【節税対策】内訳を忘れるな!!「損をしない領収書の書き方」と領収書にかかる印紙税の節約

面白い記事がありましたらぜひシェアお願いします

自営業や個人事業主、フリーランスの方であれば何かと使う機会の多い領収書(領収証)。

領収書の中にある内訳の意味は知っていますか??

もしこれを知らないと、払う必要のない税金を払い損していたり、間接的に脱税している可能性がありますよ。。

スポンサーリンク


知識がないだけで、そんな状態になっていたら最悪じゃないですか??

そんなことで今回は、印紙税の知識と損をしない領収書の書き方についてシェアします。

内訳1つで課税か非課税か変わる

領収書を書くとき、内訳に金額を記載するかしないかで、

税金を払う必要があるかないか変わってきます!

それはどういうことなのか??

その理由は印紙税(収入印紙)にあります。

印紙税とは??

印紙税とは、契約書や領収書などを発行する際にかかってくる税金です。

文書に「収入印紙」を貼ることで税金を収めます。

ちなみに領収書の印紙税はこんな感じです。

領収書の印紙税

  • 5万円未満・・・非課税
  • 5万円以上〜100万円以下・・・200円
  • 100万円超〜200万円以下・・・400円
  • 200万円超〜300万円以下・・・600円
  • 300万円超〜500万円以下・・・1,000円
  • 500万円超〜1千万円以下・・・2,000円
  • 1千万円超〜2千万円以下・・・4,000円
  • 2千万円超〜3千万円以下・・・6,000円
  • 3千万円超〜5千万円以下・・・10,000円
  • 5千万円超〜1億円以下・・・20,000円
  • 1億円超〜2億円以下・・・40,000円
  • 2億円超〜3億円以下・・・60,000円
  • 3億円超〜5億円以下・・・100,000円
  • 5億円超〜10億円以下・・・150,000円
  • 10億円超・・・200,000円
  • 受取金額の記載のないもの200円
  • 営業に関しないもの非課税

内訳を書かないと損する!!

内訳を書かないことにより、無駄に税金を収めることになり損するケースがあります。

例えば、税込53,000円の食事をして、領収書を渡すとき

真ん中に書いた53,000円は50,000円を超えているので、200円の収入印紙を貼る必要があります

しかし、内訳(消費税額)をきちんと書くと、

税抜金額で判断されるため、50,000円未満となり、収入印紙を貼る必要がなくなります

つまり税込50,000円以上〜54,000円未満の場合、内訳を書くか書かないかで税金の額が200円変わってくるのです。

領収書を2枚に分けるのは合法

このような仕組みを知ると、領収書を2枚に分ければいいのではないかと思うかもしれません。

実はこの考えは正しく合法です。

例えば、会費として60,000円を頂く際、一括で60,000円もらう場合、収入印紙200円が必要になります。しかし30,000円の領収書2枚に分ければ、収入印紙は必要ありません

但し、注意しなければいけないポイントが2つあります。

  • 領収書を渡す相手に失礼にならないか
  • 税務調査の時に何か指摘された場合、説明がつくか

例えば、年会費として金銭を受け取っていたものを、半年ごとに受け取るように規約などを変更した場合などは、説明がつくので問題はありません。

但し、合理的な理由もなく、取引先の相手も気を使う相手の場合などは、このやり方は避けるべきでしょう。

信頼や信用を落としてしまいますからね。200円より信頼や信用のほうが大きいです。

複数枚の領収書を1枚にまとめる

コチラは逆の発想で、収入印紙を貼らなければいけない50,000円以上の領収書を、1枚の領収書にまとめて相手に請求する方法です。

1枚にまとめることで、節税が可能です。

領収書の発行をしない

50,000円以上の領収書は発行してしまうと税金がかかってしまいます。

逆に言えば、発行しなければお金はかかりません

頼まれなければ発行の義務はないので、発行しないことで節税することも可能です。

収入印紙を安く買えば節税も可能

収入印紙を安く買うことができれば、節税も可能です。

詳しくはコチラにまとめてあります。

あわせて読みたい

【経理担当・個人事業主必見!】節約家が実践する、収入印紙を安く買う方法5選

まとめ

いかがでしたか、特に税込金額が50,000円以上〜54,000円未満の領収書を書くときは、内訳を書くか書かないかで200円の差が出るので注意して下さい。

内訳を書くか、書かないかで、200円の差が出てしまいますよ!!

特に事業として行っている方であれば、月に数十枚以上、領収書を切ることもあるので、この知識を知らないことで、1年で数千円以上ムダに税金を払う可能性もあります

経営ではこういうコツコツとした積み重ねが重要になります。こうしたことをキチンとしておくことで経営が安定し、事業の拡大が出来ますよ。

ぜひ領収書を書くときは意識してみて下さいね。

スポンサーリンク

面白い記事がありましたらぜひシェアお願いします

フォローする

キャンペーンに参加して今月の生活をちょっと楽に!!

キャンペーンに参加して今月の生活をちょっと楽に!!

9月は小旅行などで、お金をちょこちょこ使ってしまいちょっと厳しい、、あと5,000円くらいあればやっていけるんだけど、、

 

そんなアナタにはYahoo Japanカードのキャンペーンがオススメです!!

 

現在Yahoo Japanカードを作成すると…

 

最大14,000円分のポイントがもらえます!

そのうち5,000ポイントはカード発行と同時にもらえます。最短2分!!

 

ここまですぐにポイントがもらえるカードは他にはありません。

 

もらえたポイントはYahooショッピング、LOHACO、ヤフオクで使うことが出来、食費などを浮かせることが出来ます!!

 

そしてYahoo JapanカードはAmazonや楽天などYahoo以外でも使うことができ、1%分のTポイントがもらえるので、常に節約ができます!!

 

もちろん年会費無料、発行手数料無料で、18歳以上の方なら誰でも申し込みが可能です。(学生・主婦の方も可)

 

更に通常は5,000ポイント程度しかもらえません。

 

今のように14,000ポイントもらえるのは2017年11月4日までの期間限定なので、興味のある方は今すぐ申し込んでおいてくださいね!!

 

申し込みはこちらから↓↓

 

LINE@

LINE@

LINE@でブログでは書けないお小遣い稼ぎの方法や、コンビニのおにぎり100円セールなど、

 

様々な情報を流していきます。あなたのLINEにオトクな情報が届きますよ!!

 

更に今、登録していただいた方全員に、節約を始める前に必要なたった1つのことと今日からできる超基本の節約行動3選をPDFにてプレゼント中!

 

既に節約を始めている方も、基本のキの部分なので、改めて確認してみて下さい。

 

もう家計がキツイなんて言わせませんよ!!

 

詳しくはコチラを見て下さい↓↓