電子マネー

iPhone7で節約できるかも! 「Apple Pay」の特徴・詳細とその解説

スポンサーリンク










iPhoneが電子マネーに??

 

2016年10月、iPhone7の「Apple pay」により、iPhoneで電子マネー決済が出来るようになりました

 



スポンサーリンク







 

これにより、「Apple pay」では頻繁にキャンペーンが行われていて、上手く利用すれば、普段の買い物で節約できることがたくさんあることがわかりました。

 

もしかしたらあなたの持っているiPhone7で節約できるかもしれないです!? 節約したお金は、高い通信費や本体代に回すことが出来ます!

 

ただApple Payの特徴や詳細がわからないと使ってみようと思えないですよね。

 

今回は私の実体験を元に「Apple Pay」の特徴や注意点、メリット・デメリットについてまとめてみました。

 

Apple Pay(アップルペイ)とは?

Apple Payとは、iPhoneの「wallet」を利用した決済サービスのことです。

 

iPhone6時代から存在はしていたようですが、オンライン上でしか使えず、コンビニやスーパーなどリアル店舗で使えずあまり役に立ちませんでした。

 

リアル店舗で使えるようになったのはiPhone7になってからです。

 

Apple Payは電子マネー

Apple Payは、手元にあるiPhoneにクレジットカードやSuicaをスキャンして使うことになります!

 

スキャンしたクレジットカードは電子マネーの「iD」か「Quicpay」のどちらかになり、電子マネーとしてお店で使えます。なので実質的に、

 

「Apple Pay」=「iD」、「Quic Pay」、「Suica」のいずれかということになります。

 

iDとQuic Payはクレジットカードをスキャンするため、クレジットカードを持っていないと、そもそも使えません

 

 

登録できるクレジットカード

Apple Payでは、登録できるクレジットカードは限られています。

 

更に面白いことに登録できるカードは、「iD」か「Quic Pay」のどちらかに必ず振り分けられます

 

登録できるクレジットカードの一例とその振り分けをまとめてみました。

 

クレジットカード 振り分け
楽天カード QUICpay
三井住友カード iD
エポスカード QUICpay
オリコカード QUICpay
イオンカード iD
ビューカード QUICpay
ファミマTカード iD
セゾンカード QUICpay

 

カード発行時に、「iD」や「Quic Pay」の登録をしていない or 出来なくても、iPhone7に取り込めば、勝手にどちらかに振り分けられ、その電子マネーは使えるようになりますよ!!

 

今までクレジットカードは持っていたけど「iD」や「Quic Pay」は使えなかったという方には非常に嬉しいですね!!

 

こちらも参考にしてみてください。

 

 

Apple payの使い方

使えるお店

Apple Payは「Suica」、「iD」、「Quic Pay」のマークがあるお店であれば、どこでも使うことが可能です

 

 

具体的な店舗では、セブンイレブン、ファミリーマート、ローソン、マクドナルド、イオンなどで使うことが出来ます!!

 

恐らくあなたの生活圏内にも一つは使えるお店があるはずです!

 

Apple payの具体的な使い方

実際にApple payを店頭で使う際、

 

 

 

Apple Payのメリットと特徴

登録したクレジットカードのポイントが貯まる

Apple Payとして支払った分は、原則としてポイントがもらえます。楽天カードのような還元率のいいクレジットカードを使えばお得になりますよね!!

 

Suicaのチャージも登録のクレジットカードで出来るためメチャクチャお得ですよ!!

 

キャンペーンが豊富で節約に!!

iPhone7はクレジットカード会社とのコラボキャンペーンを頻繁にやっています。

 

例えば2017年4月では、セディナカードとApple Payを紐づけさせ、1,000円以上利用すると利用額の50%をキャッシュバックするキャンペーンをやっていました。

 

還元率50%って、実質半額ということですよ!! 

 

もしカードとiPhoneを持っていて知らなかったのであれば、半額セールを常に逃しているようなものです。。

 

他にもこれには劣りますが、利用額の5%キャッシュバックなど、通常ではありえないよう(1%前後が普通)なお得なキャンペーンを行っています!

 

今後だんだん収束していくとは思いますが、天下のAppleですので、今後もオトクすぎるキャンペーンをやる可能性があります!!

 

これにより大幅な節約が出来るかもしれないので、こまめにチェックしておきましょう!!

