銀行

【ATM手数料と振込手数料が無料】住信SBIネット銀行の特徴とメリットまとめ

スポンサーリンク










住信SBIネット銀行ってご存知ですか? 名前がちょっと怪しげのため、不安に感じるかもしれません。

 

しかし住信SBIネット銀行は、ネット証券大手のSBI証券と三井住友信託銀行の共同出資によりできた銀行です。



スポンサーリンク







 

ATM手数料が無料だったり、振込手数料も無料だったり、他の銀行より優遇されている部分もたくさんあります!!

 

今回は住信SBIネット銀行のメリット・特徴を具体的にまとめました!!

 

こんな方にオススメ

おすすめしたいのは「銀行に支払う手数料を節約したい人」ですね!

 

大手のメガバンクではなかなか手数料ゼロにするのは難しいですが、「住信SBIネット銀行」を使えば簡単にできますよ!!

 

一度銀行口座を作ってしまえば、半永久的にできる節約術なので、、こういうことは早くやるのがオススメです!

 

また仮想通貨の口座入金は住信SBIネット銀行を使っているところが多く、手数料の面でお得です!

 

住信SBIネット銀行の詳細・特徴

  • 無条件で月1回振込手数料無料
  • 無条件で月2回ATM手数料無料
  • 条件次第で最大15回まで振込手数料・ATM手数料無料
  • 住信同士の振込は常に無料
  • 残高照会・入金は常に無料
  • 通帳…なし
  • 口座開設15歳以上から可能
  • SBI証券と連携
  • 定額自動振込サービスがある
  • 仮想通貨の口座入金と相性が◎

 

他行あての振込手数料が無条件で月1回まで無料

住信SBIネット銀行では、他行あての振込手数料が無条件で月1回まで無料になります。

 

  • 住信SBIネット銀行⇒三井住友銀行  
  • 住信SBIネット銀行⇒セブン銀行    
  • 住信SBIネット銀行⇒楽天銀行     

 

つまり上のどの銀行に振り込んでも手数料は0円です

楽天銀行は以前手数料がかかっていましたが、今はかかりません。

 

三井住友銀行やセブン銀行は同行への振込でも手数料がかかるため、お得ですよね。

 

更にメガバンクは曜日やATMなど条件が変わると手数料も変わるなどと手数料の体系が複雑です。そういう面倒さがないところもメリットです。

 

僕は以前メガバンクで間違えて祝日にATMで振り込んでしまったため手数料がかかってしまいました。

 

銀行までわざわざ行ったのに手数料払うというのは悲しいですね。。住信SBIネット銀行を使っていれば、自宅で振込できラクで手数料も払わず済んだのに。。

ufjfurikomi

 

また、新生銀行とは異なりキャッシュバック方式ではないので、口座にある全額を振り込むことも可能です。

 

住信SBIネット銀行(同行)への振込は常に無料です。これは月1回までの振込手数料無料回数にカウントされません。

 

振込の方法

振込は住信SBIネット銀行HPにいき、ログインすると行うことができます。(提携ATMからの振込はできません。)

 

ログイン後は上のバーの「振込・振替・支払」をタップし、後は口座番号・振込依頼人名・金額などを入力して振込します。

 

また振込手数料無料回数は振込をする前に確認することができます。小さいですが、振込手数料無料回数:今月あと1回」と書いてあるのが確認できると思います。

sbi%e9%8a%80%e8%a1%8c-2016-11-27-3-00-03

 

振込手数料無料回数をオーバーした場合は?

振込手数料無料回数をオーバーしてしまった場合は、1回につき税込154円かかります。他の銀行に比べれば良心的な値段設定になっています。

 

新生銀行など他の手数料無料の銀行と併用するのもオススメです。

 

あわせて読みたい

まだ手数料で消耗しているの?ATM手数料が完全無料!! 「新生銀行」の魅力と特徴

 

ATM(引き出し)手数料が月2回まで無料

住信SBIネット銀行は提携ATMで手数料が月2回まで無料になります。提携ATMはこんな感じです。

 

  • ゆうちょ銀行
  • セブン銀行
  • イオン銀行
  • ビューアルッテ
  • ローソンATM
  • E-net

 

特にゆうちょ銀行のATMが使えるのは大きいですよね。地方に行っても大体ゆうちょのATMならあるので、困ることはありません。

 

入金、残高照会は完全無料

入金と残高照会は完全無料です。なお出金は無料回数の上限を超えると1回につき税込108円かかります。

 

実際使ってみました

住信SBIネット銀行のキャッシュカードを土曜日の朝7時過ぎにVIEWアルッテで使ってみました。

sbi3

メガバンクであれば、時間外手数料を取られてしまう時間帯ですよね。しかし住信SBIネット銀行であれば、ATM手数料はかかりません。写真にもしっかり0円となっていますね。

 

このビューアルッテの近くに、他の人の明細が捨てられていましたが、手数料を取られていて、ちょっとだけ得した気分になりました(笑)

 

スマートプログラムとは?

住信SBIネット銀行では振込手数料が月1回まで、ATM引き出し手数料が月2回まで無料でした。しかし少し物足りなくないですか??

