どういうこと?! JRの運賃は切符を分割すると安くなる?? 切符を分割して節約する方法

面白い記事がありましたらぜひシェアお願いします

 kaisatu2 

JRの運賃は切符を分割すると安くなる!

 JR五反田からJR船橋まで普通に切符を買うと550円ですが、下の写真を見てもらうとわかるように五反田から両国、両国から船橋と分けて買うと、実際支払うのは310円+220円=530円です。

141221_124214

実際の運賃はこちらで確認できます→五反田から船橋までの運賃 ナビタイム

このように切符をうまく分割してあげると安くなります。ただやみくもに分けるだけでは、安くならないので注意が必要です。

この節約方法は隣の駅に乗るだけのような短距離移動には使えませんが、大体20km位の距離を移動する際には有効な方法です。

切符が安くなる仕組み

 以下はJR東日本の幹線の運賃です。

距離 切符運賃 IC運賃
1~3km 140円 144円
4~6km 190円 185円
7~10km  200円 195円
11~15km  240円 237円
16~20km  320円 324円
21~25km  410円 410円
26~30km  500円 496円
31~35km  580円 583円

(参考URL JR東日本 幹線運賃

特に注目して欲しいのは11~15kmの運賃と26~30kmの運賃です。仮に27kmの区間を利用した場合、分割しないと500円、11~15kmの2つの区間に分割すると240+240=480円となります。運賃は距離に完全に比例せず、一定の区間まで一律となるため、このような現象が起きます。

※実際には、電車特定区間などがあるため、もう少し複雑になります。

例)大宮~栗橋(距離 : 約27km)をJRで移動する場合

このとき普通に切符を買って乗れば500円かかります。SuicaなどICカードを使えば496円となりますが、節約効果は4円と低いです。

ところが大宮から約13km離れた白岡駅で切符を分割すると、各区間の運賃は以下のようになります。

大宮~白岡 約13km 240円
白岡~栗橋 約14km 240円

合計すると480円になります。20円も安くなりました。

分割切符の作り方

分割する駅の見つけ方

 まず分割する駅を見つけなければならないですが、各駅間の距離を知っているよほどの鉄道オタクでないと難しいでしょう。

そのため簡単に分割する駅を見つけるためサイトを使います。私が特におすすめするのは、分割ネットというサイトです。

分割ネットの使い方

今回は五反田から船橋まで行く時の切符を分割してみたいと思います。

まず分割ネットのトップページに行き、調べたい地域を選択します。今回の場合は東京近郊区間を選択します。

スクリーンショット 2015-08-29 21.10.50

次に[乗車券分割検索]をクリックします。

スクリーンショット 2015-08-29 21.11.01

各JR線があるので、出発駅があるJR線を選択します。今回の場合は「山手線」です。

スクリーンショット 2015-08-29 21.11.21

出発駅を選択しクリックします。今回は「五反田」です。

スクリーンショット 2015-08-29 21.11.39

発駅をクリックすると発駅が入力され以下の画面に戻ります。着駅も発駅と同様に選択します。

スクリーンショット 2015-08-29 21.11.46

発駅と着駅の選択が完了すると結果が表示されます。

スクリーンショット 2015-08-29 21.12.14

これで分割する駅がわかります。

分割した場合、分割した駅で降りる必要はある?

切符を分割した場合、分割した駅で降りる必要があるか気になりますよね。

乗換駅であれば一旦降りても特に問題ないですが、そうでない場合、一旦降りてまた乗るのは面倒ですし、時間の無駄になってしまいます。

ところがこんな心配する必要はありません。分割切符さえ作ってしまえば、途中の駅で降りる必要はありません。最終的に降りる駅で駅員さんに切符を見せればOKです。

ただ出発が五反田駅の場合、五反田駅で両国から船橋駅までの切符を買う必要がありますよね。でもこちらも心配いりません。全く問題なくできます。

分割切符を作る方法

分割切符を作るのに使うのが指定席券売機です。指定席券売機は、新幹線を買う時に使う券売機です。

下の写真のようなやつですね ↓↓

siteisekikenbaiki

通常切符を買う機会とは異なりますよ!!

