銭を引き出しできない(1,000円単位でしか入出金できない)
  • 通帳がない(履歴はネットから確認)
  • 口座振替を取り扱ってない場合もある

 

小銭の入出金ができないことや通帳がないことは慣れてしまえば、大したことはありません。

 

日本学生支援機構の奨学金など口座振替ができない場合もありますが、この場合、みずほ銀行などと他の銀行と使い分けることで、解決できます

 

メインバンクとサブバンクを合わせて2つであれば許容範囲ではないでしょうか?

 

セキュリティが気になる方も新生銀行を緊急ATM引き出し用の口座として使えば、

 

ネットから履歴を見る必要はなくなり、犯罪に巻き込まれる危険性を大幅に減らすことができます。

 

 

ネットのデザインが悪い

新生銀行のマイページ(新生パワーダイレクト)はなんとなく古臭くてデザインのセンスがないです笑

 

そう思うのは僕だけでしょうか??

 

まあ、デザインが悪くても特に取引に影響はないので、そこまで気にしなくても大丈夫です。

 

%e6%96%b0%e7%94%9f%e9%8a%80%e8%a1%8c-2016-11-12-18-51-18

 

信用度格付けのランキングが低い

銀行の信用度の格付けランキングと言うものがあります。簡単に言うと銀行の信用度のランキングのようなものです。

 

%e6%96%b0%e7%94%9f%e9%8a%80%e8%a1%8c%e6%a0%bc%e4%bb%98%e3%81%91-2016-11-12-19-08-35

 

メガバンク・ネットバンク・新生銀行の格付け一覧

 

%e6%96%b0%e7%94%9f%e9%8a%80%e8%a1%8c%e6%a0%bc%e4%bb%98%e3%81%912016-11-12-19-08-39

(出典 : diamond

 

新生銀行は他のメガバンク・ネットバンクと比べるとランクが若干低いです

 

しかし万が一破綻しても、1,000万円までは保証されます。

 

なかなかこれ以上現金を預けておくケースは少ないので、ほとんど気にする必要はありません。

 

新生銀行の口座開設

口座開設条件は?

20歳以上の日本在住の方であれば誰でも作ることができます。

 

一方未成年者の場合も作ることはできますが、親権者が新生銀行の口座を持っている必要があり、更に親権者の同意も必要です。

 

ということで、20歳以上であれば口座開設条件はゆるく、未成年の方はかなりハードルが高いですね。

 

参考 : よくあるご質問・新生銀行

 

必要なもの

原則として本人確認書類があれば口座開設をすることができます。

 

ただし年齢とどのような方法を使うかで若干変わってくるので、詳しくはこちらをご覧ください。

 

 

口座開設方法は?

口座開設方法は4つあります。

 

 

ネットバンクの割には様々な口座開設方法がありいいですね。他のネットバンクより口座開設のハードルが下がると思います。

 

とはいってもインターネットからの申し込みが一番楽だと思います。

 

▼新生銀行の口座開設はコチラ▼

 

まとめ

  • 新生銀行はATM手数料が完全無料
  • 振込手数料も月1回まで無料
  • 未成年者の口座開設はちょっと難しい

 

新生銀行を使えばATMの手数料を完全無料にできるので、節約したいならなるべく早く新生銀行に切り替えたほうがお得ですよ

 

▼新生銀行の口座開設はコチラ▼

 

ABOUT ME
ごろー
2012年両親が自己破産、そこから昼食がうまい棒1本というド貧乏生活をする。現状を変えたく、駅前で配っているティッシュを使うなど節約生活を開始する。そこから這い上がり、中の上の生活が出来るようになった。所持クレジットカードは17枚、クレジットカード・ポイントのプロ。仮想通貨や投資信託もまあまあ詳しい!今はお金のコンサルタントや節約メディアを運営。



Yahoo! JAPANカードを発行して今月の生活をちょっと楽に!!

連休でお金を使ってしまったし、ハロウィンやクリスマス・お正月といったイベントもすぐ来ちゃうから節約しないと

 

そんなアナタにはYahoo! JAPANカードの発行がオススメです!!

 

現在Yahoo! JAPANカードを作成すると…

 

最大8,000円分のポイントがもらえます!

 

 

そのうち3,000ポイントはカード発行と同時にもらえます。最短2分!!

 

ここまですぐにポイントがもらえるカードは他にはありません。

 

もらえたポイントはYahooショッピング、LOHACO、ヤフオクで使うことが出来、食費などを浮かせることが出来ます!!

 

僕自身も、もらった一部のTポイントでお買い物し、食費を4,000円程度浮かせました

 

 

そしてYahoo! JAPANカードはAmazonや楽天などYahoo以外でも使うことができ、1%分のTポイントがもらえるので、常に節約ができます!!

 

もちろん年会費無料、発行手数料無料で、18歳以上の方なら誰でも申し込みが可能です。(学生・主婦の方も可)

 

▼申し込みはこちらから▼

Yahoo! JAPANカード