交通費節約

回数券はある?! JR東日本のグリーン車の料金と普通列車のグリーン代の節約方法!!

スポンサーリンク










深夜残業や二日酔いの朝、体調が悪い時

 

座りたい

 

ただひたすらそれだけを願いますよね。

 

そんな時に役に立つのが、JR東日本のグリーン車です。

 

けどグリーン車は、通常の料金に比べて高いため、毎日お小遣いの中からやりくりするサラリーマンにとっては辛いはず。

 

今回は少しでもグリーン車にお得に乗る方法はないかと思い、グリーン車で出来る節約方法についてまとめてみました

 

グリーン車の料金

グリーン車は、

  • 乗車する曜日
  • 乗る距離
  • 事前に買うか車内で買うか

の3つで料金が変わります。

 

料金をまとめると

平日(事前) ホリデー(事前) 平日(車内) ホリデー(車内)
50kmまで 770円 570円 1,030円 830円
51km以上 980円 780円 1,240円 1,040円

 

これを前提にどうやって節約していくかを考えていきますね^^

 

グリーン車代の節約方法

事前にグリーン券を買う

グリーン車に乗る場合、事前にグリーン券を買ったほうが安くなります

 

例えば平日の50km未満であれば、なんと差額は260円

 

 

260円あれば、コンビニでサンドイッチが買えてしまいますよね。

 

グリーン券を支払う際にポイントを貯める

グリーン券を買う際、Suicaで支払うことになります。

 

現金でのチャージではポイントが貯まりませんが、ビューカードチャージすればポイントが貯まる分節約できます。

 

あわせて読みたい

Suicaチャージでポイントが貯まる!電車に乗るだけで手軽に交通費の節約「ビュー・スイカカード」

 

 

  • 現金チャージ→ポイントはたまらない
  • ビューカードでチャージ→1,000円につき15円分のポイント

 

770円のグリーン券を買う場合、10円程度の節約です。

 

これだと少ないように感じるかもしれませんが、この貯めたポイント、実はグリーン車の利用券と引き換えることが出来るのです。

 

JREポイント→グリーン引換券

ビューカードやJREカードを使うと「JREポイント」が貯まります!!

 

JREポイントからグリーン券に以下のレートで引き換えることができます!!

 

600JREポイント→グリーン券一枚

 

 

このグリーン券は曜日・距離関係なく使うことが可能です!!

 

JREポイントは1ポイント=1円の価値なのでグリーン車にかかる料金は600円となりホリデーの50km未満以外に乗る場合お得です!!

 

50km手前で普通車に乗り換える

グリーン車の料金は51km以上になると、210円(平日事前)高くなるため、その手前の駅で普通車に乗り換えてしまうのも1つの手です

 

50km以上を超えると電車も空いてくるので、普通車でも座れる確率が上がります。

 

そうすれば210円浮かせることができますよ!

 

参考: 主要駅から50km以下のギリギリの駅

  • 東京〜久喜(48.9km)
  • 東京〜北本(46.9km)
  • 上野〜佐貫(47.7km)
  • 東京〜大船(46.5km)

 

グリーン定期券を買う(ヘビーユーザー向け)

通常の定期券とは異なり、普通グリーン車に毎日乗ることのできる、グリーン定期券というものがあります

 

結論から言うと、20km圏内から毎日グリーン車を使って通勤する場合はお得になります。

 

詳しく知りたい方は、

  • みどりの窓口で駅員に聞く
  • 時刻表をみる
  • JR東日本問合せセンターに電話で聞く(050-2016-1600)

ことで調べることが出来ます。

 

ちなみにグリーン車の回数券はありません。

 

ビューカードの特典交換を使う(廃止)

以前はビューカードの特典で引き換えができましたが、2018年からはJREポイントに統合されたためできなくなりました。

 

ビューカードのポイントを貯め続けると、「グリーン車の利用券2枚」と引き換えることが出来ます。

 

しかもこの特典、1,000円分のポイントで2枚のグリーン券に引き換える事ができるのでお得です。(グリーン車一回分500円

 

あわせて読みたい

意外と知らない?!ビューカードで貯まった「ビューサンクスポイント」の詳細と使い道

 

ちなみにこの普通グリーン券2枚を手に入れるためには、66,667円をビュー・スイカカードで支払う必要があります。

 

こんな値段なら普通にグリーン券買うわ」と思うかもしれませんが、

 

会社に行くときの定期券を全てビュー・スイカカードで支払えば、意外と簡単に達成できるのではないでしょうか??