 この指定席券売機を使うと五反田駅にいても「五反田~両国」・「両国~船橋」の切符を2枚買うことができます。指定席券売機の詳しい使い方は、こちらのページで紹介しています。

参考:指定席券売機で普通の切符を買う方法

大体切符を1枚発行するのに1分はかかります。基本分割は2枚以上なので、2,3分かかると思っていてください。

支払いは現金はもちろん可能ですが、クレジットカードも使うことができます。積極的にクレジットカードを使ってポイントを貯めてしまいましょう。

 分割切符のデメリット

めんどくさい

 デメリットは、まず面倒くさいことですね。でもこれはその人がどう思うか次第です。私の場合は、スイカをチャージしている時間のほうが手間だし無駄に感じます。

私はViewカードのオートチャージ機能を使っているので、わざわざ券売機でSuicaにチャージすることはありません。

もう改札で止められない!オートチャージができるviewスイカカード

時間が多少かかる

分割切符を作る際、多少時間がかかってしまいます。慣れている私でさえ、2分くらいはかかります。

なので私は急いでいるときor遅刻しそうなときは分割切符にしません。普通にSuicaで乗ります。

ただ次の電車を駅で10分くらい待つ時間があるときは、時間のムダには一切ならないので、やる価値が大いにあります。特に初めてやる場合、時間に余裕がある時がいいでしょう。

きっぷの有効区間の問題

またこんなデメリットもあります。たとえば五反田から船橋まで移動するとします。不運にも台風の影響で途中駅の錦糸町駅で電車が止まり、終日動かなくなってしまったとします。この際、五反田から船橋までの(分割でない)切符を買った場合、目的地の船橋まで行けなかったため、五反田駅に持っている切符で、引き返すことができます。

しかし両国駅で分割してしまった場合、五反田から両国までは、すでに乗車した区間になってしまうため、五反田に引き返すことができません。(つまり出発地に戻ることができなくなります。)もちろん両国から船橋間の切符は払い戻しできますが、五反田から両国間の切符は払い戻してくれません。

切符をなくすリスクがある

 切符をなくすリスクが伴います。私は切符で電車に乗ることが多いので、なくしたりはしませんが、IC乗車券(suica)に慣れてしまった人は、慣れるまでは大変だと思います。

この技を使えるのはほぼJRのみ

切符の分割という技を使えるのは、ほぼJRのみです。殆どの私鉄では切符を分割すると運賃が高くなります。

私が知っている例外は、青い森鉄道等の元JR路線や京浜急行の羽田空港〜品川(天空橋分割)くらいです。

まとめ・その他

  • 目安として20km以上乗る場合、きっぷを分割したほうが安くなる場合があります。
  • 回数券を使う場合もこの技を応用することができます。また場所によっては分割する切符が2枚ではなく3枚以上になる場合もあります。
スポンサーリンク

面白い記事がありましたらぜひシェアお願いします

フォローする

コメント

  1. ねむりとり より:

    分割検索をさっそく使ってみました。
    東海道線を選択して、小田原までを選んだのに、
    何故か東海道線にはない薄田が出てきました。

    これって、まずくないですか?

    • ごろー より:

      コメントありがとうございます。

      蒲田でしょうか?

      例えば東京から小田原に行く場合、

      東京から蒲田、蒲田から小田原と分割するほうが安くなります。

      この場合、蒲田駅に東海道線のホームはありませんが、蒲田駅を通過しているので特に問題なく、この二枚の切符で東京から小田原を移動することは問題なくできます。

      • ごろー より:

        新幹線の場合はまた別になったりします。
        おそらく新幹線経由でも大丈夫だとは思いますが、私はこの区間を実際分割したことはないので、一応駅員さんに確認してください。

        東京から京都に行く際、東京〜石山、石山〜京都の(学割)分割は全く問題なくできました。
        石山駅は東海道新幹線の駅ではありませんが、問題なく乗れましたよ。