 

 

セキュリティが高い

Apple系の製品は元々セキュリティが高いと言われていますが、Apple Payも例外ではありません。

 

  • クレジットカード番号はデバイスに保存されたり、お支払いの時に共有されない
  • 不正利用時はカード会社の補償が受けられる

 

独自のシステムで、プライバシーを守るためセキュリティは高いといえます。

(出典 : Apple公式ページ

 

最悪iPhoneを紛失した際でも、あらかじめ「iPhoneを探す」の設定を組んでおくことで、Apple Payの一時使用停止が出来ます。

 

カードを何枚も持たずに済む

今まではカード型の電子マネーiD、Quic Pay、Suicaなど何枚も持つ必要がありましたが、Apple Payではこれらの電子マネーをまとめることが出来るので、お財布がかさばらずに済みます!

 

 

こんな点には注意!! Apple Payのデメリット

iD、QUICpay、Suica対応店しか使えない

今のところApple Payは「iD」、「QUICpay」、「Suica」のどれかが使えないお店では、使うことが出来ません。

 

クレジットカードしか使えないお店では使うことが出来ません。。

 

またWAON、nanaco、楽天Edy、PASMOなどの電子マネーは非対応です。

 

海外SIMフリー端末では使えない

今流行の格安スマホで使いたい!! だからインターネットから海外版のiPhone7を買ってしまおう!

 

そんな風に考えていると、思わず落とし穴があります。

 

海外と日本では電子マネーのシステムが若干異なるので、海外版のiPhone7では、日本で一切Apple Payは使えません

 

買ってから使えなかった。。なんてことは避けてほしいので、買う前に必ず日本で使えるものか確かめておいてくださいね!!

 

電池切れでは使えない

Apple Payを使う方全員に気をつけてほしいこと。

 

それは「電池切れを起こすと一切使えない」という事実です。

 

ある種、致命的な欠陥かもしれません。

 

とくにSuica定期券は改札に入ってから電池切れを起こすと、出ることができなくなり、結局定期の区間を余分に現金で支払う必要があります。これでは、定期の意味がないですよね。。

 

しかし、捉え方を変えれば、「Apple Payを使うことで、iPhoneを節電することにも意識が行き一石二鳥」と捉えることも出来ます。(むしろ私はそうポジティブに捉えています笑)

 

くれぐれも電池切れには気をつけて下さい!!

 

まとめ

いかがでしたか、iPhone7の「Apple Pay」は、「iD」、「Quic Pay」、「Suica」の3つの電子マネーを一気にまとめることが出来、カードを何枚をもつ必要がなく非常に便利です!

 

またキャンペーンなども行っており、使い方次第では、iPhone1つで大幅な節約も可能です。

 

是非iPhone7以降を使っている方は無料で使うことが出来るので、使ってみてくださいね!

ABOUT ME
ごろー
2012年両親が自己破産、そこから昼食がうまい棒1本というド貧乏生活をする。現状を変えたく、駅前で配っているティッシュを使うなど節約生活を開始する。そこから這い上がり、中の上の生活が出来るようになった。所持クレジットカードは17枚、クレジットカード・ポイントのプロ。仮想通貨や投資信託もまあまあ詳しい!今はお金のコンサルタントや節約メディアを運営。



Yahoo! JAPANカードを発行して今月の生活をちょっと楽に!!

もうすぐ夏休み、旅行や花火、合宿などイベントが盛り沢山、ちょっと節約しないと、

 

そんなアナタにはYahoo! JAPANカードの発行がオススメです!!

 

現在Yahoo! JAPANカードを作成すると…

 

最大8,000円分のポイントがもらえます!

 

 

そのうち3,000ポイントはカード発行と同時にもらえます。最短2分!!

 

ここまですぐにポイントがもらえるカードは他にはありません。

 

もらえたポイントはYahooショッピング、LOHACO、ヤフオクで使うことが出来、食費などを浮かせることが出来ます!!

 

僕自身も、もらった一部のTポイントでお買い物し、食費を4,000円程度浮かせました

 

 

そしてYahoo! JAPANカードはAmazonや楽天などYahoo以外でも使うことができ、1%分のTポイントがもらえるので、常に節約ができます!!

 

もちろん年会費無料、発行手数料無料で、18歳以上の方なら誰でも申し込みが可能です。(学生・主婦の方も可)

 

▼申し込みはこちらから▼

Yahoo! JAPANカード