 

この方法を使えば、自分のお財布事情を気にすることなく、1ヶ月に1回、病気や二日酔いなどここぞという時にグリーン車に乗ることが出来ます!

 

まとめ

いかがでしたか、グリーン車を大幅に節約する方法は、残念ながら今のところありません。

 

しかしJR東日本のビューカードを利用すれば、普段グリーン車に乗るときもポイントを貯めることが出来節約ます。

 

その上、貯まったJREポイントは特典としてグリーン車の乗車券に引き換えることが出来ます!

 

また毎日使いたい方は、グリーン定期券を買うとお得です。

 

あわせて読みたい

Suicaチャージでポイントが貯まる!電車に乗るだけで手軽に交通費の節約「ビュー・スイカカード」

ABOUT ME
ごろー
2012年両親が自己破産、そこから昼食がうまい棒1本というド貧乏生活をする。現状を変えたく、駅前で配っているティッシュを使うなど節約生活を開始する。そこから這い上がり、中の上の生活が出来るようになった。所持クレジットカードは20枚、クレジットカード・ポイントのプロ。仮想通貨や投資信託も詳しい!今はお金のコンサルタントや節約メディアを運営。



海外に旅行・出張・留学で行くなら両替が最安でできるセディナカードJi!yu!da!がオススメ!!

海外に旅行・出張・留学で行くことが決まった!! そろそろ両替しないと!

 

海外で少しでも現金を使う場合、セディナカードJi!yu!da!の発行がオススメです!!

 

セディナカードJi!yu!da!を使って両替すると…

 

どの他の方法よりお得に両替することができます!

 

 

例えば20,000円をすべてユーロに両替する場合どれくらいの手数料がかかっているか知っていますか??

空港の両替所 1,500円
街中の両替所 3,280円
日本の銀行 1,100円
金券ショップ 980円
一般プリペイド・クレジットカード 500〜2,000円
セディナカードJi!yu!da! 31円

※2018年6月17日調べ、交換時の時価総額1EUR=128,4円

 

どの方法も1,000円(5%)程度の手数料がかかってしまうのですが、セディナカードで両替した場合は30円程度(0.15%)と圧倒的に安いのがわかっていただけると思います。

 

両替する金額が増えればこれに比例していくので、更に差が広がり損が拡大します!

 

逆にセディナカードを使えば手数料は最安で済み、浮いたお金をお土産代や現地の食事代に当てることができますよ!!

 

実際僕は浮かせたお金で美味しいごはんを食べ、友達や家族のお土産を買っていってあげました!

 

更にATMさえあれば両替ができるので、両替所を探す手間もありません。

 

そしてイオンではポイントが3倍、マルエツでは第2・4日曜日に5%オフで買い物ができ、普段の買い物の節約にも貢献します!!

 

もちろん年会費無料、発行手数料無料で作るリスクはありません。18歳以上の方なら誰でも申し込みが可能です。(学生・主婦の方も可)

 

今作れば最大6,000円分のポイントがもらえ、簡単なお小遣い稼ぎもできます!

 

もらえたポイントはAmazonで利用したり、nanacoにチャージしてセブン-イレブンで使い日用品や食費を浮かすことができます!!

 

▼申し込みはこちらから▼

セディナカードJi!yu!da!を無料で作る

 

 

もう少しセディナカードJi!yu!da!の詳細や実際の両替の仕方を知りたい方は以下も参考にしてみてくださいね!!

 

 

▼カードの詳細はこちら▼

セディナカードJi!yu!da!の詳細