キャッシュレス

【Suicaのシドニー版】時間とお金両方の節約になる「opalカード」の詳細と作り方まとめ

スポンサーリンク










オペラハウスやハーバーブリッジが綺麗で有名なシドニー!

 

シドニーを回るなら、シドニー版のSuicaである「opalカード」があると便利な上、お金の節約になります!!

 

けど初めて行く場合は、どう使うのか、どう買うのか、どんなメリットがあるのかわからないですよね!!

 

 



スポンサーリンク







 

今回は、オーストラリアのシドニーで「時間」と「お金」両方の節約になる「opalカード」の詳細と作り方・使い方をまとめました!

 

opalカードとは??

opalカードとは、シドニーのシティとその近郊で電車・フェリー・バス・ライトレールの移動で使えるプリペイド式ICカードのことです

 

シドニー版のSuicaだと思ってもらえばわかりやすいと思います!

 

発行手数料は無料で、クレジットカードか現金でチャージして使います! 

 

 

 

使用範囲

opalカードはシドニーのタクシー以外の交通機関がほぼ全て使えると考えて良いです!!

 

New castleなどシドニーから少し離れたフェリーでも使うことができます! 英語ですが詳細はこちらを参考にしてください!

 

 

 

opalカードの節約効果とメリット

時間の節約

opalカードに予めチャージして、改札でタッチする(Tap On)だけで大丈夫です!!

 

電車にのるたびにいちいち切符を買う必要がないので、時間の節約になります!

 

切符との運賃比較

opalカードを持っていない人は、券売機で「single opal(切符のようなもの)」を買うことになります!

 

しかしながら、これは通常のopalカードを使うより1.2〜2倍くらいの運賃となり、非常に損です

 

具体例

wynyard〜townhallを電車で移動した場合

single opal…$4.4

opal…$2.47

 

single opalの運賃

 

opalカードの割引制度

opalカードには、日本では考えられないような割引があります!!

 

  • 日曜日$2.5、それ以外$15でバス・フェリーなど乗り放題
  • オフピーク(平日朝7〜9時、午後4〜6時半以外の時間帯)は3割引
  • バス→電車など複数の乗り継ぎは$2のキャッシュバック
  • 1時間までなら途中下車可能
  • 8回/週利用で、9回目以降は運賃半額

 

特にシドニー中心部から50〜60kmはなれたブルーマウンテンにも$2.5で行けるので、ものすごくお得になります!!

 

距離的には東京から成田空港が200円程度で行ける感覚です!

 

※但しこの割引制度は、Trainの空港運賃だけは例外となります

 

カードの作り方・買い方

カードの作り方はいたって簡単です。16歳以上の方は「adlut」、4〜15歳以上の方は「child」を購入します!

 

  1. カードの売っているお店を探す(駅、キオスク、セブンイレブン)
  2. 「opal,please」と言う
  3. $10以上をチャージする(チャージは$10以上でしかできない)

 

一番は空港の駅で買うのが簡単です!!

 

空港で購入する場合は、赤線に沿って歩き、空港駅へ向かいます。(看板などで随時駅までの誘導があるので、そこまで心配の必要はありません)

 

その改札前に、このような受付があるのでそこで購入が可能です!!

 

opalカードの使い方

1.チャージをする

駅近くの専用の機械でチャージします! 

 

チャージは$10以上からでしかできません。

 

チャージは原則クレジットカードで行うことになります。現金はメンテナンスで使用不可など制限があることが多いです!!

 

クレジットカードを持っていない方は、予め作っておくといいですよ!

 

保険が手厚い「エポスカード」はオススメです!!

 

あわせて読みたい

【海外保険も充実】割引もあり年会費無料、カード初心者にもオススメ「エポスカード」の特徴・詳細まとめ

 

 

2.改札の入出場でタッチする

かならずタッチ(英語ではTap on/Tap offといいます)をするようにしてくださいね!!

 

万が一タッチができてないと、一番最長の距離分の運賃が次回以降引かれてしまいます! 注意してくださいね!

