【中国に行く方必見!!】日本で発行できる「銀聯カード」の一覧と比較まとめ

面白い記事がありましたらぜひシェアお願いします

突然ですが、中国本土で1番使われているクレジットカードはご存知ですか??

スポンサーリンク


中国本土では、VISAカードやMaster Cardではなく、中国オリジナルの「銀聯カード」が最も使われています。

特に中国の小規模な店舗ではVISA、Master Cardは使えないけど、銀聯カードだけは使えるといったお店が結構あります

そのようなとき銀聯カードを持っていないと、現金払いを強いられ、とっても不便なのです。

なぜ「現金払い」が不便なのか?? それは中国国内での人民元の信用度が低いからです。

日本では、200円のお買い物をする際に、1万円を出しても問題なく取引ができます。

しかし中国では偽札のリスクがあるため、お店側が断ってしまうのです

また、中国の最も高額の人民元の紙幣は100元(1,600円程度)なので、10,000元など高額の商品を買う場合は、

100枚偽札かどうか調べないといけないため、こちらもお店側に断られるケースがあります

しかし、銀聯カードを持っていればそのような心配は不要です

今回は、中国へ旅行・出張・留学へ行かれる方のために、日本で発行できる銀聯カードについてまとめました!!

この記事を読むとどうなるの??

日本で発行できる銀聯カードがわかり、比較ができます!

それにより中国に行ったとき、盗まれたり偽造のある危険な現金を使わず、安全なカードでお買い物ができます

カードを持っていれば、現金を大量に持っていて、ひったくりや置き引きにあい、お金を失うといったことを未然に防げます。

もし多額の現金を失ってしまったら、せっかくの旅行や留学などが台無しですよね。

また帰国前、多少お金が足りなくなっても、日本にいる家族に送金などをしてもらう必要なくお買い物することも出来ます。

日本で発行できる銀聯カード

リクルートカードVISA(クレジットカード)

リクルートカードVISAは、追加で銀聯カードを発行することが出来ます。

リクルートカードのJCBは、発行元の関連上「銀聯カード」は作れないので注意して下さい

クレジットカードなので、中国のATMから現金が引き出せるわけではありません。その点は注意が必要です。

  • 年会費…無料
  • 新規発行手数料…無料(2018年6月までの期間限定)
  • 更新手数料…1,080円
  • ショッピング枠…10万円から100万円
  • 1,000円につき12ポイント(ポイント還元率1.2%)
  • 利用手数料…2.5%
  • 発行資格…18歳以上(高校生を除く)
  • 発行日数…2週間程度

更に海外旅行保険(利用付帯)もついているので、カードを使っていれば、万が一の事故があったとき、多少保険金がおります。

因みに発行までにかかる日数は、2週間程度(2017年11月日申込→2017年12月2日到着)だったので割りと遅めです

中国に行く予定のある方はなるべく早めに作っておきましょう!!

▼リクルートカードはこちらから作れます▼

三井住友銀聯カード(クレジットカード)

三井住友銀聯カードは、その名の通り、三井住友カードが発行しているクレジットカードです。

通常の柄とパンダ柄の2種類から選べます。銀聯マークのある中国のお店で使うことが出来ます。

クレジットカードなので中国のATMでお金が引き出せるわけではない点には注意が必要です。

三井住友というだけあり、安心感が持てるのも1つの特徴です。

  • 年会費…無料
  • 新規発行手数料…無料(期間限定)
  • 更新手数料…1,080円
  • ショッピング枠…10万円から80万円
  • キャッシング枠…0円
  • 1,000円につき1ポイント(ポイント還元率0.5%)
  • 利用手数料…2.5%
  • 発行資格…18歳以上(高校生除く)
  • 発行日数…最短3日

貯まるポイントは「ワールドプレゼント」です。ANAマイルや楽天ポイントなどへ交換が可能です。

詳しくはこちらにまとめてあります!!

あわせて読みたい

三井住友カードのポイント「ワールドプレゼント」を徹底調査! お得なポイントの使い道と貯め方

中国工商銀行のデビットカード

中国系の銀行である「中国工商銀行」の口座を開くと、デビットカードが作れます。

中国工商銀行は、池袋と大阪に在日支店があり、そこで口座開設とデビットカードを作ることが出来ます。

  • 年会費…1,080円
  • 新規発行手数料…無料
  • ショッピング枠…10万人民元/日
  • 利用手数料…0%
  • 発行資格…特になし

今のところ利用手数料が一切かからない点は、とてもいいですね!(円→元にする際に手数料はかかります)

但し年会費がかかるため、毎年定期的に中国へ行く方でないと損をしてしまう可能性が高いです

デビットカードの詳細や、在日支店の場所はこちらから確認できます!!

