【都市ガスの自由化開始!】努力しないでガス代が数%安くなる??「ニチガス」の料金・メリット・危険性まとめ

面白い記事がありましたらぜひシェアお願いします

2017年4月からいよいよ都市ガスの自由化が始まりました。

(出典 : GATAG 著作者 : Free Download Web様)

簡単にいうと今までは「東京ガス」しか選べなかったのですが、2017年4月以降は自由にガス会社を選ぶことが出来ます。

つまり安いガス会社に乗り換えてしまえば、何も努力せずガス代が節約出来てしまうのです

今回は「東京ガス」からの乗り換え先として有力な「ニチガス(都市ガス)」についての基本情報・料金体系・危険性などをまとめました。

ちょっとでもガス代を楽に浮かせたい方は必見です!!

また私自身も契約するまでに抱いた疑問とその回答もまとめましたので、興味はあるけど「ニチガス」に切り替えるのがちょっと不安な方も、ぜひ見て下さい!!

「ニチガス」はこんな方にオススメ

  • 東京ガスを現在使っている方
  • ガス代を数%でも安くしたい方
  • 努力しないでガス代を節約したい方

スポンサーリンク


供給エリアは??

「東京ガス」の供給エリアを中心とした関東の1都6県です。

(参考 : 東京ガス 供給エリア

切替可能対象者

ニチガスに切り替えることの出来るのは、現在「東京ガス」、「東部ガス」、「鷲宮ガス」、「栃木ガス」を使っている方のみです。

もともとこれ以外の都市ガスを使っている方や都市ガスをそもそも使っていない方は、今回の自由化で切り替えることはできません。

ニチガスの料金体系

公式サイトでは、料金の詳しい説明を探すのが非常にわかりにくいため、こちらでまとめておきました。

プレミアム5+プラン

東京ガスでの一般的なプランに対応するものが「プレミアム5+プラン」となります。基本的にはこれを契約することになります。

料金表

参考(東京ガスの料金)

東京ガス VS ニチガス

恐らく上の表だけ見ても、安いのかどうか正直良くわからないと思います。

ただ、結論として毎月6㎥以上使う家庭であれば、東京ガスより確実に安くなります

例)毎月30㎥のガスを使う方

基本料金 従量料金 1ヶ月の料金 1年の料金
東京ガス 1036.80円 128.08円×30 4879.20円 約58,550円
ニチガス 1057.97円 121.68円×30 4708.37円 約56,500円

何も努力せず、1年でなんと約 2,050円 の節約が可能です!!

※実際は前の月の使用量に区分が影響することや燃料調整費があるため、若干この結果とはズレますが、お得であることには変わらないです。

使用量やガス会社は人によって異なるため、より詳しく知りたい方は、こちらから何%お得になるか調べることが出来ます↓↓

各種割引

キャンペーンなどでガスの料金を更に安くする方法があります。

(参考 : ニチガス

とくにスイッチング・キャンペーンは初回のみですが、2,000円割引なので節約効果はかなり高いかと思います。

電気のセット割は、関東最安の「エルピオでんき」があるため、あまりオトクではありません。

ニチガスのデメリット

一般的には東京ガスのプランより若干安くなるのですが、、

  • ガスの使用量が月間5㎥以下の方
  • 選択約款プラン(オトクなガス料金プラン)を契約している方

はニチガスに乗り換えることで高くつきます。これらに該当する方は、乗り換えることが完全にデメリットとなります。

※エコウィル、エネファームなどを契約している方は選択約款で契約している可能性が高いです。

ニチガスに不安や疑問を質問してみた

初月は日割り計算されるか??

ガスを切り替える際に、検診日がずれてしまった場合、日割りになるのか疑問でした。

これについては、「ニチガス」が東京ガスなど以前の使用していたガス会社と相談して検診日ちょうどで切り替わるようにしてくれるそうです。

そのため日割りにはならないですが、調整してくれるため、切り替えるタイミングで料金が割高になるという心配はありません。

違約金はあるか?

個人的に一番気になっていたのは「違約金があるかどうか」でした。

2017年3月23日にニチガスに電話してみたところ、、、「違約金は無い」とのことでした。

契約期間も特に決まっておらず、今後新しい魅力的なプランが出た場合切り替えても問題は無いようです。

燃料調整費は東京ガス同じか?

ガス料金は基本的に毎月「燃料調整費」が決められており、それによって価格が変動します。

仮にこの「燃料調整費」が、ニチガスと東京ガスで異なった場合、一概に安いとはいえなくなります。

しかしこちらも東京ガスの燃料調整費に準ずるため、特に心配する必要は無いとのことでした。

急に料金体系が変わることはあるか??

