手数料節約

【パスポート発行】にクレジットカードは使える? パスポートの発行にかかる手数料とその節約方法

スポンサーリンク










パスポートを取得したい!!

 

けど確か、パスポートを発行するのにはお金がかかったような。。いくらだっけ??

 

どうせ発行するなら安くしたいな。安くする方法ないかな? クレジットカードは使える??

 

と少しでも考えていませんか!!

 

今回は、パスポートの申請をする方向けに、パスポートの申請手数料とその節約方法についてまとめました

 

またそれに関連して、パスポートの申請手数料がクレジットカード払い出来るのかについてもまとめました。

 

パスポートの申請手数料

  • 10年間有効のパスポート…16,000円
  • 5年間有効のパスポート…11,000円
  • 5年間有効のパスポート(子ども用 12歳未満)…6,000円

 

これはどこの都道府県でも共通です。

 

詳しい内訳ですが、10年の場合は収入印紙が14,000円収入証紙が2,000円かかります。

 

5年の場合は収入印紙が9,000円収入証紙が2,000円かかります。

 

子供用の場合は収入印紙が4,000円収入証紙が2,000円かかります

 

パスポート代の節約方法

5年より10年のものにする

パスポートの料金を見れば分かる通り、5年パスポートより10年のパスポートのほうが、1年あたりの価格で考えるとお得になります

  • 5年間有効…11,000円→1年あたり2,200円
  • 10年間有効…16,000円→1,600円

但し未成年の方は5年間有効のパスポートしか使えないので注意が必要です。

 

手数料を安くする

パスポートの手数料は、原則収入証紙と収入印紙で支払いします。

 

この2つを安く買うことができれば、手数料を節約することが可能です

 

結論を言うと、パスポート申請時に必要な手数料である「収入印紙」と「収入証紙」は一部のクレジットカードで買うことが出来ます

 

ポイント分(100円程度)お得になるわけですね!!

 

ファミマTカード」であれば収入印紙・収入証紙ともクレジットカード払いできます!!

 

詳しくはリンク先にまとめてあるのでそちらを参考にして下さい。

 

あわせて読みたい

免許やパスポート発行時に必要!! 収入証紙を安く買う方法!

 

あわせて読みたい

【経理担当・個人事業主必見!】節約家が実践する、収入印紙を安く買う方法5選

 

有効期限が切れるギリギリで申請する

有効期限が切れるギリギリで、申込みをすると、

  • 有効期限切れ前→戸籍謄本は不要
  • 有効期限切れ後→戸籍謄本が必要(450円程度の支払い)

となり、戸籍謄本分が安くなります。

 

また謄本を取りに行く手間もなくなるので時間の節約になりますよ!

 

写真代を節約する

パスポートを申請する際、写真が必要になります。

 

その写真代って、パスポートセンターで作ると1,540円もかかってしまうのです。

 

それを87%オフの200円にする方法があります!!

 

【パスポートの写真代の節約】ピクチャンを使えば証明写真代が200円! 200円で証明写真を作る手順と詳細パスポートを新しく取るとき、証明写真が必要になりますよね!! その証明写真代って、「予想外に高い!!」と思ったことないですか?? ...

 

更にケチって30円におさえる方法もありますよ!!

 

iPhone+アプリで証明写真がたった30円で撮れる!! 証明写真代を安くする方法マイナンバーの申請などで何かと必要になる証明写真、しかし証明写真機で撮った場合、700〜800円が相場でかなり高いです。 ...

 

まとめ

いかがでしたか、大幅に手数料は安くすることは出来ないですが、1〜2%程度であればパスポート代は節約することが可能です。

 

1番節約効果が大きいのは写真の部分かもしれませんね!!

 

是非パスポートを作る機会があれば、やってみて下さい。

 

パスポート代を安くしたい・クレジットカードで払いたいという方は、コチラの記事を参考にしてみて下さい

 

あわせて読みたい

免許やパスポート発行時に必要!! 収入証紙を安く買う方法!

 

あわせて読みたい

【経理担当・個人事業主必見!】節約家が実践する、収入印紙を安く買う方法5選

 

海外に旅行・出張・留学で行くなら両替が最安でできるセディナカードJi!yu!da!がオススメ!!

海外に旅行・出張・留学で行くことが決まった!! そろそろ両替しないと!

 

海外で少しでも現金を使う場合、セディナカードJi!yu!da!の発行がオススメです!!

 

セディナカードJi!yu!da!を使って両替すると…

 

どの他の方法よりお得に両替することができます!

 

 

例えば20,000円をすべてユーロに両替する場合どれくらいの手数料がかかっているか知っていますか??

空港の両替所 1,500円
街中の両替所 3,280円
日本の銀行 1,100円
金券ショップ 980円
一般プリペイド・クレジットカード 500〜2,000円
セディナカードJi!yu!da! 31円

※2018年6月17日調べ、交換時の時価総額1EUR=128,4円

 

どの方法も1,000円(5%)程度の手数料がかかってしまうのですが、セディナカードで両替した場合は30円程度(0.15%)と圧倒的に安いのがわかっていただけると思います。

 

両替する金額が増えればこれに比例していくので、更に差が広がり損が拡大します!

 

逆にセディナカードを使えば手数料は最安で済み、浮いたお金をお土産代や現地の食事代に当てることができますよ!!

 

実際僕は浮かせたお金で美味しいごはんを食べ、友達や家族のお土産を買っていってあげました!

 

更にATMさえあれば両替ができるので、両替所を探す手間もありません。

 

そしてイオンではポイントが3倍、マルエツでは第2・4日曜日に5%オフで買い物ができ、普段の買い物の節約にも貢献します!!

 

もちろん年会費無料、発行手数料無料で作るリスクはありません。18歳以上の方なら誰でも申し込みが可能です。(学生・主婦の方も可)

 

今作れば最大6,000円分のポイントがもらえ、簡単なお小遣い稼ぎもできます!

 

もらえたポイントはAmazonで利用したり、nanacoにチャージしてセブン-イレブンで使い日用品や食費を浮かすことができます!!

 

▼申し込みはこちらから▼

セディナカードJi!yu!da!を無料で作る

 

 

もう少しセディナカードJi!yu!da!の詳細や実際の両替の仕方を知りたい方は以下も参考にしてみてくださいね!!

 

 

▼カードの詳細はこちら▼

セディナカードJi!yu!da!の詳細