クレジットカード

クレカ20枚保有のクレカのプロがまとめた「エポスカード」と「楽天カード」の徹底比較

スポンサーリンク










「エポスカード」と「楽天カード」ってどっちがいいの??

 

結論から言うと、どちらもかなり優秀なカードでいいです。

 

もちろん私は両方持っています! しかし事情があって両方持てない、もしくは持ちたくない方もいるはずです。

今回は、どちらを発行するか迷っている方のために

 

「エポスカード」と「楽天カード」をあえて比較してみました。

 

カードを作る際、是非参考にしてみて下さい!!

 

エポスカード VS 楽天カード

年会費

  • エポスカード…無料
  • 楽天カード…無料

年会費対決は完全にDRAWです。

 

還元率(ポイントの付きやすさ)

  • エポスカード…200円で1ポイント(還元率0.5%)
  • 楽天カード…100円で1ポイント(還元率1%)

 

これは文句無しで楽天カードがWINです。

 

ETCカード

  • エポスカード…ETCカード年会費 無料
  • 楽天カード…ETCカード年会費 税込540円

 

一見エポスカードが勝っているような気がしますが、実はなんとも言えません。

仮にETCカードを年間で108,000円以上使う方であれば、ポイントの還元率に差があるため、楽天カードのほうがお得になります。

 

また楽天の会員ランクがプラチナ以上であれば、年会費は無料になります。

 

つまりケースバイケース感が強く

 

  • ETCをあまり使わない方→エポスカードがWIN
  • ETCを年間10.8万円以上使う、プラチナ会員以上の方→楽天カードがWIN

 

という感じです。

 

優待の多さ

エポスカードはカードを見せるだけで、割引になるお店が全国に2,000点以上あります。

参考 : エポトクプラザ

 

年に4回あるマルコとマルオの7日間に丸井を利用すると10%OFFになります。

 

またカラオケ館のルームが30%オフになる特典もあります!! 逆に楽天カードはここまでのキャンペーンはありません。

 

優待の多さはエポスカードがWINです。

 

キャンペーンの豊富さ

楽天カードでは、一年中お得なキャンペーンを実施しています。

このブログを書いたときも約20個くらいのキャンペーンをしていました。

 

一方、エポスカードはキャンペーンが無いわけではありませんが、抽選の物が多く、量もないためそこまで充実しているともいえません。

 

なのでキャンペーンの豊富さは楽天カードがWINです。

 

ポイントの使いやすさ

  • 楽天カード→楽天Edy、楽天市場、ラクマ、ミスタードーナツ、ペッパーランチ etc.
  • エポスカード→エポスプリエイドカードにチャージ→全国のVISA加盟店で利用可能

 

以前はエポスポイントの使い道は限られていたのですが、現在はポイントをエポスVisaプリペイドカードにチャージが出来るようになりました。

これにより、エポスポイントをAmazonなどでも使えるようになりました。

 

参考 : エポスカードユーザーなら持つべき?エポスVisaプリペイドカードの特徴・使い方

 

楽天カードのポイントは、おなじみの楽天市場やミスタードーナツのようなリアル店舗で使えるのでほぼ現金同様です。

 

結論として、ポイントの使いやすさはDRAWです。

 

申し込みから利用可能までのスピード

  • エポスカード→マルイで手続きすれば、即日発行可能
  • 楽天カード→即日発行は不可、最短で3日、通常は1週間

カードの発行までのスピードはエポスカードがWINです。

 

カードのデザイン

エポスカードは有料(税込500円)にはなってしまいますが、カードのデザインを74種類の中から選ぶことが出来ます。

 

自分に合ったものを見つけられるので、愛着も湧きそうですね^ ^

 

※デフォルトカードの発行手数料は無料です。

 

 

また楽天カードは漢字で「楽天」と大きく書かれているためダサいという意見も結構あります。

 

デザインはエポスカードがWINです。

 

クレジットカード以外の役割

  • エポスカード→特になし
  • 楽天カード→Rポイントカード、楽天Edy

 

