交通費節約

都内をJRで移動するなら、750円で丸一日使える都区内パス(JRフリー切符)が安くて便利

スポンサーリンク










都区内をJRで一日何回も移動する場合は「都区内パス」が便利で、節約ができます。

image

 

なんと23区内の駅であれば、たった750円で一日何回も乗り降りできます。

 

今回は都区内パスの使い方や購入方法などを詳しく解説します。

 

都区内パスとは?

都区内パスは東京23区内の普通・快速列車が1日(日付またいだ終電まで)乗り降り自由になるきっぷです。区間内であれば何回でも電車に乗れます。

 

使えるエリア

%e9%83%bd%e5%8c%ba%e5%86%85%e3%83%91%e3%82%b9112-1

 

きっぷの料金は大人750円、子ども370円です。都区内のJRを1日に何回か使う場合、簡単に元が取れます。

 

使い方

都区内パス(上の写真のきっぷ)を購入して、改札に入れるだけです。きっぷを取り忘れないようにしましょう。購入した当日であれば何回でも使うことができます。

 

購入方法は?

都区内の駅の指定席券売機から購入することができます。注意してほしいのは都区内の駅以外では買えません

siteisekikenbaiki

僕はJR川口駅で購入しようとしましたが、川口駅は埼玉県の駅なので出来ませんでした。。

みどりの窓口でも買えません

購入までの流れ

まず都区内の駅の指定席券売機に行きます。

siteisekikenbaiki

パネルの具体的な操作方法

image

 

まず右下の乗車券、普通回数券、買いまちがい払いもどしを押します。

image

 

左上の「東京23区内JR1日乗り降り自由都区内パス」をタッチします。

image

 

都区内パスを使う日にちを選択します。

image

 

何人で使うか選択します。人数が多い時はまとめて購入も可能です。

image

 

人数等に問題がなければ右下の「確認」をタッチします。

image

決済をします。決済方法は3つの中から選べます。

 

  1. 現金
  2. クレジットカード
  3. IC乗車券(suica等)

 

それぞれの決済方法に応じて、代金の支払いをしましょう。

image

徹底的に節約するなら現金以外の決済がお得ですよ!!

 

ちなみに僕はViewカードについているSuicaで決済しました。Viewカードの場合、Suicaとクレジットカード機能が付いているので選択ができます。

image

 

代金を支払うと領収書発行画面が出ます。

image

しばらくしてきっぷが出てくるので、それを受け取って終了です。大体2分あれば完了すると思います。慣れてしまえばもっとかからないと思います。

 

実際使ってみた

僕は実際9月27日に使ってみました。一回買ってしまえば、何回も買う必要がないので、使い勝手は良かったです。

 

使用区間 IC運賃
赤羽〜秋葉原 216円
秋葉原〜新宿 165円
新宿〜渋谷 154円
渋谷〜西荻窪 216円
西荻窪〜池袋 302円
合計 1053円

 

都区内パスは750円なので、303円節約ができました。

 

番外編 : 往復するだけで元が取れる区間もある

一部の区間を1日で往復する場合は普通にSuicaで乗るよりも、都区内パスの方が安くなります。

 

一部の例

区間 IC往復運賃 節約額(往復運賃−750円)
赤羽〜蒲田 928円 178円
金町〜西大井 928円 178円
日暮里〜蒲田 776円 26円
新小岩〜西大井 776円 26円
浮間舟渡〜蒲田 1,100円 350円
西荻窪〜葛西臨海公園 1,100円 350円

 

マイナーな区間が多いですね笑、これ以外にも往復で元が取れる区間が存在します。こちらのページを参考にしてください。

 

 

お得なコラボキャンペーンもあるかも!

期間限定・不定期ですが都区内パスを提示してNew Days、KIOSKが10%オフになるキャンペーンが行われています!!

 

おでかけついでにNew Daysで飲み物を買ったりする方は、更にお得になります!

 

まとめ

都区内パスは1日に何回もJRの都区内の駅を乗り降りしても運賃は750円ですみます!

 

乗り降りする回数が多ければ多いほど、お得になり、場合によってはランチなどがまかなえてしまいます!!

 

また都区内パスが使える端から端の移動の時は、普通にSuicaで乗るより安く使うことができます

 

是非都区内のJRの駅を一日に何回も乗り降りする際は使ってみて下さい!!

 

ちなみにメトロの駅を何回も乗り降りする場合は、コチラの東京メトロ24時間券がオススメです!

 

あわせて読みたい

都内をまわるなら「東京メトロ24時間券」がオススメ!一日何度も使えて600円

 

ちなみに購入はクレジットカード払いがお得です! JR東日本のViewカードのSuicaで購入すると1.5%分のポイントが貯まります(通常のクレカの3倍)

 

あわせて読みたい

Suicaチャージでポイントが貯まる!電車に乗るだけで年間3,000円の節約「ビュー・スイカカード」の詳細・特徴まとめ



海外に旅行・出張・留学で行くなら両替が最安でできるセディナカードJi!yu!da!がオススメ!!

海外に旅行・出張・留学で行くことが決まった!! そろそろ両替しないと!

 

海外で少しでも現金を使う場合、セディナカードJi!yu!da!の発行がオススメです!!

 

セディナカードJi!yu!da!を使って両替すると…

 

どの他の方法よりお得に両替することができます!

 

 

例えば20,000円をすべてユーロに両替する場合どれくらいの手数料がかかっているか知っていますか??

空港の両替所 1,500円
街中の両替所 3,280円
日本の銀行 1,100円
金券ショップ 980円
一般プリペイド・クレジットカード 500〜2,000円
セディナカードJi!yu!da! 31円

※2018年6月17日調べ、交換時の時価総額1EUR=128,4円

 

どの方法も1,000円(5%)程度の手数料がかかってしまうのですが、セディナカードで両替した場合は30円程度(0.15%)と圧倒的に安いのがわかっていただけると思います。

 

両替する金額が増えればこれに比例していくので、更に差が広がり損が拡大します!

 

逆にセディナカードを使えば手数料は最安で済み、浮いたお金をお土産代や現地の食事代に当てることができますよ!!

 

実際僕は浮かせたお金で美味しいごはんを食べ、友達や家族のお土産を買っていってあげました!

 

更にATMさえあれば両替ができるので、両替所を探す手間もありません。

 

そしてイオンではポイントが3倍、マルエツでは第2・4日曜日に5%オフで買い物ができ、普段の買い物の節約にも貢献します!!

 

もちろん年会費無料、発行手数料無料で作るリスクはありません。18歳以上の方なら誰でも申し込みが可能です。(学生・主婦の方も可)

 

今作れば最大6,000円分のポイントがもらえ、簡単なお小遣い稼ぎもできます!

 

もらえたポイントはAmazonで利用したり、nanacoにチャージしてセブン-イレブンで使い日用品や食費を浮かすことができます!!

 

▼申し込みはこちらから▼

セディナカードJi!yu!da!を無料で作る

 

 

もう少しセディナカードJi!yu!da!の詳細や実際の両替の仕方を知りたい方は以下も参考にしてみてくださいね!!

 

 

▼カードの詳細はこちら▼

セディナカードJi!yu!da!の詳細