 

住信SBIネット銀行では、ランク制度がありそれを「スマートプログラム」といいます。ランクに応じて振込手数料・ATM引き出し手数料の無料回数の上限を引き上げることができます。

 

sbi%e9%8a%80%e8%a1%8c-2016-11-27-3-36-45

 

ちなみにランク1がデフォルト(無条件)です。

 

ランクの判定条件

ランクの判定条件です。結構複雑なので、スクショを貼り付けました。

sbi%e9%8a%80%e8%a1%8c-2016-11-27-3-40-49

(出典 : 住信SBIネット銀行

 

ランク2は割りと誰でも目指せる!!

ランク2は割りと誰でも簡単に目指せます。ランク2は振込手数料が月3回まで、ATM引き出し手数料が月5回まで無料になります。

 

ランク2の条件は月末の残高が1,000円以上あり

 

  • 給料の受取
  • Visaデビットの利用額が月10,000円以上
  • SBIハイブリッド預金
  • 外貨預金

 

のどれか2つをクリアすればいいだけです。SBIハイブリッド預金は、ただホームから振替えるだけなので簡単です。外貨預金も1ドルさえ入っていれば良いようです。

 

また30歳未満であれば、月末の残高が1,000円以上あれば無条件でランク2になります。

 

僕が思う住信SBIネット銀行のデメリット

最強とまでは言えませんが、住信SBIネット銀行は便利な銀行であることは確かです。しかし弱点も少しあります。

 

僕なりに使ってみて感じたデメリットをまとめてみました。

 

  1. ネット専業銀行であること(1,000円単位でしか入出金できないなど)
  2. 名前が長い(記入する際とか面倒です笑)
  3. まだ銀行として浸透していない(以前住信SBIネット銀行のキャッシュカードを紛失してしまい交番に連絡したら、めちゃくちゃ怪しい顔されました笑)

 

でもどれも、そこまで使う上で支障をきたすものではありません。ネット銀行に抵抗がある方でも、使ってみるとメリットのほうが大きいことがわかると思います。

 

百聞は一見にしかずです。この記事をきっかけにとりあえず使ってみてくれると嬉しいです!

 

まとめ

いかがでしたか?? 住信SBIネット銀行は誰でも無条件で振込手数料が月1回まで、ATM引き出し手数料が月2回まで無料にできます。

 

ATM出金と振込をこの銀行に集中させれば、年間2,000円くらいの節約はできると思いますよ!!

 

さらにこれでは物足りない人は、スマートプログラムでランクアップすることにより更に無料回数の上限を上げることができます。(最高それぞれ15回まで)

 

早速口座開設をしてみよう!!

住信SBIネット銀行は日本在住の15歳以上の人なら口座開設ができます。口座開設に手数料は一切かかりません。

 

口座開設方法は「オンライン」と「オンライン+郵送」の2種類あります。15歳以上18歳未満の方は「オンライン+郵送」の方法のみなど制限はありますが、そこまで難しくなく簡単に口座開設できます。

 

 

 

ABOUT ME
ごろー
2012年両親が自己破産、そこから昼食がうまい棒1本というド貧乏生活をする。現状を変えたく、駅前で配っているティッシュを使うなど節約生活を開始する。そこから這い上がり、中の上の生活が出来るようになった。所持クレジットカードは20枚、クレジットカード・ポイントのプロ。仮想通貨や投資信託も詳しい!今はお金のコンサルタントや節約メディアを運営。



海外に旅行・出張・留学で行くなら両替が最安でできるセディナカードJi!yu!da!がオススメ!!

海外に旅行・出張・留学で行くことが決まった!! そろそろ両替しないと!

 

海外で少しでも現金を使う場合、セディナカードJi!yu!da!の発行がオススメです!!

 

セディナカードJi!yu!da!を使って両替すると…

 

どの他の方法よりお得に両替することができます!

 

 

例えば20,000円をすべてユーロに両替する場合どれくらいの手数料がかかっているか知っていますか??

空港の両替所 1,500円
街中の両替所 3,280円
日本の銀行 1,100円
金券ショップ 980円
一般プリペイド・クレジットカード 500〜2,000円
セディナカードJi!yu!da! 31円

※2018年6月17日調べ、交換時の時価総額1EUR=128,4円

 

どの方法も1,000円(5%)程度の手数料がかかってしまうのですが、セディナカードで両替した場合は30円程度(0.15%)と圧倒的に安いのがわかっていただけると思います。

 

両替する金額が増えればこれに比例していくので、更に差が広がり損が拡大します!

 

逆にセディナカードを使えば手数料は最安で済み、浮いたお金をお土産代や現地の食事代に当てることができますよ!!

 

実際僕は浮かせたお金で美味しいごはんを食べ、友達や家族のお土産を買っていってあげました!

 

更にATMさえあれば両替ができるので、両替所を探す手間もありません。

 

そしてイオンではポイントが3倍、マルエツでは第2・4日曜日に5%オフで買い物ができ、普段の買い物の節約にも貢献します!!

 

もちろん年会費無料、発行手数料無料で作るリスクはありません。18歳以上の方なら誰でも申し込みが可能です。(学生・主婦の方も可)

 

今作れば最大6,000円分のポイントがもらえ、簡単なお小遣い稼ぎもできます!

 

もらえたポイントはAmazonで利用したり、nanacoにチャージしてセブン-イレブンで使い日用品や食費を浮かすことができます!!

 

▼申し込みはこちらから▼

セディナカードJi!yu!da!を無料で作る

 

 

もう少しセディナカードJi!yu!da!の詳細や実際の両替の仕方を知りたい方は以下も参考にしてみてくださいね!!

 

 

▼カードの詳細はこちら▼

セディナカードJi!yu!da!の詳細