ポイントが貯まると家電がもらえる?!セイコーマートのポイントカードとポイントの使い道・詳細

面白い記事がありましたらぜひシェアお願いします

北海道でコンビニと言えば、「セブンイレブン」ではなくて「セイコーマート」ですよね。

その「セイコーマート」には独自のポイントがあります

「セイコーマートのポイントはレジで使えるのか」など、意外と仕組みがわかっていない方やそれを理由に作っていない方も多いみたいです

今回は「セイコーマートのポイントシステムがいまいちよくわからない」、「まだポイントカードを持っていない」といった方向けに

セイコーマートポイントの詳細と使い道についてまとめました

セイコーマートポイントの特徴・詳細

  • 入会金・年会費無料
  • 税抜100円のお買い物で1ポイント
  • ポイントは商品との引き換えのみ
  • 有効期限はお買い物をした月の2年後の末日まで

セイコーマートポイントの使い方

セイコーマートのポイントは1ポイント=1円でレジで使うことは出来ません

その代わり、カタログから景品を選び、引き換えすることができます。

引き換えられる商品は日用品が多いですが、もの凄く種類が豊富です。しかもどれも生活で使いすぐに役立つものばかり。

また引き換えることの出来る最低ポイントは50ポイントからとハードルは低めです。

ポイントカードの作り方

ポイントカードは、各セイコーマートに行き店員さんにその旨を伝えると作ることが出来ます。

僕自身も作りましたが、1分程度で終わってしまいました。年会費や発行手数料は完全無料です。

北海道に住んでいてセイコーマートを通勤・通学帰りで利用する方は、超簡単に作れます

普段のコンビニ利用だけで、「制汗シート」や「ブレンディ」など様々な商品に引き換えることができるので作ってみて下さいね。

入会キャンペーンをやっていることも

不定期ですが入会キャンペーンをやっていることもあります。

僕が入会した際には、カードを作るだけでお菓子がもらえましたよ!!

こういうキャンペーンをもしやっていたら、絶対オトクなので、とりあえずでもいいので作ってみて下さい。

何事もとりあえずやってみるという考え方は大事です。

まとめ

いかがでしたか、セイコーマートのポイントは50ポイントから商品と引き換えることが出来ます。

普通に飲み物やおにぎりを毎日買っていたら、1ヶ月半程度で達成できてしまうレベルなので、持っておいたほうがオトクです。

景品は自分で使わなくても、生活する上で役に立つものが多いので、お母さんに喜ばれますよ!!

是非セイコーマートを通勤・通学・普段のお買い物で使われる方は、作ってみて下さい!

スポンサーリンク

面白い記事がありましたらぜひシェアお願いします

フォローする

キャンペーンに参加して今月の生活をちょっと楽に!!

キャンペーンに参加して今月の生活をちょっと楽に!!

年末年始はクリスマスやお正月のようなイベントだらけでお金が必要!!だから今月は貯金しないと、、

 

そんなアナタにはYahoo! Japanカードのキャンペーンがオススメです!!

 

現在Yahoo! Japanカードを作成すると…

 

最大16,111円分のポイントがもらえます!

 

何故ここまでもらえるかというと年に1回のいい買物の日(11月11日)だからです!!

そのうち5,000ポイントはカード発行と同時にもらえます。最短2分!!

 

ここまですぐにポイントがもらえるカードは他にはありません。

 

もらえたポイントはYahooショッピング、LOHACO、ヤフオクで使うことが出来、食費などを浮かせることが出来ます!!

 

そしてYahoo JapanカードはAmazonや楽天などYahoo以外でも使うことができ、1%分のTポイントがもらえるので、常に節約ができます!!

 

もちろん年会費無料、発行手数料無料で、18歳以上の方なら誰でも申し込みが可能です。(学生・主婦の方も可)

 

更に通常は5,000ポイント程度しかもらえません。

 

今のように16,111ポイント(今までの中で最高額)もらえるのは2017年11月11日までの期間限定なので、興味のある方は今すぐ申し込んでおいてくださいね!!

 

申し込みはこちらから↓↓

 

LINE@

LINE@

LINE@でブログでは書けないお小遣い稼ぎの方法や、コンビニのおにぎり100円セールなど、

 

様々な情報を流していきます。あなたのLINEにオトクな情報が届きますよ!!

 

更に今、登録していただいた方全員に、節約を始める前に必要なたった1つのことと今日からできる超基本の節約行動3選をPDFにてプレゼント中!

 

既に節約を始めている方も、基本のキの部分なので、改めて確認してみて下さい。

 

もう家計がキツイなんて言わせませんよ!!

 

詳しくはコチラを見て下さい↓↓