楽天カードは、追加でRポイントカード機能と楽天Edyをつけることが出来ます。最高で1枚3役となり、お財布がかさばらずに済みます。こちらは楽天カードがWINです。

 

 

まとめ

比較したものを表にまとめるとこんな感じになります。(◯…WIN、△…DRAW、✕…LOSE)

 

  エポスカード 楽天カード
年会費
ETCカード ケースバイケース ケースバイケース
還元率
優待
キャンペーン
ポイントの使い道
発行スピード
デザイン
クレカ以外の役割

 

◯の数だけを比較すると3対3の同点になってしまいました。

 

選ぶときのポイント

代表的な部分を比較すると完全に同点でした。しかしあなたが、比較した中のうち何を一番重視するかでどちらがいいか変わってくると思います。例えば、

 

  • 単純に還元率重視→楽天カードがオススメ
  • カラオケやマルイをよく使う→エポスカードがオススメ

 

となります。後はETCをどれだけ使うかも一つの判断材料になるかと思います。そこを自分でチェックしてみるとどちらがいいか決めることが出来ると思います。

 

▼エポスカードの申し込みはこちらからできます▼

 

▼楽天カードの申し込みはこちらできます▼

 

ABOUT ME
ごろー
2012年両親が自己破産、そこから昼食がうまい棒1本というド貧乏生活をする。現状を変えたく、駅前で配っているティッシュを使うなど節約生活を開始する。そこから這い上がり、中の上の生活が出来るようになった。所持クレジットカードは20枚、クレジットカード・ポイントのプロ。仮想通貨や投資信託も詳しい!今はお金のコンサルタントや節約メディアを運営。

海外に旅行・出張・留学で行くなら両替が最安でできるセディナカードJi!yu!da!がオススメ!!

海外に旅行・出張・留学で行くことが決まった!! そろそろ両替しないと!

 

海外で少しでも現金を使う場合、セディナカードJi!yu!da!の発行がオススメです!!

 

セディナカードJi!yu!da!を使って両替すると…

 

どの他の方法よりお得に両替することができます!

 

 

例えば20,000円をすべてユーロに両替する場合どれくらいの手数料がかかっているか知っていますか??

空港の両替所 1,500円
街中の両替所 3,280円
日本の銀行 1,100円
金券ショップ 980円
一般プリペイド・クレジットカード 500〜2,000円
セディナカードJi!yu!da! 31円

※2018年6月17日調べ、交換時の時価総額1EUR=128,4円

 

どの方法も1,000円(5%)程度の手数料がかかってしまうのですが、セディナカードで両替した場合は30円程度(0.15%)と圧倒的に安いのがわかっていただけると思います。

 

両替する金額が増えればこれに比例していくので、更に差が広がり損が拡大します!

 

逆にセディナカードを使えば手数料は最安で済み、浮いたお金をお土産代や現地の食事代に当てることができますよ!!

 

実際僕は浮かせたお金で美味しいごはんを食べ、友達や家族のお土産を買っていってあげました!

 

更にATMさえあれば両替ができるので、両替所を探す手間もありません。

 

そしてイオンではポイントが3倍、マルエツでは第2・4日曜日に5%オフで買い物ができ、普段の買い物の節約にも貢献します!!

 

もちろん年会費無料、発行手数料無料で作るリスクはありません。18歳以上の方なら誰でも申し込みが可能です。(学生・主婦の方も可)

 

今作れば最大6,000円分のポイントがもらえ、簡単なお小遣い稼ぎもできます!

 

もらえたポイントはAmazonで利用したり、nanacoにチャージしてセブン-イレブンで使い日用品や食費を浮かすことができます!!

 

▼申し込みはこちらから▼

セディナカードJi!yu!da!を無料で作る

 

 

もう少しセディナカードJi!yu!da!の詳細や実際の両替の仕方を知りたい方は以下も参考にしてみてくださいね!!

 

 

▼カードの詳細はこちら▼

セディナカードJi!yu!da!の詳細