ニチガスはもともとプロパンガスを販売している会社で、プロパンガスに関しての口コミを見てみるとなんだか悪いうわさばかり。。

「切り替えるのは危険なんじゃないか?」とちょっと心配になりました。

そこで思い切って「徐々に値上げすることはありますか?」と聞いたところ、「その予定は一切ないし、万が一そのような事になった場合事前に連絡してくれる」とのことでした。

またあまりにも不当な値上げがあった場合、経済産業大臣が業務改善命令を下すことが出来るため、極端な値上げは無いかと思います。

最悪値上げされても、他に切り替えればいいだけなので、特に心配する必要はなさそうです。

支払い方法は??

支払い方法は、口座振替、クレジットカード、ビットコインのいずれかになります。口座振替では割引がないため、クレジットカード払いのほうがお得になります!!

クレジットカードをまだ持っていない方はこちらがオススメです。

契約に手数料はかかる??

もともと対象の都市ガスを利用されていた方は、契約に手数料は一切かかりません

但し東京ガスなど以前使用していた会社から解約金を請求される場合があります。

※基本的には無いのですが、エネファームなどの設備投資などをしていると何かしらの解約金を請求される可能性はあります。詳しくは前のガス会社に問い合わせするのが一番です。

ガス漏れした場合は??

ガス漏れした場合は、東京ガスなど地域の代表の都市ガス会社に連絡し対応してくれます。

地震などの災害での復旧も同様です。ニチガスだから復旧が遅れるということはありません。

検針票は??

検針票は毎月何かしらの形で送られてきます。詳しくは実際に送られてきたら、ここで紹介しようと思います。

マイページから料金の確認をすることも可能だそうです。

申し込みからガス切り替えまでの流れ

申し込みをしてから完全にガスが切り替わるまでの流れをまとめてみました。

  1. 申し込みフォームに記入する
  2. 受付完了メールが届く
  3. メール受信の2週間後あたりに申し込みの郵便物が届く
  4. 返送し、後は切り替えを待つ(郵送後の最初の検診日に切り替わります)

電力自由化のような「スマートメーター」取替工事などは特にありません。基本的には送られていた書類を返送した後は何もしなくてOKです。

まとめ

いかがでしたか、東京ガス管轄の方で、毎月6㎥以上使っている方は、「ニチガス」に切り替えるだけで数%程度(毎月30㎥使用する方は年間で約2,000円)の節約が出来ます。

一回切り替えてしまえば、後は普段通りガスを使うだけなので、非常に簡単に出来る節約です。

切り替えの申し込みはたった1分程度でできるので、ガスの検針票をもって是非、やってみて下さい。

スポンサーリンク

面白い記事がありましたらぜひシェアお願いします

フォローする

キャンペーンに参加して今月の生活をちょっと楽に!!

キャンペーンに参加して今月の生活をちょっと楽に!!

9月は小旅行などで、お金をちょこちょこ使ってしまいちょっと厳しい、、あと5,000円くらいあればやっていけるんだけど、、

 

そんなアナタにはYahoo Japanカードのキャンペーンがオススメです!!

 

現在Yahoo Japanカードを作成すると…

 

最大14,000円分のポイントがもらえます!

そのうち5,000ポイントはカード発行と同時にもらえます。最短2分!!

 

ここまですぐにポイントがもらえるカードは他にはありません。

 

もらえたポイントはYahooショッピング、LOHACO、ヤフオクで使うことが出来、食費などを浮かせることが出来ます!!

 

そしてYahoo JapanカードはAmazonや楽天などYahoo以外でも使うことができ、1%分のTポイントがもらえるので、常に節約ができます!!

 

もちろん年会費無料、発行手数料無料で、18歳以上の方なら誰でも申し込みが可能です。(学生・主婦の方も可)

 

更に通常は5,000ポイント程度しかもらえません。

 

今のように14,000ポイントもらえるのは2017年11月4日までの期間限定なので、興味のある方は今すぐ申し込んでおいてくださいね!!

 

申し込みはこちらから↓↓

 

LINE@

LINE@

LINE@でブログでは書けないお小遣い稼ぎの方法や、コンビニのおにぎり100円セールなど、

 

様々な情報を流していきます。あなたのLINEにオトクな情報が届きますよ!!

 

更に今、登録していただいた方全員に、節約を始める前に必要なたった1つのことと今日からできる超基本の節約行動3選をPDFにてプレゼント中!

 

既に節約を始めている方も、基本のキの部分なので、改めて確認してみて下さい。

 

もう家計がキツイなんて言わせませんよ!!

 

詳しくはコチラを見て下さい↓↓