交通費節約

どういうこと?! JRの運賃は切符を分割すると安くなる?? 切符を分割して節約する方法

スポンサーリンク










五反田から船橋まで切符を買うと550円。

 

しかし五反田から両国までの切符と両国から船橋までの切符の値段を合わせると530円。

 

なんかおかしいと思いませんか??

 

一般的には、切符を何枚も分けてしまったら高くつきそうですが、実は逆に安くなる場合があるのです。

 

やや上級者向けですが、切符を分割するとJRである程度の距離を乗るとき、運賃の節約ができちゃいます

 

今回は切符を分割して節約する方法をシェアしたいと思います。

 kaisatu2 

 

JRの運賃は切符を分割すると安くなる!

 JR五反田からJR船橋まで普通に切符を買うと550円ですが、下の写真を見てもらうとわかるように五反田から両国、両国から船橋と分けて買うと、実際支払うのは310円+220円=530円です。

 

141221_124214

 

実際の運賃はこちらで確認できます→五反田から船橋までの運賃 ナビタイム

 

ただやみくもに分けるだけでは、安くならないのですが、このようにうまく分けてあげると通常の運賃より安くなります

 

この節約方法は隣の駅に乗るだけのような短距離移動には使えませんが、大体20km位の距離を移動する際には有効な方法です。

 

切符が安くなる仕組み

 以下はJR東日本の幹線の運賃です。

距離 切符運賃 IC運賃
1~3km 140円 144円
4~6km 190円 185円
7~10km  200円 195円
11~15km  240円 237円
16~20km  320円 324円
21~25km  410円 410円
26~30km  500円 496円
31~35km  580円 583円

 

(参考URL JR東日本 幹線運賃

 

特に注目して欲しいのは11~15kmの運賃と26~30kmの運賃です。

 

仮に27kmの区間を利用した場合、分割しないと500円、11~15kmの2つの区間に分割すると240+240=480円となります。運賃は距離に完全に比例せず、一定の区間まで一律となるため、このような現象が起きます。

 

※実際には、電車特定区間などがあるため、もう少し複雑になります。

 

例)大宮~栗橋(距離 : 約27km)をJRで移動する場合

 

このとき普通に切符を買って乗れば500円かかります。SuicaなどICカードを使えば496円となりますが、節約効果は4円と低いです。

 

ところが大宮から約13km離れた白岡駅で切符を分割すると、各区間の運賃は以下のようになります。

 

大宮~白岡 約13km 240円
白岡~栗橋 約14km 240円

 

合計すると480円になります。20円も安くなりました。

 

分割切符の作り方

分割する駅の見つけ方

まず分割する駅を見つけなければならないですが、各駅間の距離を知っているよほどの鉄道オタクでないと難しいでしょう。

 

そのため簡単に分割する駅を見つけるためサイトを使います。

 

 

使い方は別ページでまとめたのでこちらを参考にしてみて下さい。

 

あわせて読みたい

「分割ネット」の使い方

あわせて読みたい

「乗車券分割プログラム」の使い方

 

分割した場合、分割した駅で降りる必要はある?

切符を分割した場合、分割した駅で降りる必要があるか気になりますよね。

 

乗換駅であれば一旦降りても特に問題ないですが、そうでない場合、一旦降りてまた乗るのは面倒ですし、時間の無駄になってしまいます

 

分割切符さえ作ってしまえば、途中の駅で降りる必要はありません。最終的に降りる駅の有人改札で駅員さんに切符を見せればOKです。

 

分割切符を作る方法

途中の駅で降りなくていいことはわかりましたが、仮に出発を五反田駅とした場合、五反田か駅で両国駅から船橋駅の切符をどうやって買えばいいんだ! という疑問が出てきますよね。

 

そんな時に活躍するのが指定席券売機(新幹線の切符を買う時に使うやつ)です。これを使って分割切符を作ります。

 

下の写真のようなやつですね ↓↓

siteisekikenbaiki

通常切符を買う機械とは異なりますよ!!

 

この指定席券売機を使うと五反田駅にいても「五反田~両国」・「両国~船橋」の切符を2枚買うことができます。指定席券売機の詳しい使い方は、こちらのページで紹介しています。

 

あわせて読みたい

指定席券売機で普通の切符を買う方法

 

大体切符を1枚発行するのに1分はかかります。基本分割は2枚以上なので、2,3分かかると思っていてください。

 

支払いは現金はもちろん可能ですが、クレジットカードも使うことができます。

 

積極的にクレジットカードを使ってポイントを貯めてしまいましょう。

 

分割切符の注意点やデメリット

めんどくさい

デメリットは、まず面倒くさいことですね。とっても気持ちわかります。

 

でもそういう風に思う人に限って、Suicaのチャージとか券売機でしていませんか??