中国銀行のデビットカード

中国系の銀行である「中国銀行」の口座を開くと、デビットカードが作れます。

中国銀行は、東京・名古屋・横浜など数ヶ所に支店があり、そこから口座開設&デビットカードを発行することが出来ます。

  • 年会費…1,000円
  • 新規発行手数料…無料
  • 更新手数料…1,500円
  • ショッピング枠…2万人民元/日
  • 利用手数料…1%
  • 発行資格…特になし

年会費や決済手数料だけ見ると、中国工商銀行の方がお得かもしれません!

NEO MONEYのプリペイドカード

18歳未満でクレジットカードが発行できない、近くに中国系の銀行がないのでデビットカードは発行できない。

といった方には、NEO MONEYの銀聯プリペイドカードがおすすめです。

発行に審査がないため、中学生や高校生、フリーターの方でも簡単に作れます。

発行にかかる手数料は全て無料なので、作っておいて損は一切ありません。

  • 年会費…無料
  • 新規発行手数料…無料
  • 更新手数料…無料
  • ショッピング枠…チャージした分のみ
  • 利用手数料…4%
  • 発行資格…13歳以上(高校生除く)
  • 発行日数…最短3日

ノーリスクで作れるので、中国に行くことが決まっている方は、気軽に作ってみて下さいね。

▼NEO MONEYはこちらから作れます▼

VISA等が使えればそちらのほうがお得

銀聯カードを中国で使った場合、2.5%の手数料が為替レートに対して上乗せされます。

一方VISAを中国で使った場合、1.63%の手数料が為替レートに対して上乗せされます。

大体1%くらい変わってきてしまうのです。

もしあなたが使うお店がVISAと銀聯の両方に対応していたら、VISAを使ったほうがお得です。

まとめ

いかがでしたか、日本で作れる銀聯カードは、数種類とそこまで多くないのが現状です。

その中でも、年会費・ポイント還元率・発行手数料・審査の難易度などを踏まえると、「リクルートカード」が1番オススメです

特に年会費は無料なので、発行するリスクは0です。

発行までに1〜2週間はかかるのでなるべく早く、作っておいて下さいね!

▼リクルートカードはこちらから作れます▼

クレジットカードの発行が難しい方は「NEO MONEY」がオススメです。

▼NEO MONEYはこちらから作れます▼

「カードを作るのはなんとなく不安」、「もっとカードについて詳しく知りたい」など思っている方へ

カードを作る前にLINEで僕に相談することも可能です!!

>>LINE@に登録する

スポンサーリンク

面白い記事がありましたらぜひシェアお願いします

フォローする

キャンペーンに参加して今月の生活をちょっと楽に!!

キャンペーンに参加して今月の生活をちょっと楽に!!

年末年始はクリスマスやお正月のようなイベントだらけでお金が必要!!だから今月は貯金しないと、、

 

そんなアナタにはYahoo! Japanカードのキャンペーンがオススメです!!

 

現在Yahoo! Japanカードを作成すると…

 

最大13,000円分のポイントがもらえます!

 

 

 

そのうち5,000ポイントはカード発行と同時にもらえます。最短2分!!

 

ここまですぐにポイントがもらえるカードは他にはありません。

 

もらえたポイントはYahooショッピング、LOHACO、ヤフオクで使うことが出来、食費などを浮かせることが出来ます!!

 

僕自身も、もらった一部のTポイントでお買い物し、食費を4,000円程度浮かせました

 

 

そしてYahoo JapanカードはAmazonや楽天などYahoo以外でも使うことができ、1%分のTポイントがもらえるので、常に節約ができます!!

 

もちろん年会費無料、発行手数料無料で、18歳以上の方なら誰でも申し込みが可能です。(学生・主婦の方も可)

 

更に通常は5,000ポイント程度しかもらえません。

 

今のように13,000ポイントもらえるのは期間限定なので、興味のある方は今すぐ申し込んでおいてくださいね!!

 

申し込みはこちらから↓↓

 

LINE@

LINE@

LINE@でブログでは書けないお小遣い稼ぎの方法や、コンビニのおにぎり100円セールなど、

 

様々な情報を流していきます。あなたのLINEにオトクな情報が届きますよ!!

 

更に今、登録していただいた方全員に、節約を始める前に必要なたった1つのことと今日からできる超基本の節約行動3選をPDFにてプレゼント中!

 

既に節約を始めている方も、基本のキの部分なので、改めて確認してみて下さい。

 

もう家計がキツイなんて言わせませんよ!!

 

▼詳しくはコチラをクリック▼