 

カードの残額について

opalカードのカード残額については、オーストラリアの銀行を持っていない限り、残念ながら返金ができません

 

ただそれでもopalを使ったほうが安いので使う価値が十分にあります!!

 

チャージする際はこまめにしたほうがお得です!!

 

※9年間使わないと無効になります。逆にまたシドニーへ行く機会があれば、再利用も可能です!

 

まとめ

いかがでしたか、シドニーで移動をするならopalカードは、時間もお金も節約できるので絶対にあったほうがお得です!

 

opalカードの特徴は

 

  • 発行手数料無料
  • 10ドルからチャージが可能
  • シドニー版のSuica

 

 

ちなみにチャージの方法は

 

  • 学生の場合→ライフカード学生専用
  • それ以外の方の場合→セディナカードでキャッシング+現金チャージ

 

が一番オトクです!!

 

是非シドニーに行く前に作って、opalカードにチャージしてみてくださいね!!

 

因みにシドニーの空港からシティまでは、バスで行くと10ドルくらいの節約ができます! 詳しくはこちらをご覧ください!

 

あわせて読みたい

【1,000円以上の運賃節約】シドニー国際空港からシティ(市内)へバス+電車で行く方法まとめ

ABOUT ME
ごろー
2012年両親が自己破産、そこから昼食がうまい棒1本というド貧乏生活をする。現状を変えたく、駅前で配っているティッシュを使うなど節約生活を開始する。そこから這い上がり、中の上の生活が出来るようになった。所持クレジットカードは17枚、クレジットカード・ポイントのプロ。仮想通貨や投資信託もまあまあ詳しい!今はお金のコンサルタントや節約メディアを運営。



海外に旅行・出張・留学で行くなら両替が最安でできるセディナカードJi!yu!da!がオススメ!!

海外に旅行・出張・留学で行くことが決まった!! そろそろ両替しないと!

 

海外で少しでも現金を使う場合、セディナカードJi!yu!da!の発行がオススメです!!

 

セディナカードJi!yu!da!を使って両替すると…

 

どの他の方法よりお得に両替することができます!

 

 

例えば20,000円をすべてユーロに両替する場合どれくらいの手数料がかかっているか知っていますか??

空港の両替所 1,500円
街中の両替所 3,280円
日本の銀行 1,100円
金券ショップ 980円
一般プリペイド・クレジットカード 500〜2,000円
セディナカードJi!yu!da! 31円

※2018年6月17日調べ、交換時の時価総額1EUR=128,4円

 

どの方法も1,000円(5%)程度の手数料がかかってしまうのですが、セディナカードで両替した場合は30円程度(0.15%)と圧倒的に安いのがわかっていただけると思います。

 

両替する金額が増えればこれに比例していくので、更に差が広がり損が拡大します!

 

逆にセディナカードを使えば手数料は最安で済み、浮いたお金をお土産代や現地の食事代に当てることができますよ!!

 

実際僕は浮かせたお金で美味しいごはんを食べ、友達や家族のお土産を買っていってあげました!

 

更にATMさえあれば両替ができるので、両替所を探す手間もありません。

 

そしてイオンではポイントが3倍、マルエツでは第2・4日曜日に5%オフで買い物ができ、普段の買い物の節約にも貢献します!!

 

もちろん年会費無料、発行手数料無料で作るリスクはありません。18歳以上の方なら誰でも申し込みが可能です。(学生・主婦の方も可)

 

今作れば最大6,000円分のポイントがもらえ、簡単なお小遣い稼ぎもできます!

 

もらえたポイントはAmazonで利用したり、nanacoにチャージしてセブン-イレブンで使い日用品や食費を浮かすことができます!!

 

▼申し込みはこちらから▼

セディナカードJi!yu!da!を無料で作る

 

 

もう少しセディナカードJi!yu!da!の詳細や実際の両替の仕方を知りたい方は以下も参考にしてみてくださいね!!

 

 

▼カードの詳細はこちら▼

セディナカードJi!yu!da!の詳細