 

僕はViewカードのオートチャージ機能を使っているので、わざわざ券売機でSuicaにチャージすることなく時間を常に節約しています。

 

スイカをチャージする面倒なことをしているなら、分割の切符を買うことはそこまで面倒なことをしているとは言えないのではないかと思います。

 

 

あわせて読みたい

もう改札で止められない!オートチャージができるviewスイカカード

 

 

時間が多少かかる

分割切符を作る際、多少時間がかかってしまうのがデメリットです。慣れている私でさえ、2分くらいはかかります

 

なので私は急いでいるとき or 遅刻しそうなときは分割切符にしません。普通にSuicaで乗ります。

 

ただ次の電車を駅で10分くらい待つ時間があるときは、時間のムダにはならないので、やる価値が大いにあります

 

特に初めてやる場合、時間に余裕がある時がいいと思います。

 

きっぷの有効区間の問題

例えば五反田から船橋まで移動するとします。不運にも台風の影響で途中駅の錦糸町駅で電車が止まり、終日動かなくなってしまったとします。

 

この際、五反田から船橋までの(分割でない)切符を買った場合、目的地の船橋まで行けなかったため、五反田駅に持っている切符で、引き返すことができます。

 

しかし両国駅で分割してしまった場合、五反田から両国までは、すでに乗車した区間になってしまうため、五反田に引き返すことができません。(つまり出発地に戻ることができなくなります。)

 

もちろん両国から船橋間の切符は払い戻しできますが、五反田から両国間の切符は払い戻してくれません。

 

切符をなくすリスクがある

僕は切符で電車に乗ることが多いので、なくした経験はないですが、

 

普段SuicaやPASMOしか使っていない方は、切符をなくす危険性があります

 

切符に慣れていない方は注意して下さいね!

 

この技を使えるのはほぼJRのみ

切符の分割という技を使えるのは、ほぼJRのみです。ほとんどの私鉄では切符を分割すると運賃が高くなります

 

僕が知っている例外は、青い森鉄道等の元JR路線(第3セクター)や京浜急行の羽田空港〜品川(天空橋分割)くらいです。

 

あわせて読みたい

【空港までの交通費節約】羽田空港から品川までの運賃は天空橋で降りて16円節約可能!? 安くなる仕組みを解説

 

まとめ・補足

  • 目安として20km以上乗る(12・13駅くらい??)場合、きっぷを分割したほうが安くなる場合があります。
  • 回数券を使う場合もこの技を応用することができます。
  • 場所によっては分割する切符が2枚ではなく3枚以上になる場合もあります。
ABOUT ME
ごろー
2012年両親が自己破産、そこから昼食がうまい棒1本というド貧乏生活をする。現状を変えたく、駅前で配っているティッシュを使うなど節約生活を開始する。そこから這い上がり、中の上の生活が出来るようになった。所持クレジットカードは17枚、クレジットカード・ポイントのプロ。仮想通貨や投資信託もまあまあ詳しい!今はお金のコンサルタントや節約メディアを運営。



Yahoo! JAPANカードを発行して今月の生活をちょっと楽に!!

もうすぐ夏休み、旅行や花火、合宿などイベントが盛り沢山、ちょっと節約しないと、

 

そんなアナタにはYahoo! JAPANカードの発行がオススメです!!

 

現在Yahoo! JAPANカードを作成すると…

 

最大8,000円分のポイントがもらえます!

 

 

そのうち3,000ポイントはカード発行と同時にもらえます。最短2分!!

 

ここまですぐにポイントがもらえるカードは他にはありません。

 

もらえたポイントはYahooショッピング、LOHACO、ヤフオクで使うことが出来、食費などを浮かせることが出来ます!!

 

僕自身も、もらった一部のTポイントでお買い物し、食費を4,000円程度浮かせました

 

 

そしてYahoo! JAPANカードはAmazonや楽天などYahoo以外でも使うことができ、1%分のTポイントがもらえるので、常に節約ができます!!

 

もちろん年会費無料、発行手数料無料で、18歳以上の方なら誰でも申し込みが可能です。(学生・主婦の方も可)

 

▼申し込みはこちらから▼

Yahoo! JAPANカード